湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26029
  • 価格:
    1,885 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入する湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入する湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入する湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入する湯川潮音 / 紫陽花の庭 [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
美しい唄声で注目される東京出身の女性シンガー・ソングライターのメジャーからは初となるミニ・アルバム。彼女の楽曲、そして唄の魅力への敬愛が感じられる抑制の利いたサウンド・メイキングがなされているのが感じられる、初回限定盤のみ紙ジャケット仕様。
ガイドコメント
2006年6月リリースのミニ・アルバム。彼女の美しいソプラノ・ヴォイスを生かしつつも、前作に比べ、よりポップで清涼感のある仕上がり。鈴木惣一郎と栗コーダーカルテットの栗原正己がプロデュース。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2006/6/12)  ⇒  34位 (6/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    14位 (2006/6/12)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    5位 (2006/6/12)  ⇒  10位 (6/19)
収録曲
01朝の賛歌
窓から陽ざしが差し込んでくる瞬間を捉えたような優しい曲。アコギと12弦ギターが織りなすアコースティックなサウンドに、フルートやオーボエがのどかな雰囲気を添える。ストリングスが爽やかな希望を感じさせる。
02からっ風
マンドリンやハープの音色が心地良い風を運んでくる、牧歌的な曲。ふと口ずさみたくなる親しみやすさと新鮮な空気を運んでくるような魅力を併せ持ったメロディと歌声が印象的。ふらっと散歩にでも行きたくなる。
03さよならの扉
ピアニカやトランペットなどが鳴り響く愉快な演奏をバックに、“さよなら”したあなたとの思い出に頭をめぐらす。行進曲のようにテンポ良く進む中、絵本を読むように滑稽な様子を漂わせながら、軽やかに聴かせる。
04ツバメの唄
ふと見かけた“ツバメ”にまだ見ぬ場所への想いを馳せていく、日常の風景を切り取った曲。親しみやすいメロディと透き通った歌声が、ピアノやバンジョーが繰り広げる色彩豊かなサウンドによって空に舞っていく。
05二人の手紙
黒沢健一作曲。マリンバやグロッケンシュピールを採り入れた幻想的なサウンドに乗せて、幼い頃の思い出やその場所について歌う。チャイムのようなイントロから、そのままタイムスリップしてしまいそうな雰囲気。
06最後の列車
二拍子のリズムに乗った飾り気のない演奏が、可愛らしい歌詞とメロディを“列車”のように運んでいく。サックスやハープなどが賑やかに盛り上げ、列車が走っていく光景が浮かんでくるようだ。旅のお供にしたい曲。
仕様
初回のみ紙ジャケット仕様
アーティスト
  • 湯川潮音
    1983年12月19日、東京都生まれ。9歳の時に合唱隊に入りソプラノを担当。世界9ヵ国を回るコンサートなどを経験し、99年に坂本龍一のオペラ『LIFE』に参加。また、2001年に地雷除去キャンペーンCD『ZERO LAND MINE』や、ウ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015