バイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
バイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(国内)
  • レーベル:
    BMG
  • 規格品番:
    BVCR-18091〜2
  • 価格:
    3,520 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    バイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした! [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
このユニットなくしてKICK THE CAN CREWは存在しなかった。本作は、KREVA×CUEZEROというJ-ヒップホップ界伝説のMCによるユニットのアルバム。30代の男2人が歌う20年来の友情物語ともいえる、味わい深い1枚だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    35位 (2007/1/1)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    9位 (2007/1/1)  ⇒  16位 (1/8)
収録曲
[Disc 1]
01ラストコンサート
ゆったりとしたセクシーなジャズとともにバイ ファー ザ ドーペスト登場。ささやくような2人のラップが、曲にさらなる色気を加えていく。最後のコーラスはステルヴィオ・チプリアニの「美しい愛の始まり」を大胆にフィーチャー。
02でっかい内緒話
メキシコ音楽“マリアッチ”を想起させる乾いたギターのフレーズに合わせて、小声でささやかれる内緒話ラップ。淡々としたミニマルなトラックとラップが、怪しくもユニークに響く。曲の途中から顔を出すスクラッチは、KREVAの手によるもの。
03We back!
日本語ヒップホップには珍しい、エレクトロニカのように音数の少ないストイックなトラックが印象的。BPMを抑えたトラックとディレイのかかったラップが、夜を想起させる。「シウバ・ヴァンダレイ」「アン・ジョンファン」という名前を連呼するユニークなフロウも彼ららしい。
04だからどうした!〜あLet's go〜
跳ねるドラムやホーンをフィーチャーした上モノ、ド派手なコーラス・ワークによるフックと、ファンキーな要素がふんだんに盛り込まれた楽曲。2人のラップも他の曲に比べて高速仕様。ドープさとファンクネスを兼ね備えた、玄人好みのパーティ・ソングだ。
05YEAAAH!
大ネタのワイルド・チェリー「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」をサンプリングしながら、イージーなファンクで終わらせない手腕はさすが。遅めに設定されたBPMで、ラップが不穏にささやかれる。薄暗いクラブが似合う、アダルティな黒いグルーヴが映えるナンバー。
06Daaam
鳥肌が立つほどセクシーなサックスのフレーズは、TOM RANIERの「I LOVE YOU DAWN」。しかし、ラップは悲哀の自虐ネタで、線の細いサックスが悲しみに拍車をかけている。スクラッチはKREVAによるもの。
07恥じゃない
シンプルな鈴の音や硬質なトライアングルをアクセントに、人生からスロー・ダウンしていくさまをしっかり見据えて描写している、メロディアスなラップ・トラック。単なる癒しではなく、あたたかな励ましを感じるメッセージ・ソングなのが嬉しい。
08音愕業改
音愕業改=オンガクギョウカイに対する皮肉が込められたアッパーな楽曲。「邪頭(ジャズ)」「苦楽死苦(クラシック)」「岩(ロック)」と音楽のジャンルを妖怪の名前に見立てたリリックがユニークだ。ネタは四人囃子「泳ぐなネッシー」から。
09天国と地獄
ハンドクラップと涼しげなピアノのフレーズで作られたトラックが心地良いトラック。「単純な日常」が天国なのか地獄なのかは、感じ方、考え方次第だと綴る。「音愕業改」同様、四人囃子の「泳ぐなネッシー」のフレーズが用いられている。
10くれ万端
クリーン・トーンのギターとドラムのフィルが、効果的に用いられるシンプルなトラック。「KREVA準備万端、略して“くれ万端”」がタイトルの由来。ミドル・テンポのテクニカルなフロウが、ラップ・バトル王者の貫禄を感じさせる。
11アレ!〜Let's talk about〜- LET'S TALK ABOUT -
高音のシンセと硬質なドラム・ビーツが派手に響く、ギャングスタ風のトラックが特徴。「アレ」について語られる意味深なリリックがユーモラスで、またどこかセクシーだ。ライミングのアイディアはさすがで、トラックのシンプルさが効果的に作用している。
12ファット坊や
ビートはゆったりとしたミドル・テンポで、儚く爪弾かれるギターには透明感のあるディレイがかけられている。どんなグループにも1人はいる「ファットな坊や」に関する、悲しくも温かい物語。豚鼻とゲップがサンプリングされている。
13やるぞやるぞとは聞いてはいたけどそれ以上にやる
まずタイトルが白眉。BLAST RAMPAGEをゲストに迎えた、アルバム『だからどうした!』のハイライト。ライトなファンキーさをたたえたドラムのフレーズ、KREVAのスクラッチを用いたシンプルなトラックに、上質なマイクリレーが絡むナンバー。
14安全運転
低音ピアノがボトムを支え、時折鳴らされるホーンが艶めいたダンディさを醸し出している。ZULEMEの「I LOVE YOU BABY」を用いたジャジィなトラック上で踊るのは、おそらく世界一ファンキーな安全運転賛歌だ。
151976のノイズ
アルバム『だからどうした!』のラストは、EDDIE KENDRICKSの「THE SWEETER YOU TREAT HER」を大胆に用いることで雄大なトラックに仕上げた、1976年生まれの彼らの“生誕30周年”賛歌。フックのメロディも、ネタとのユニゾンになっている。
[Disc 2]〈DVD〉
01恥じゃない (PV)
02だからどうした〜あLet's go〜 (PVメイキング)
タイアップ
  • 「恥じゃない」 - 岩手めんこいテレビ「BEATNIKS」オープニングテーマ
アーティスト
  • By Phar The Dopest
    1995年結成、小学校からの幼なじみで東京都江戸川区出身のKREVAとCUEZEROによるヒップホップ・グループ。名前は“飛びぬけて〜”を意味する“by far the 〜est”と“dope”(スラングでかっこいい)から命名。97年に1s……
  • 同時発売作品
    バイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!
    BVCR-11100   3,204円(税込)   2006/12/31 発売
    バイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!をamazon.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!をTOWER RECORDS ONLINEで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!をHMV.co.jpで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!を楽天ブックスで購入するバイ ファー ザ ドーペスト / だからどうした!をTSUTAYAで購入する
    重く緩やかなラップ・サウンドに乗って、微妙なユニゾンを聴かせるヴォーカルの気怠さ。サンプリングよりもキーボードによるバック・トラックを重視し、KREVAとCUEZEROによるこの二人組ユニットは、不思……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015