春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]

はてなブックマークに追加
春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    キング
  • 規格品番:
    KICX-361
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]をHMV.co.jpで購入する春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]を楽天ブックスで購入する春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]を山野楽器で購入する春日八郎 / 明日(あす)への出発(たびだち) [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
春日八郎を偲ぶシリーズの最初に企画されたアルバム。歌手生活30周年を記念して作られたLPのCD化だ。ソフトなメロディが暖かな人柄に合っている。晩年だけに声の張りはないが、歌詞をていねいにそして的確に伝える姿勢は歌の本質を教えてくれる。
トラックリスト
01ふたりの坂道
02比叡の女
03瞼を合せて
04東京裏町・かもめ唄
05椿の波止場
06一年ぶりに
07津軽三号ひとり旅
08恋の長崎雨の街
09国後の女
10嫁ぐ娘に
11東京酒場
12ふるさと便り
13信濃旅情
14夜はギターのふるさとだ
  • 春日八郎
    1923年10月9日、福島県会津坂下町生まれ。本名・渡部実。旧制会津中学中退後、歌手を目指して上京。東洋音楽学校器楽科卒業後、48年キングレコード歌謡コンクールに合格。52年「赤いランプの終列車」がヒット。54年「お富さん」55年「別れの一……
  • 春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]
    KICX-362   2,913円+税   1995/04/05 発売
    春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]をamazon.co.jpで購入する春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]をHMV.co.jpで購入する春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]を楽天ブックスで購入する春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]を山野楽器で購入する春日八郎 / “僕の新しい歌”より [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    『ヒット・アルバムNo.5』と『ぼくの新しい8つの歌』の25センチLPを復刻したのがこれ。陽性というか、伸びやかな歌声の絶頂期のものだけに、昭和歌謡史の貴重な音源だ。戦前のジャズ・シンガー中野忠晴作曲……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015