昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    演歌・歌謡曲
  • レーベル:
    ユニバーサル
  • 規格品番:
    UICZ-4094〜6
  • 価格:
    4,762 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]をAmazon.co.jpで購入する昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]をHMV.co.jpで購入する昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]を楽天ブックスで購入する昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]を@TOWER.JPで購入する
    昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]を山野楽器で購入する昭和 忘れな歌〜なかにし礼アンソロジー〜 [3CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
直木賞作家であり、舞台演出家、評論家として幅広く活躍するなかにし礼が、今日までに手がけてきた作詞・訳詞曲を集めたアンソロジー。時代を超えて愛される歌唱曲ばかり。
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
トラックリスト
[Disc 1]〈エロティック・シネマティック〉
01恋のフーガ (ザ・ピーナッツ)
02エメラルドの伝説 (ザ・テンプターズ)
03知りすぎたのね (ロス・インディオス)
04誰もいない (菅原洋一)
05天使の誘惑 (黛ジュン)
06夕月 (黛ジュン)
07花の首飾り (ザ・タイガース)
08恋の奴隷 (奥村チヨ)
09人魚の家 (弘田三枝子)
10夜と朝のあいだに (ピーター)
11雨がやんだら (朝丘雪路)
12今日でお別れ (菅原洋一)
13暗い港のブルース (ザ・キングトーンズ)
14別れの朝 (ペドロ&カプリシャス)
15グッド・バイ・マイ・ラブ (アン・ルイス)
16突然炎の如く (大橋純子)
17ANAK (息子) (杉田二郎)
18悲しい芝居 (千葉紘子)
19時には娼婦のように (黒沢年男)
20愛の証明 (野口五郎)
[Disc 2]〈旅情・男と女〉
01誰も誰も知らない (加藤登紀子)
02涙と雨にぬれて (裕圭子とロス・インディオス)
03愛のさざなみ (島倉千代子)
04君は心の妻だから (鶴岡雅義と東京ロマンチカ)
05港町ブルース (森進一)
06あなたならどうする (いしだあゆみ)
07手紙 (由紀さおり)
08恋の別れ道 (西田佐知子)
09五月のバラ (尾崎紀世彦)
10愛情物語 (井上順)
11石狩挽歌 (北原ミレイ)
12心のこり (細川たかし)
13さくらの唄 (美空ひばり)
14思いやり (小林旭)
15北酒場 (細川たかし)
16まわり道 (琴風豪規)
17まつり (北島三郎)
18ホテル (島津ゆたか)
19わが人生に悔いなし (石原裕次郎)
20風の盆恋歌 (石川さゆり)
[Disc 3]〈シャンソン詩集〉
01愛のフィナーレ (ザ・ピーナッツ)
02ラ・マンマ (小林暁美)
03恋心 (菅原洋一)
04シャンゼリゼ・ブルース (小林暁美)
05知りたくないの (菅原洋一)
06恋はせつなく (加藤登紀子)
07青春のブルース (加藤登紀子)
08時計をとめて (倍賞美津子)
09サバの女王 (グラシェラ・スサーナ)
10シェルブールの雨傘 (いしだあゆみ)
11人々の言うように (戸川昌子)
12リリー・マルレーン (戸川昌子)
13ラ・ボエーム (しますえよしお)
14想い出の瞳 (石井晶子)
15さくらんぼの実る頃 (堀内環)
16メケ・メケ (仲代圭吾)
17そして今は (川島弘)
18私の神様 (深緑夏代)
19さらば銀巴里 (なかにし礼&ミュージカルアカデミー)
  • なかにし礼
    1938年9月2日生まれ。旧満州出身。作詞家。生活費を稼ぐため大学在学中にシャンソンの訳詞を始める。作詞家として「天使の誘惑」「今日でお別れ」「北酒場」で日本レコード大賞を3度受賞。歌謡曲以外にもオペラ、ミュージカル、クラシックなど幅広く活……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015