ナイス橋本 / キミは君★

はてなブックマークに追加
ナイス橋本 / キミは君★
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-36152
  • 価格:
    952 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ナイス橋本 / キミは君★をAmazon.co.jpで購入するナイス橋本 / キミは君★をHMV.co.jpで購入するナイス橋本 / キミは君★を楽天ブックスで購入するナイス橋本 / キミは君★を@TOWER.JPで購入する
    ナイス橋本 / キミは君★を山野楽器で購入するナイス橋本 / キミは君★をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
SMAP、Lead、HALCALIへの楽曲提供でも知られるシンガー&ラッパーのナイス橋本のデビュー・シングル。バウンス16ビートのナンバーで、ヒップホップというよりも小沢健二の早口メロディのような、どことなく暖かみのあるラップが心地よい。
ガイドコメント
TOKYO FMの人気番組『SCHOOL OF LOCK!』から登場したMC/シンガーの1stシングルは、“君は君のままでいい”と優しく励ましてくれるメッセージ・ソング。ファンキーなラップも絶妙だ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    18位 (2006/10/9)
収録曲
01キミは君★
軽快なバウンス16ビートが駆け抜けていくメジャー・デビュー・シングル。親しみやすく軽快なラップ、メロディアスで印象的なサビ、ポップでカラフルなトラックと、キャッチーな要素が満載のヒップホップ・チューン。“君は君のままでいい”など日常を描いたリリックにも共感させられる。
02lady
アコギをフィーチャーし、ジャズやブラック・ミュージックの影響を感じさせるグルーヴィなナンバー。僕だけの愛しの“lady”と過ごす情景を、飾らない言葉で描いた詞とポップなメロディが絶妙に融合。A面になってもおかしくないほどのクオリティを持った、グッド・トラックだ。
03maple syrup (7cc mix)
村カワ基成のアコギを配した、インストゥルメンタル風のアプローチによって構築されたフューチャー・トラック。“歌モノ”ではなく、ビートが走るハウス・トラックだが、ラストに“Thank You”という言葉を隠し味的に並べて、リスナーへの感謝とほどよい秋の演出を施しているのがニクイ。
04beautiful days (i-dep mix)
インディ時代のミニ・アルバム『nice to meet you』に収録されていたトラックを、クラブ・シーンで活躍中のi-depがリミックス。オリジナルはスタンダードなヒップホップ・スタイルだが、フューチャー・ジャズ風のアクセントを採り入れることで、スタイリッシュなサウンドを構築している。
(4)ボーナストラック
タイアップ
  • 「キミは君★」 - TBS「カウントダウンTV」オープニングテーマ
封入特典
  • 歌詞/ナイス・ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • ナイス橋本
    長崎生まれのMC&シンガー。学生時代から関西を中心に音楽活動を開始。2001年から大所帯ジャズ・ファンク・バンドに加入。04年、ソロへ転向し上京。FM番組に送ったデモ音源が好評を得て、06年3月にインディーズからアルバム『nice to m……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015