小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    リトル・トーキョー
  • 規格品番:
    FHCL-2020
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入する小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入する小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入する小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入する小田和正 / 自己ベスト [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
オフコース時代の発表曲を含むラヴ・ソング集。ここでのヴォーカルには小田流の激しさが表出し、「愛を止めないで」「緑の日々」などでみせるメリハリの強調は、いまの歌としてのアプローチであろう。佐藤竹善や鈴木雅之らがバック・ヴォーカルで参加。
ガイドコメント
オフコース時代のナンバーからソロ時代のものをまとめたベスト・アルバム。ほとんどの曲を再レコーディングし、リマスタリングしたという徹底ぶりで、彼の透明な声や染み渡るメロディが存分に楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2014/7/14)
収録曲
01キラキラ
TVドラマ『恋ノチカラ』の主題歌。アップ・テンポなサウンドと“キラキラ”や“ゆらゆらゆら”といったフレーズが耳に残り、ドラマに見事なまでのキラメキを提供。小田和正の新境地を切り開いた作品。
02秋の気配
1977年に発表されたオフコース作品のセルフ・カヴァー。生音ドラムを打ち込みに変更するなど、時代の流れを感じさせる新たなアレンジが施されており、オリジナルよりもテンポを落とした仕上がりとなっている。
03愛を止めないで
1979年に発表されたオフコース作品のセルフ・カヴァー。ブラス・セクションの導入やコーラス・アレンジなどに、オリジナルとの違いが見られる。主旋パートとの複雑な絡みが楽しめるコーラス・アレンジが白眉。
04さよなら
1979年に発表されたオフコース作品のセルフ・カヴァー。過剰なほどドラマティックなアレンジが施されていたオリジナル・ヴァージョンと異なり、こちらのカヴァーは装飾を排した“うた”を聴かせる仕上がりに。
05Yes-No
80年に発表されたオフコース作品のセルフ・カヴァー。オリジナル・ヴァージョンのイメージを一新するアレンジが施されており、ブラスをフィーチャーしたメロウなファンク・ナンバーに仕上がっている。
06言葉にできない
82年に発表されたオフコース作品のセルフ・カヴァー。小田のヴォーカルを中心に据えたシンプルなアレンジで、イノセントな響きをもったその歌声には神々しささえ感じる。CMソングとしてもお馴染みの名曲。
07緑の日々
84年にオフコースで発表したオリジナル、93年のソロ・アルバム『ルッキング・バック』収録ヴァージョンに続く3度目の歌唱。アレンジ面での大きな違いはないが、ヴォーカルは一段とコクを増している。
08Oh!Yeah!
大ヒット曲「ラブ・ストーリーは突然に」とのカップリングで、両A曲としてシングル発売されたナンバーをセルフ・カヴァー。鈴木雅之、佐藤竹善という、J-POP界屈指のヴォーカリストがコーラスで参加している。
09ラブ・ストーリーは突然に
91年に放送されたTVドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌であり、鮮烈なイントロのギターの音色とともに、ドラマのストーリー展開と見事に符合した屈指の名曲としてメガ・ヒットを記録した。
10my home town
93年発表の名バラードをセルフ・カヴァー。ストリングスをフィーチャーするなど、アレンジ面での大きな違いはないが、自身の故郷である横浜を歌った作品だけに、年齢を重ねたゆえの新たな味わいが生まれている。
11風の坂道
印象的なアコースティック・ピアノのイントロから始まり、静から動へと展開されるアレンジが美しくも重厚なバラード曲。本当に大切なものを忘れてはいけないという歌詞も秀逸。
12伝えたいことがあるんだ
TVドラマ『最後の恋』の主題歌。アップテンポだからこそ凄みが増す彼のヴォーカルや、思いのたけを吐き続けるような「伝えたいことがあるんだ〜」という歌詞が印象的だ。
13緑の街
97年にシングルでリリースされたバラードのセルフ・カヴァー。サラリと歌い上げていたオリジナルに比べると、ヴォーカルのテンションはやや高め。自身が監督を務めた同名映画の主題歌でもあった。
14風のように
シングル「緑の街」のカップリングに収録されたバラードのセルフ・カヴァー。元“赤い鳥”の山本潤子がコーラスで参加している。オリジナル・ヴァージョンは日産「エルグランド」のCM曲にも起用された。
15woh woh
99年リリースのシングル曲で、一途な想いを綴った歌詞と“woh woh”というサビのフレーズが印象的なラヴ・バラード。JRAのテレビCMソングでもあり、幻想的な映像とあいまって大きな話題となった。
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「woh woh」 - JRATV-CMソング
  • 「キラキラ」 - フジテレビ「恋のチカラ」主題歌
  • 「言葉にできない」 - 明治生命
  • 「言葉にできない」 - 明治安田生命TV-CMソング
  • 「言葉にできない」 - ギャガ・コミュニケーションズ「手紙」挿入歌
  • 「伝えたいことがあるんだ」 - TBS「最後の恋」主題歌
  • 「風の坂道」 - サッポロビール
アーティスト
  • 小田和正
    1947年9月20日生まれ、神奈川県横浜市出身のシンガー・ソングライター。東北大学工学部、早稲田大学理工学部建築科修士課程卒。66年に鈴木康博とオフコースを結成し、70年にシングル「群衆の中で」でデビュー。「愛を止めないで」「さよなら」「Y……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり
[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム
[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作
[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表
[特集] 〽玉川太福のまるごとぉぉぉぉぉ『浪曲師 玉川太福読本』[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015