湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-25889
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入する湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入する湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入する湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入する湯川潮音 / 湯川潮音 [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
メジャー1stアルバム。永積タカシ作曲の「緑のアーチ」や岸田繁の「裸の王様」、ジェームス・イーハのプロデュースによる「蝋燭を灯して」など、彼女の美しいソプラノ・ヴォイスを生かした温かみのある楽曲が満載。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    11位 (2006/1/23)  ⇒  28位 (1/30)  ⇒  33位 (2/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2006/1/23)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/1/23)  ⇒  4位 (1/30)  ⇒  9位 (2/6)
収録曲
01渡り鳥の3つのトラッド
クラシック・ギターを軸にした有機的なサウンド・メイキングのなかで描かれるのは、“冬枯れた朝”に語られる、美しくも切ない童話的な世界。ゆったりとしたリズム、タイトルどおりトラッド的で魅力のあるメロディ・ライン、芳醇な表現力を持ったヴォーカルを含め、彼女の音楽の基本的なスタイルがここにある。
02鏡の中の絵描き
マンドリン、ウッド・ベース、アコーディオン、アイリッシュ・ハープといった楽器を使ったアレンジは、ヨーロッパの伝統的な音楽の影響を感じさせつつ、まったく新しいポップスの在り方を提示しているかのよう。カラフルな映像を思い起こさせるリリックは、中世のヨーロッパと現代の日本をリンクさせるようなトリップ感に満ちている。
03裸の王様 (Album mix)
誰に何を言われても、一人ぼっちになっても、自分の思うように生きてほしい……そんな真摯なメッセージを“詩”として昇華した歌詞に心を打たれるシングル曲。言葉を丁寧に紡ぎだす彼女の歌は、聴く者の気持ちを大きく揺さぶるだろう。クラシカルな響きを持つストリングスとホーンのアレンジも素晴らしい。
04HARLEM
2本のエレクトリック・ギターが絡むバンド・サウンドが印象的。すべてのフレーズにエモーションを宿らせる彼女の歌が、ブルースの要素を感じさせる楽曲によく映えたナンバー。あらゆるタイプの楽曲を自分のテイストに表現できる彼女の才能を感じさせ、ときおり登場するリコーダーがいいアクセントになっている。
05蝋燭を灯して (Album mix)
ロング・トーンを多用し、シンフォニックな厚みを持つサウンドを構築するジェイムス・イハのギター・ワーク、また軽やかに上昇していくメロディ・ラインも魅力的なナンバー。メロディを追いかけるうちに、身体のなかに音楽的な快楽が宿る……そんな効果を持つ、美しくも妖しいロック・チューン。
06聖堂の隅で
賛美歌を連想させる、繊細で美しいナンバー。淡々とした雰囲気のAメロと、天使が空に上るような、ふわりとした手触りのサビのメロディが織りなすコントラストが素晴らしい。彼女の声にはこういうタイプの曲がよく似合う。少年合唱団によるコーラスも楽曲に豊かな広がりを与えている。
07緑のアーチ (Album mix)
アメリカン・カントリーと日本のフォーク・ソングがゆったりと溶け合うようなメロディは、永積タカシ(ハナレグミ)によるもの。個性的にして普遍的な旋律は、触ると壊れてしまいそうな繊細さと大らかな母性を兼ね備えた彼女の声によって、未知の心地良さを生み出していく。人と人の間にある温かさを表現した歌詞もいい。
08海の上のパイロット
ペダル・スチール・ギターによるフォーキーなグルーヴが描き出すのは、ポエトリー・リーディングっぽく立ち上がりながら、曲が進むにつれて輝きを増すメロディ・ライン。自由に飛び回る“あなた”を想い、きっと“どこかで繋がるときがやってくる”と願う、寓話的にして生々しいラヴ・ソング。
09エデンの園 (Album mix)
ワイン色の風、ゆらめくサテンの嘘、瑠璃色の泉……聴く者の想像力を刺激する、カラフルにして個性的なフレーズの数々が印象的なナンバー。クラクラするようなサイケデリアと気軽に口ずさめる親しみやすさを同時に体現するメロディも、彼女にしか生み出せないものだろう。
10キルト
幻想的で荘厳な雰囲気のストリングス、洗練されたフルート、ヒリヒリとした感覚のエレクトリック・ギター、そして世界のすべてを包み込むような大らかなスケールを感じさせるヴォーカル。リスナーを一瞬にしてアナザー・ワールドに誘い込むファンタジックなナンバー。
仕様
初回のみ紙ジャケット仕様
タイアップ
  • 「緑のアーチ」 - テレビ東京「ロハスな生活」テーマソング
アーティスト
  • 湯川潮音
    1983年12月19日、東京都生まれ。9歳の時に合唱隊に入りソプラノを担当。世界9ヵ国を回るコンサートなどを経験し、99年に坂本龍一のオペラ『LIFE』に参加。また、2001年に地雷除去キャンペーンCD『ZERO LAND MINE』や、ウ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015