スペインの城 新井伴典(G)

はてなブックマークに追加
スペインの城 新井伴典(G)
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    クラシック 〜 独奏曲
  • レーベル:
    コジマ録音
  • 規格品番:
    ALCD-7104
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スペインの城 新井伴典(G)をAmazon.co.jpで購入するスペインの城 新井伴典(G)をHMV.co.jpで購入するスペインの城 新井伴典(G)を楽天ブックスで購入するスペインの城 新井伴典(G)を@TOWER.JPで購入する
    スペインの城 新井伴典(G)を山野楽器で購入するスペインの城 新井伴典(G)をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
トローバの「スペインの城」はスペインの土地とその地に息づく空気までも精妙に写し取った作品である。新井はこの曲に“魅入られた”といってもいい。彼自身が校訂した楽譜による全曲(14曲)演奏。高い技術以上に味のある“うた”が漲る絶品の演奏だ。
新井伴典の2ndアルバム。比較的珍しいトローバの「スペインの城」を中心に据えたスペイン作品集。ラテン音楽には欠かせない切れの良いリズムと持ち前の透明度の高い音色は、ここでも活きている。
トラックリスト
01組曲「スペインの城」 (トローバ)〜アルバ・デ・トルメス (吟遊詩人の歌)/松のロマンス/モンテマヨール (静思)/セゴビアの王城 (召集)/ハビエール (エボカシオン)/レダーバ/サフラ (幻影)/オリーテ (高貴な王の祭り)
02ソナタ ニ短調op.61 (トゥリーナ)
03組曲「スペインの城」 (トローバ)〜シグエンサ (王女は眠る)/トゥレーガノ (山唄)/マンサナーレス・エル・レアル (美しい乙女に)/アルカニス (祝祭)/シマンカス (女手品師)/カラトラーバ (祝祭)/トリーハ (悲歌)
04ソナタ・ジョコーサ (ロドリーゴ)
05ロマンティックな情景〜子守唄 (グラナドス)
演奏
新井伴典(G)
録音
2005.12
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 答えが出ることの怖さを抱えながら――東野へいとが語る“神様、僕は気づいてしまった”の哲学[インタビュー] 新しい高橋 優の強烈な自己主張『STARTING OVER』
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015