藍坊主 / ハナミドリ

はてなブックマークに追加
藍坊主 / ハナミドリ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86194
  • 価格:
    2,762 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    藍坊主 / ハナミドリをAmazon.co.jpで購入する藍坊主 / ハナミドリをHMV.co.jpで購入する藍坊主 / ハナミドリを楽天ブックスで購入する藍坊主 / ハナミドリを@TOWER.JPで購入する
    藍坊主 / ハナミドリを山野楽器で購入する藍坊主 / ハナミドリをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
4人組バンドのサード・アルバム。いずれの曲もシンプルでクセのないさっぱりしたバンド・サウンドに乗せて、暖かみのあるメロディが紡がれる。少しざらっとした感触のヴォーカルも、こじゃれてなくてかえって心地いい。一所懸命さが伝わる。
アルバム『ヒロシゲブルー』以来、色をイメージさせる言葉をアルバム・タイトルにもってきている藍坊主の「春の足あと」「スプーン」を収録した1年ぶりのフル・アルバム。疾走感あふれるギター・チューン満載だ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2006/4/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2006/4/24)  ⇒  11位 (5/1)
トラックリスト
01桜の足あと
3rdシングル曲は、広がりを感じるダイナミックなサウンドに春らしい歌詞が乗った、爽やかなナンバー。フック的役割の間奏は要注目。作詞はヴォーカルHOZZY、作曲はベース藤森という組み合わせも新鮮だ。
02テールランプ
曲に登場するテール・ランプのごとく、早く走りたい犬に呼応するかのように疾走感に溢れた一曲。爽やかなメロディとは裏腹に、歌詞は涙を誘う悲しいストーリーが展開される。まるで短い物語のような密度の濃い内容だ。
03スプーン
メジャー2ndシングル曲は、温かみのあるロック・チューン。日常に何気なくちらばるアイテムを歌詞に織り込み、誰の心にもジンとくる仕上がりになっている。ベース藤森の独特の言語センスが光る一曲。
04ハニービースマイル
疾走感のある爽やかなメロディに、印象的で遊び心満載の単語が並んだ歌詞が乗っている。美しいギターのアルペジオとパーカッションのリズミカルな音が響く後奏は、別の曲かと思うほどに幻想的なアレンジだ。
05コーヒーカップと僕の部屋
アット・ホームな雰囲気が漂うミディアム・テンポのロック・ナンバー。恋人との関係をコーヒー・カップになぞらえた歌詞は、ストーリー性が高い。大事な人が離れていった切なさが、じんわり伝わってくる。
060
シンセサイザーが効果的に響く、幻想的なミディアム・ナンバー。数字を擬人的にとらえた歌詞が、異次元感をいっそう強くしている。ヴォーカルHOZZYとベース藤森の共作。30分で作られたとは思えないハイ・レヴェルなサウンドだ。
07ジムノペディック
エリック・サティの「ジムノペディ」にインスパイアされて作られた楽曲。エリック・サティを空想的な歌詞に絡ませ一つの世界を確立する、ヴォーカルHOZZYの手腕はさすが。ピアノ音もメロディにピッタリだ。
08泣いて
作詞・作曲はベース藤森で、「鞄の中、心の中」「追伸、僕は願う」に続く大失恋三部作の完結曲。比較的明るく爽やかなメロディだが、歌詞の内容はどっぷりと悲しみに浸かっている。ヴォーカルHOZZYの熱唱が泣ける。
09ベンチで手紙を読む老人
攻めのギター・リフが響く危機感のあるメロディと、意味不明な造語が羅列されたサビがカッコいい。歌詞の一行の終わりの単語が次の行の頭で使われる、しりとりのような歌詞が面白い。いろいろとサイケデリックな一曲。
10柔らかいローウィン
春らしい柔らかなAメロから意外な展開を見せるドラマティックなサビまで、藍坊主の懐の深さを感じる一曲。ちなみに“ローウィン”とは光が揺れる音を想像して作られた造語。春の香りがいっぱいに詰まった良曲だ。
11マイホームタウン
柔らかで温かい雰囲気に包まれたスロー・ナンバー。シンプルなアコギの伴奏に始まり、間奏ではリコーダーの合奏、最後のサビでは100人の小学生によるコーラスなど、懐かしさを掻き立てる音に満ちている。
仕様
エンハンストCD内容:桜の足あと (PV)
  • 藍坊主
    神奈川県小田原市出身のロック・バンド。メンバーは藤森真一(b)、渡辺拓郎(ds)、HOZZY(vo)、田中ユウイチ(g)の4名。1999年に結成し、2003年にアルバム『藍坊主』でインディ・デビュー。以降、作品が軒並みインディ・チャート上位……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015