DJ OZMA / I♥PARTY PEOPLE [CD+DVD]

はてなブックマークに追加
DJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26142
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    DJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]をAmazon.co.jpで購入するDJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]を@TOWER.JPで購入するDJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入するDJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]を楽天ブックスで購入するDJ OZMA / IPARTY PEOPLE [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
『紅白歌合戦』(2006年)初出場のDJ OZMAの1作目。韓国・台湾のヒット・チューンに日本語詞を乗せたデビュー曲(3)は、チャートの上位に。氣志團の怪しさを持ち、彼らの曲はもちろん、東アジアのヒット曲や近藤真彦、木村由姫などをアゲアゲにカヴァーした。
ガイドコメント
2006年11月発表の1stアルバム。韓国ダンス・グループ“コヨーテ”の日本語カヴァー「純情〜スンジョン〜」などのシングル曲や、近藤真彦のカヴァー「ケジメなさい」を収録する。お得意のアゲアゲなナンバーが満載だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2006/11/13)  ⇒  24位 (11/20)  ⇒  35位 (11/27)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2006/11/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2006/11/13)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2006/11/13)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2006/11/13)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2006/11/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/11/13)  ⇒  13位 (11/20)  ⇒  17位 (11/27)  ⇒  19位 (2007/1/1)  ⇒  20位 (1/8)
収録曲
[Disc 1]
01Opening〜I♥PARTY PEOPLE〜
ひちりきと和太鼓をフィーチャーしたデジタル・サウンドが面白いインストゥルメンタル・ナンバー。荘厳な雰囲気の打ち込みと「DJ OZMA in the house」「DJ OZMA infinity」と語るMCの、少し間抜けな感じのギャップが楽しい。
02HAPPY SONG
70年代後半の初期ユーロビートを彷彿とさせる、アップ・テンポなディスコ・ナンバー。「日の丸を胸に」「誇り高き武士の血」など、男気あふれる歌詞をユニゾンで歌い上げるコーラスは、さながら21世紀の一世風靡セピア。
03アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
韓国のDJ.DOCによる「Run to you」を、綾小路翔の友人!?のDJ OZMAが日本語でカヴァー。ヤンキー文化丸出しの歌詞や“Bouce with me”のフレーズが、みごとにノリノリなメロディにマッチした、元気になれるダンス・チューン。
04Mr.DJ
オリエンタルな雰囲気のデジタル・サウンドに、ギャングスタ風の高速ラップが冴えるノリノリのダンス・ナンバー。エロティックさの中にも、「イヤよイヤよも好きのうち」など、遊び心があふれるリリックが楽しい。
05超!
片想いをするニートをテーマにした歌詞が特徴的な、アップ・テンポのディスコ・ナンバー。「超! 超! 超!」と繰り返すコーラスや、聴く者を圧倒する高速ラップ、ポップでキャッチーなサビのメロディと、聴きどころが盛りだくさんだ。
06KOIBITO
DJ OZMAの友人だという、綾小路翔が団長を務める氣志團の「恋人」を、ユーロビート・アレンジでカヴァー。ギャル集団に歌わせていることで、オリジナルとはまったく異なる曲となった。ツッパリの恋が騒々しさの中に展開していく。
07純情〜スンジョン〜
千葉ロッテマリーンズの応援ソングとしても知られる、韓国アイドル・グループ、コヨーテのヒット曲を日本語カヴァー。韓流独特のメロウな旋律を活かしたアッパーなディスコ・ミュージックで、幅広い層に馴染めるアジアン・ポップスの新機軸となった。
08MY WAY
タイトルからして、まさに我が道を突き進む、DJ OZMAのテーマ曲ともいうべき遊び心いっぱいのダンス・ポップ・ナンバー。いわゆる若者言葉を多用したコミカルな歌詞が特徴的だが、実は友達との絆について歌っている。
09LOVE&JOY
浅倉大介プロデュースによる、木村由姫へ提供したポップなダンス・チューンを“アゲ↑アゲ↑”モードでカヴァー。基本的にはシンプルな打ち込みによるディスコ・サウンドだが、ホスト・クラブの一気コールのような合いの手が、何とも言えないアクセントを与えている。
10ケジメなさい
近藤真彦の往年の代表曲が、大胆なアレンジとOZMAお得意の遊び心によって、ダンサブルなディスコ・チューンに大変身。ヴォコーダーやサンプリング、コーラスなど手を加えても原曲の雰囲気を失わないのが不思議。ちょっと“マッチ”を真似した歌い方をしているのも笑える。
11DISCO KING
70年代のフィラデルフィア・サウンドの王道アレンジを基本に、ラップやサンプリングといったヒップホップの手法を採り入れた、ポップで妖しいディスコ・ナンバー。杉浦良実のキュートなコーラスが、非常にいい味を醸し出している。
12BOYS BRAVO!
同じ女に惚れた男の友情を歌う氣志團の曲を、DJ OZMAはサウンド・プロデュースに専念し、謎の女性ヴォーカリストがカヴァー。エレキ・サウンドと女性ヴォイスが調和したテクノ・ヴァージョンだが、途中テンポが緩みアジアンチックになるなど、アレンジが面白い。
13朝がくる度
氣志團の2003年リリース・アルバム『BOY'S COLOR』収録曲のカヴァー。ファンの間でも人気の高いオリジナルを、がっちりハードに固めノイジーな90年代風デジ・ロックにアレンジ。ヤンク・ロックをフロア仕様に対応させた、ポテンシャルの高いナンバー。
14One Night
3rdシングルは「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」に続き、再びDJ DOCの楽曲をカヴァー。80'sテイストあふれるグルーヴィなダンス・チューンに乗せ、張り上げヴォイスで「許してちょんまげ」など面白いフレーズを駆使してヒート・アップさせてくれる。
15Together
アップ・テンポなジャングルのリズムにのせた、ポップでキャッチーなメロディが印象的なパーティ・チューン。杉浦良実の伸びやかなコーラスが良いアクセントとなり、楽曲の持つポジティヴでハッピーな雰囲気を引き立てている。
[Disc 2]〈DVD〉〈Music Clip〉
01アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
02純情〜スンジョン〜
03One Night
04アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士 (Take Off Ver.)
05超!
06Mr.DJ
07MY WAY
08LOVE&JOY
09Together
タイアップ
  • 「I(ハートマーク)PARTY PEOPLE」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
アーティスト
  • DJ OZMA
    男性シンガー、アーティスト/プロデューサー。生年月日は不詳、本名は尾妻野純直と称しているものの、その正体は氣志團のヴォーカル・綾小路翔。氣志團の活動と並行して、台湾でも人気のプロジェクトとしてリリースを展開。2006年3月にシングル「アゲ♂……
  • 同時発売作品
    DJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLE
    TOCT-26143   2,409円(税込)   2006/11/15 発売
    DJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLEをamazon.co.jpで購入するDJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLEをTOWER RECORDS ONLINEで購入するDJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLEをHMV.co.jpで購入するDJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLEを楽天ブックスで購入するDJ OZMA / I〓[ハート]PARTY PEOPLEをTSUTAYAで購入する
    2006年11月発表の1stアルバム。韓国ダンス・グループ“コヨーテ”の日本語カヴァー「純情〜スンジョン〜」などのシングル曲や、近藤真彦のカヴァー「ケジメなさい」を収録する。お得意のアゲアゲなナンバー……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015