O-ZONE / DiscO-Zone〜恋のマイアヒ〜 [廃盤]

はてなブックマークに追加
O-ZONE / DiscO-Zone〜恋のマイアヒ〜 [廃盤]
CD
ガイドコメント
東欧モルドバ出身の3人組ユニットの日本デビュー作。本国では2ndとなる。ヨーロッパで400万枚を売り上げた3曲目をはじめ、リミックスも収録。日本人には聴きなれないルーマニア語が新鮮。トラックのクオリティは高い。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2005/7/25)  ⇒  18位 (8/1)  ⇒  20位 (8/8)  ⇒  9位 (8/15)  ⇒  8位 (8/22)  ⇒  17位 (8/29)  ⇒  35位 (9/5)  ⇒  22位 (9/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2005/8/8)  ⇒  5位 (8/15)  ⇒  9位 (8/22)  ⇒  11位 (8/29)  ⇒  12位 (9/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2005/8/15)  ⇒  5位 (8/22)  ⇒  7位 (8/29)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    7位 (2005/7/25)  ⇒  6位 (8/1)  ⇒  10位 (8/8)  ⇒  4位 (8/15)  ⇒  3位 (8/22)  ⇒  6位 (8/29)  ⇒  15位 (9/5)  ⇒  12位 (9/12)
収録曲
01DRAGOSTEA DIN TEI
2005年、日本の夏をがっつり盛り上げてくれたモルドバ共和国産・テクノ・ダンス・チューン。独特の語感がなんとも心地よいヴォーカルとシンプルかつ快楽的なビートは、まさに未体験ゾーン。おかしくて可愛くて、気持ちいい。
02FIESTA DE LA NOCHE
ユーロとテクノと民族音楽の合体フォーミュラ、とでもいうべききわめてユニークなナンバー。ラップとコーラスを交互に組み合わせたヴォーカル、サビに入ったとたんに高揚感が一気に増していくメロディ構成もいい感じ。
03DE CE PLANG CHITARELE
アコースティック・ギターの切ない響き、小鳥の可憐な鳴き声、シンプルな4つ打ちのビート、エレクトリック・ワウといった“何じゃそりゃ!”と叫びたくなるくらいにカラフルな要素を力技で組み合わせたトラックが見事。
04PRINTRE NORI
クラシカルな空気をたたえたピアノとどこか悲しそうなストリングスでスタート、しっとりしたバラード? と思ったら、いきなりファットなビートが鳴り響く。この意外性もO-ZONEの魅力。歌詞の内容は別れた彼女に対する、未練たらたらの男の感情。
05ORIUNDE AI FI
ピアノとドラムを中心としたオーガニックかつシンプルなサウンドに乗って、ゆったりメロディを歌い上げるバラード・ナンバー。メンバー3人の声が重なるサビメロからは、エモーショナルかつノスタルジックな雰囲気が伝わってくる
06NUMAI TU
トランス/テクノ系の幻想的なトラックとささやくようなヴォーカリゼーションを融合させたナンバー。オーディエンスの体をしっかりと揺らしながら、聴かせるところはきっちり聴かせる、バランスの取れた楽曲だ。
07DAR, UNDE ESTI
超シンプルな4つ打ちとチープ・シックなアナログ・シンセの奏でるメロディは、パラパラ系のダンスにぴったりハマりそう。覚えやすいメロディ、ノリやすいビートは、オーディエンスを躍らせる(楽しませる)ことだけにフォーカスされている
08DESPRE TINE
ちょっとだけ初期YMOっぽい雰囲気も感じたりする、80年代風テクノ・ナンバー。ブリブリとうねるベース・ライン、徹底的に簡素なドラム、そして、やっぱりどこまでもキャッチーなメロディ。間奏部分の”フー!”という掛け声もGOOD!
09SARBATOAREA NOPTILOR DE VARA
「YEAH!」「WOW!」というコーラスとともに繰り広げられる大サビの盛り上がりがダンス魂に火を付ける、切なくも情熱的なダンス・チューン。ホイッスルとルーマニア語の“語り”をフィーチャーした間奏パートも聴きどころ。
10NU MA LAS DE LIMBA NOASTRA...
スパニッシュとトルコ民謡が混ざったような(?)摩訶不思議なオリエンタル・メロディに身悶える。東欧の民族楽器をイメージした(であろう)パーカッションと音数を抑えたベースを軸にしたサウンドも印象的で、アルバム全体にアクセントを付けている
11CREDE-MA
ドラム、ベース、ギターによるオーソドックスなバンド・スタイルの演奏による、民族調のバラード。切々と聴く者の心情に訴えかけてくる旋律、心が離れていこうとする恋人に向けた感情を刻み込んでいくラップがたまらない。
12DRAGOSTEA DIN TEI
アグレッシヴなビートをフィーチャーした、トランス/テクノ系のリミックス。曲が盛り上がったところでブレイク→”のまのまいえい”のサビを響かせるという、お約束の構成もいい感じ。これなら文句なく踊れるはず!
13DRAGOSTEA DIN TEI
ぶっといビートを前面に押し出した、超イケイケのトランス・ミックス。要所要所で原曲のメロディを活かしながらも、しっかりとDJの個性が感じられる仕上がりとなっている。フロアでの熱狂を想起させる音像もかっこいい。
14DRAGOSTEA DIN TEI
BPMはかなり速め。何かに追い立てられるように疾走するビートが印象的なユーロビート・リミックス。サビのメロディもしっかり残されていて、パラパラ・ファンにはたまらないサウンドになっている。振り付けを覚えて踊りましょう。
(12)(13)(14)ボーナストラック
仕様
CDエクストラ内容:MA-I-A HI FLASH〜恋のマイアヒ〜ねこねこ空耳 恋ver.
タイアップ
  • 「恋のマイアヒ」 - フジテレビ「SMAP×SMAP」挿入歌
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • O-ZONE(MDA / 恋のマイアヒ)
    モルドバ共和国出身、男性3人組のダンス・ポップ・ユニット。2002年、隣国であるルーマニアに渡り、本格的に活動を開始。同じ年にシングル「Despre Tine」でデビューを果たした。03年、「Dragostea Din Tei〜恋のマイアヒ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015