椎名林檎 / 勝訴ストリップ

はてなブックマークに追加
椎名林檎 / 勝訴ストリップ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-24321
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    椎名林檎 / 勝訴ストリップをAmazon.co.jpで購入する椎名林檎 / 勝訴ストリップをHMV.co.jpで購入する椎名林檎 / 勝訴ストリップを楽天ブックスで購入する椎名林檎 / 勝訴ストリップを@TOWER.JPで購入する
    椎名林檎 / 勝訴ストリップを山野楽器で購入する椎名林檎 / 勝訴ストリップをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
あの傑作デビュー・アルバムをも凌ぐ圧倒的世界が確立された大傑作2nd。ジャズもパンクもグランジも歌謡曲も全部我流に再構築して聴かせるサウンドには、唯一無二の迫力と切実さとが充満した未曾有の大傑作。先行シングル曲「罪と罰」も長尺版にて収録だ。
トラックリスト
01虚言症
プログラミングを多用し、前作『無罪モラトリアム』とは配色をガラリと変えた2ndアルバム『勝訴ストリップ』のオープニング・トラック。淡々と歌うヴォーカルを、バックに埋没させずにきっちりと切り出した亀田誠治のアレンジ力はここでも健在。湿り気が少なめのサウンドも、しっかりとうねりはキープするセンスに脱帽。
02浴室
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録曲。椎名林檎いわく「本能」への回答ということで、“純愛を遂げるが故の死”を連想させる。退廃的な歌詞と歪みきったメロディが胸に突き刺さる壮絶な楽曲。
03弁解ドビュッシー
2ndアルバム『勝訴ストリップ』に収録のノイジーなロック・チューン。“どうせあたしの人生 語呂合わせなんだもん”と歌いきってしまう潔さがある反面、全篇をごちゃついた感じのサウンドに仕立てて最後に“本当は全部トリックであろう”と締めるあたりに、一筋縄ではいかない彼女のセンスが垣間見られる。
04ギブス
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録のシングル曲。「ここでキスして」を思わせるような、好きな人への気持ちをモロに出しつつ、歌唱法にも歌詞にも憂いの表情が色濃く出た林檎流ラヴ・ソング。
05闇に降る雨
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録の、一分以上続く不気味なイントロが特徴的な曲。淡々とした曲調ながら、痛々しいほどに切ない椎名林檎のヴォーカルには、情念や怨念といった負の感情がにじんでいる。
06アイデンティティ
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録曲。シンプルな進行の疾走感あふれる正統派ロック・ナンバーで、伸びやかなヴォーカルがいかにもライヴ映えしそうな楽曲。壮絶なヴォーカルがいかにも椎名林檎らしい。
07罪と罰
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録のシングル曲で、ギターと歯笛で浅井健一が参加。タイトルそのものの重い歌詞を絶叫に近い掠れ声と巻き舌で歌う。自前のベンツを真っ二つにしたジャケット写真も話題に。
08ストイシズム
2分足らずの短い曲で、エフェクトをビンビンに利かせたヴォーカルをポップなメロディに乗せた、おふざけ心タップリの曲。とはいえメロディの質は高く、才能をチラリとのぞかせるあたりが何とも心憎い。
09月に負け犬
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録曲。“明日くたばるかもしれない”という刹那的な歌詞に表われているどおり、自虐感タップリのロック・ナンバー。負の感情を一滴残らず絞り出すような、凄まじいヴォーカルを披露している。
10サカナ
男の哀愁を感じさせるようなトランペットが全篇を支配している、2ndアルバム『勝訴ストリップ』に収録のナンバー。キュートで小粋なウーリッツアーを配した前半から、重厚なギター・サウンドが前面に打ち出たハードボイルドな世界へと誘う展開が特色。自身の生態をゆらゆら泳ぐサカナに喩えた気だるさがクセになる。
11病床パブリック
2ndアルバム『勝訴ストリップ』収録曲。歪んだドラムのイントロで始まる、疾走感あふれるロック・ナンバー。エフェクト処理されたヴォーカルが入ると同時にドラムの音はピタリと止み、代わってギターが鳴り響く構成が面白い。
12本能
シンセやノイズを多用した99年発表のシングル曲。性的な欲求を露にし、男に媚びない強い女性を歌う姿が女性の熱狂的支持を受け、特大のヒットを記録した。ナースに扮した林檎嬢がガラスを叩き割るPVも話題に。
13依存症
柔らかいシンセサイザーの音で幕を開け、サビの部分で一気に感情を爆発させながら、聴き手を取り残すように唐突に曲が終わるダイナミックな曲。歌詞の一部がレコーディング時に差し替えられたことも話題に。
  • 椎名林檎
    1978年11月25日生まれ、福岡県福岡市出身のシンガー・ソングライター。98年にシングル「幸福論」でデビュー。2004〜2012年は自身が率いるバンド、東京事変の活動も並行。楽曲提供や『さくらん』などの映画や舞台の音楽制作を務めるなどマル……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015