オレンジレンジ / *〜アスタリスク〜

はてなブックマークに追加
オレンジレンジ / *〜アスタリスク〜
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    gr8! records
  • 規格品番:
    SRCL-5885
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    オレンジレンジ / *〜アスタリスク〜をAmazon.co.jpで購入するオレンジレンジ / *〜アスタリスク〜をHMV.co.jpで購入するオレンジレンジ / *〜アスタリスク〜を楽天ブックスで購入するオレンジレンジ / *〜アスタリスク〜を@TOWER.JPで購入する
    オレンジレンジ / *〜アスタリスク〜を山野楽器で購入するオレンジレンジ / *〜アスタリスク〜をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
「ミチシルベ〜a road home〜」や「花」など叙情が勝ったヒット群からすると、意外なくらいアグレッシヴなシングル。素朴さととげとげしさ、いずれもを備えている点がまた沖縄らしい? (2)の歌詞の他愛なさに、平均年齢はたちそこそこの稚気も。
ガイドコメント
「花」のベストセラーに続く、ORANGE RANGEの9thシングルは、テレビ東京系アニメ『BLEACH』主題歌。ロマンをロックでやさしく包み込んだ、冬のレンジもオツと思わせるナンバーだ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    9位 (2005/2/28)  ⇒  9位 (3/7)  ⇒  19位 (3/21)
収録曲
01*〜アスタリスク〜
シンセサイザーをフィーチャーしたサウンドに、シリアスで格調高いリリック。万人の心に響くロマンティック度の高いポップ・チューン。ちなみにタイトルの由来は*(アスタリスク)の記号が星の形に似ているから。
02ミッションin大作戦
スリリングなベースが印象的な曲で、大真面目なギターの上に、エレクトリックなピコピコしたサウンドが浮遊している。「怪盗タカシ」の物語を歌う、笑えるコント的な語りが聴きどころの一つ。
03スパイラル
シンプルなイントロ、Aメロから重低音でドライブ感のあるキャッチーなサビに向かう構成。リズムに耳を傾け、体で音楽を感じろというメッセージを込めた作品となっている。
04*〜アスタリスク〜 (ロマンティックVer.)
ミクスチャーとしてのポエトリー・リーディングともいえる歌詞を語る風の曲ゆえ「ロマンティック・ヴァージョン」とした。熱く語るMCに、新しい音楽の形を見せてくれるオレンジレンジの姿がうかがえる。
タイアップ
  • 「*〜アスタリスク〜」 - テレビ東京「BLEACH」オープニングテーマ
  • 「*〜アスタリスク〜」 - ソニー・コンピュータエンタテインメント「BLEACH ヒート・ザ・ソウル」
アーティスト
  • ORANGE RANGE
    沖縄県出身のロック・バンド。メンバーはNAOTO(g)、HIROKI(vo)、YAMATO(vo)、RYO(vo)、YOH(b)の5名。2001年に結成し、翌年にアルバム『オレンジボール』でデビュー。2003年にシングル「キリキリマイ」でメ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015