スピッツ / スーベニア

はてなブックマークに追加
スピッツ / スーベニア
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ポリドール
  • 規格品番:
    UPCH-1380
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スピッツ / スーベニアをAmazon.co.jpで購入するスピッツ / スーベニアを@TOWER.JPで購入するスピッツ / スーベニアをHMV.co.jpで購入するスピッツ / スーベニアを楽天ブックスで購入するスピッツ / スーベニアをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
前作『三日月ロック』も名曲オン・パレードの傑作だったが、11枚目の本作はそれ以上のクオリティ。沖縄風やストリングスの導入などで新味を加えながら、王道メロディが冴えわたる。ひたすら気持ちいい音響にも注目。プロデュースはもちろん、東京事変の亀田誠治。★
ガイドコメント
『三日月ロック』から約2年4ヵ月ぶり、11枚目のアルバム。前作に引き続き、亀田誠治をプロデュースに迎えた本作、シングル「正夢」をはじめ、よりポップでスケールの大きな楽曲ばかりが収録。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2005/1/10)  ⇒  5位 (1/17)  ⇒  10位 (1/24)  ⇒  15位 (1/31)  ⇒  40位 (2/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/1/10)  ⇒  3位 (1/17)  ⇒  8位 (1/24)  ⇒  18位 (1/31)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/1/10)  ⇒  7位 (1/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2005/1/10)  ⇒  5位 (1/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2005/1/10)  ⇒  7位 (1/17)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2005/1/10)  ⇒  3位 (1/17)  ⇒  10位 (1/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/1/10)  ⇒  4位 (1/17)  ⇒  7位 (1/24)  ⇒  7位 (1/31)  ⇒  15位 (2/7)  ⇒  20位 (2/14)
収録曲
01春の歌
イントロを駆け抜けるギターは、まさに春風のごとく。新しい季節の幕開けにふさわしい、爽やかなナンバーだ。愛と希望の中で舞い上がる、訳もない切なさ。ドラマティックななかにも、繊細な季節感を描くマサムネ・メロディは圧巻。
02ありふれた人生
ストリングスをフィーチャーした、明るいアコースティック・ナンバー。切ない想いを綴るわりに、そのサウンドは底抜けにハッピーで、一面バラ色。想う人がいる、ただそれだけのありふれた人生が、一番幸せってことかな。
03甘ったれクリーチャー
ダイナミックな4つ打ちバスと、力強いベース・ラインに煽られ、甘ったれな“生き物”が堂々とその弱さを語り始め、ついには「甘えたい」とその欲望を赤裸々に歌い上げる。スピッツ史上最強の“弱虫万歳”ソングである。
04優しくなりたいな
初恋のピュアで優しくて、ちょっと切ない心模様が蘇る、スピッツ史上初の王道ピアノ・バラード。ヴィンテージ・レコードのようなレトロな音の質感が、マサムネの声と相まって温かい気持ちにさせてくれること必至だ。
05ナンプラー日和
沖縄音階のメロディに三線をフィーチャーした、琉球サウンド全開のニュー・スピッツ・ワールド。エイサー+ロックがあいまって生まれる、いまだかつてない新鮮なグルーヴ感に、新しい踊りも発明できそうな勢いさぁ〜!
06正夢
ドラマティックなストリングスが涙をそそる、切ないアコースティック・バラード。”君”との再会というあてもない妄想が、どうか正夢だったなら……そんなあふれ出でる想いは、ギターの轟と溶け合い、どこまでも広がってゆく。
07ほのほ
君のためにボロボロになりたい。スピッツ版『二都物語』と言える(?)ドラマティックなラヴ・ソング。どこか窮屈なAメロでちぢこまる主人公は、解放的なBメロで、ここぞとばかりに愛という真赤な“炎”を燃え上がらせる。
08ワタリ
映画『WATARIDORI』にインスパイアされたという、疾風怒濤のロック・ナンバー。自嘲的なヴォーカルといい、衝動に駆られたプレイといい、良い意味で若手バンドの音。青二才に戻ったスピッツを体感できる、鮮烈な作品だ。
09恋のはじまり
“君”を思い浮かべても、ちょっとはっきりしない。恋のはじまりならではの、淡い想いとともに幕を開ける、幸せいっぱいのアコースティック・ナンバー。次第に明るさを増す展開は、まさに恋ができ上がる眩しいプロセスそのもの。
10自転車
自転車で彼女に会いにゆく道のりに、人生の道のりを重ねて描いた、レゲエ調のナンバー。ゆらゆらと迷いを引きずる主人公が、“なんとかなるだろう”というお気楽な結論に達するまでの過程が、正宗らしい奥深い表現を絡めて綴られる。
11テイタム・オニール
感情の嵐が、かき鳴らすギター・リフと一体になり疾走していくビート・モッズ風ナンバー。といっても臆病な声をぶちまけるサビは、ばっちり歌謡曲。ちなみにタイトルは少年野球映画の主人公の名。恋の駆け引きを野球になぞらえたのだとか。
12会いに行くよ
“会いに行くよ”……、ただそれだけのメッセージを、繊細な風景描写に絡めて歌い上げるシンプルで美しいバラード。どんな気持ちも電波に託してしまう、そんな味気ない現代だからこそ大切に聴きたい名曲である。
13みそか
“浮いて、浮いて、浮きまくる覚悟はできるか”、ならば俺について来い! といわんばかりの男気がほとばしる、ダイナミックなロック・ナンバー。世界を俺色に染めてやる、そんな気迫さえ漂う歌声は圧巻。マサムネ君、君は本当に強くなった。
タイアップ
  • 「みそか」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」TV-CMソング
  • 「みそか」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」TV-CM曲
  • 「春の歌」 - コカ・コーラボトリング「アクエリアス」
  • 「春の歌」 - ロッテ「ガーナミルクチョコレート」TV-CMソング
  • 「正夢」 - 富士フイルム
  • 「正夢」 - フジテレビ「めだか」主題歌
アーティスト
  • スピッツ
    日本のロック・バンド。メンバーは草野マサムネ(vo,g)、三輪テツヤ(g)、田村明浩(b)、崎山龍男(ds)の4名。1987年に結成し、91年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』でメジャー・デビュー。シングル「ロビンソン」「涙……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015