矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
  • 規格品番:
    YCCW-10021
  • 価格:
    2,750 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入する矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入する矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入する矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入する矢野顕子 / はじめてのやのあきこ [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
これはまた、豪華な顔ぶれを揃えたコラボ・アルバム。マッキー、小田和正、陽水、忌野清志郎、YUKIなどなど、若手から大御所までズラリと6組。矢野顕子の書き下ろしとセルフ・カヴァーをピアノとギターというシンプルなサウンドでじっくり聴かせてくれる。
ガイドコメント
豪華ゲストを迎えたべスト・コラボレーション・アルバム。新曲「架空の星座」のほかはセルフ・カヴァーを収めたもので、彼女の真骨頂であるピアノ弾き語りを中心に多様なデュオが味わえる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2006/3/6)  ⇒  36位 (3/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2006/3/6)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2006/3/6)  ⇒  18位 (3/13)
収録曲
01自転車でおいで (Guest 槇原敬之)
以前のアルバムで佐野元春とデュエットしていたスロー・チューンを、槇原敬之とコラボレーション。「自転車でおいでよ 僕の家はすぐそこ」という糸井重里による歌詞が、人間の温かみを表わしていて心にぐっとくる。
02中央線 (Guest 小田和正)
THE BOOMの人気バラードを、矢野顕子と小田和正が絶妙のデュエットで熱唱する。もとは宮沢和史が故郷への思いを込めた楽曲だが、聴く者を青春時代に引き戻すノスタルジック・チューンに生まれ変わった。
03PRESTO (Acoustic Version) (Solo)
コラボ・アルバム『はじめてのやのあきこ』唯一のソロ曲にして、先行シングルのアコースティック版。記憶の中に置き去りにされたものをピアノが思い出させてくれるという歌詞は、美しいピアノの調べによる弾き語りヴァージョンがよく似合う。
04ごはんができたよ (Guest YUKI)
矢野顕子の大ファンというジュディマリYUKIとのデュエットによる、元気になれる楽曲。ふたりの高音は美しく響き、クライマックスまで盛り上がる。YUKIにとって「自分の原点」と公言していた曲での念願のコラボ。
05架空の星座 (Guest 井上陽水)
カヴァー曲について話しているうち「新曲を作ってしまおう」と誕生した井上陽水との書き下ろし。陽水による歌詞は、大人の恋愛という感じの内容。凛とした二人のヴォーカルはどこかセクシーで、独特の味わいを持つ。
06ひとつだけ (Guest 忌野清志郎)
若かりしころの矢野顕子と忌野清志郎が一緒にコンサートをした際にも演奏したという楽曲のカヴァー。10代の少女のような恋心を歌うミディアム・チューンだ。可愛らしい内容を無邪気に歌う清志郎が素晴らしい。
07そこのアイロンに告ぐ (Guest 上原ひろみ)
アルバム『峠の我が家』収録のナンバーを、ジャズ・ピアニストの上原ひろみを迎えてモダン・ジャズ風にカヴァー。歌詞も面白いが、やはりピアノが驚き。各人のスタイルで奏でられるダイナミックなピアノの競演が絶品だ。
仕様
特殊紙パッケージ仕様
アーティスト
  • 矢野顕子
    1955年2月13日生まれ、東京都出身のシンガー・ソングライター。幼少に青森で過ごし、ピアノを始める。76年に『JAPANESE GIRL』でデビュー。唯一無二の歌声と自由奔放なピアノ演奏で注目を浴び、81年にシングル「春咲小紅」がヒット。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015