バイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃない

はてなブックマークに追加
バイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃない
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(国内)
  • レーベル:
    BMG
  • 規格品番:
    BVCR-19077
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    バイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないをAmazon.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないをHMV.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないを楽天ブックスで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないを@TOWER.JPで購入する
    バイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないを山野楽器で購入するバイ ファー ザ ドーペスト / 恥じゃないをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
KICK THE CAN CREWのKREVAがキックを始める前に活動していたユニットが、10年ぶりに復活。本セカンド・シングルは、2トップMCの軽妙さやコンビネーションが楽しめる超絶技巧ラップ。寿限無やチンドンといった古来の言葉遊びの面白さにも通じる彼らのナンバーは、さまざまな可能性を感じさせる。
ガイドコメント
KREVAがKICK THE CAN CREW結成以前に盟友、CUEZEROと結成していた伝説の2MCユニット、BY PHAR THE DOPESTの再始動シングル。2人が生まれた1976年のヒット曲をサンプリングした、20年来の友情物語ソングとなっている。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    18位 (2006/12/4)
収録曲
01恥じゃない
シンプルな鈴の音や硬質なトライアングルをアクセントに、人生からスロー・ダウンしていくさまをしっかり見据えて描写している、メロディアスなラップ・トラック。単なる癒しではなく、あたたかな励ましを感じるメッセージ・ソングなのが嬉しい。
02一発屋
チンドンのような軽妙なリズムが頭の中でループする、中毒性のあるヒップホップ・トラック。アーティストにとって笑えない“一発屋”という称号を、シニカルかつスタイリッシュに手玉にとってしまうあたりに、ラッパーの底力が感じられる。
03階段
間延びしたフレーズかと思えば、不連続なリズムネーションでキュッと引き締める。エンドレスに繰り返されるふぞろいな感覚のリリックは、KRAVAでなければ書けないユニークなもの。ふたりの息の合ったテンションも小気味良いナンバー。
タイアップ
  • 「恥じゃない」 - 岩手めんこいテレビ「BEATNIKS」オープニングテーマ
アーティスト
  • By Phar The Dopest
    1995年結成、小学校からの幼なじみで東京都江戸川区出身のKREVAとCUEZEROによるヒップホップ・グループ。名前は“飛びぬけて〜”を意味する“by far the 〜est”と“dope”(スラングでかっこいい)から命名。97年に1s……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015