フジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
フジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-25291
  • 価格:
    952 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    フジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するフジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するフジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するフジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するフジファブリック / アラモルト [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2002年と2003年にリリースしたインディ盤よりセレクトしたプレ・メジャー・デビュー作。決して洗練された音ではないが、武骨なグルーヴや飾り気のない歌がかえって、このバンドのささやかな心象風景を鮮明にイメージさせる。“和”の雰囲気も心地よい。
ガイドコメント
聴覚と視覚を同時に刺激するライヴで人気の高い彼ら。メジャー第1弾となる本作は、インディーズ時代のミニ・アルバム2枚から7曲を選び、録音し直したもの。「茜色の夕日」は必聴だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    21位 (2004/2/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2004/2/16)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    12位 (2004/2/16)  ⇒  19位 (2/23)
収録曲
01茜色の夕日
聖歌的なオルガン調のキーボードが曲を優しく包む、ほんのり温かみが宿る郷愁歌。夕日が無責任に駆け巡らせるさまざまな想いは多種多様だが、それらを上手に真空パック。その光と似通ったぼんやりとした語り口には、言葉で表現できない感情があふれていて、思わず心をつかまれる。曲全体のムード作りが素晴らしい名曲だ。
02花屋の娘
男の妄想ムンムンで駆ける恋物語。そのヒロインは、上品で艶かしいフラワー・ドール。小気味良く跳ねる鍵盤と併走するカッティング・ギターが絡み合っての爽快グルーヴは、ちょっぴりダークな味付け。詞の退廃ぶりとマッチして、疾走感はさらに加速して止まらない。ブレイクのきっかけにもなった彼らの代表曲。
03線香花火
タイトルからしんみり系と思いきや、裏腹にファンクなロック・ナンバー。リズミカルでトリッキーなビートを作り出すベースと小突くようにワウを効かせるギターが主役。それでいて胸をかきむしるような節も登場する、奥深い偏屈さ。うつむいたアナタへの励ましとも自分へのメッセージとも取れる、ある意味自分勝手ソング。
04ダンス2000
つまらないプライドを持った現代人に、直撃気味に捧ぐダンス・ナンバー。ベースはクールにラインを辿り、電子狂鍵盤はミラーボールばりにギラついて、ダンスを誘う。足踏みもいいけど、道を切り拓くにはいいかげん振り切って踏み出してみたら? 乱暴な言い方をすれば、そんなメッセージが込められた警鐘歌。
05環状七号線
やるせなさやもどかしさの気持ちを抱えて、環状七号線をひた走る男。その孤独と黄昏れっぷりがやけに生々しくて、つい浸ってしまう。自暴自棄な気持ちが延々と巡る独りの時間の繊細な心模様というのは、人それぞれで非常に滑稽だ。人それぞれであるはずなのに感情移入してしまう魅力にあふれた楽曲だ。
06浮雲
途方に暮れる男のさまを、浮雲にたとえた情緒ある悲恋ソング。繰り出される根深いダウナー・ビートは、絶望感たっぷりに胸に突き刺さってくる。泣きのメロディは、未練がましく惑う感情をつぶさに表現している。自分自身に向けて発せられる、物憂げな叫びがなんとも切なく痛い。孤独が全面に浮き出たような、ムード作りも秀逸だ。
07笑ってサヨナラ
失恋。その後に自責の念にかられた男は悩み、果てしない渦の中をぐるぐると廻る。答えの出ない答えに迷う。そんなもがき苦しむさまを描いた、7分にも及ぶ大作。禅問答のような詞は気持ちがストレートにあらわれていて、わざとらしくない。すさんだ心をいたわるような優しいメロディに、思わず涙腺が緩んでしまう。
仕様
※〈CDエクストラ〉内容:メンバー紹介スクリーンセーバー
アーティスト
  • フジファブリック
    日本のロック・バンド。2000年に志村正彦を中心に結成。日本的情緒があふれるキャッチーなメロディと変幻自在なサウンドで人気を呼び、2004年にシングル「桜の季節」でメジャー・デビュー。2009年12月に志村が急逝するも、その後は山内総一郎(……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015