奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜

はてなブックマークに追加
奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    SME Records
  • 規格品番:
    SECL-469
  • 価格:
    3,204 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜をAmazon.co.jpで購入する奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜を@TOWER.JPで購入する奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜をHMV.co.jpで購入する奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜を楽天ブックスで購入する奥田民生 / 記念ライダー1号〜奥田民生シングルコレクション〜をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
ユニコーンという強烈な個性をもったバンドでデビューした彼が、業界生活20年を記念したベスト盤を2枚リリース。本作はソロ・デビュー作「愛のために」をはじめ漢字、ひらがな表記の曲でまとめられている。無駄に着飾ることないシンプルなロックだからこその深い味わいがある。
ガイドコメント
2枚同発となる、奥田民生初のベスト盤。“1号”では、タイトルに漢字もしくはひらがなが入った楽曲を収録。ゆるやかなサビが絶品の「さすらい」ではじまり、親世代の涙を誘った「息子」などを経て、軽快なディスコ調の「御免ライダー」で締める。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/1/15)  ⇒  13位 (1/22)  ⇒  31位 (1/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/1/15)  ⇒  10位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/1/15)  ⇒  10位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2007/1/15)  ⇒  7位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2007/1/15)  ⇒  10位 (1/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/1/15)  ⇒  10位 (1/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/1/15)  ⇒  5位 (1/22)  ⇒  11位 (1/29)
収録曲
01さすらい
まさに民生が自分自身のことを歌っているようである。人生はさすらいの日々でありユニコーンからソロになり、さすらうようにアーティスト活動を行なっている民生からの応援歌のようなナンバー。
02愛のために
記念すべきソロ・デビュー・シングルでありミリオン・ヒットにもなった民生の代表曲。ソロになり珍しくポップでとても親しみやすくなっているが、全体的に民生の世界観が独特のひねりを通して感じ取れるだろう。
03快楽ギター
ノリのいいロックンロールで、快楽のヴォルテージは上がりっぱなし。4ピースでライヴ感あふれた演奏はシンプルかつエネルギッシュで、音楽の楽しさをストレートに伝えてくれる。途中でコード進行を叫ぶところも洒落ている。
04近未来
軽快なポップ・ロック・ナンバー。21世紀という時代をテーマにした楽曲で、歯切れの良いヴォーカルと華やかなコーラスによるなめらかなサビのメロディが実にポジティヴな印象を与える。
05恋のかけら
7thシングルとしてリリースされたミディアム・ロック・ナンバー。ノスタルジーを伴った温もりのある歌詞が魅力のラブ・ソングで、奥田民生の照れのない堂々としたヴォーカルが、包容力のある男の優しさを感じさせる。
06月を超えろ
マルベル堂“プロマイド”風モノクロ・ジャケットも笑える10thシングル。咆吼を上げるギター、がっつりとしたバンド・サウンドに、車好きの奥田ならではリリックが軽快だ。さりげなく鳴っているノスタルジックなキーボードも面白い。
07手紙
スケールの大きいハード・ロック・ナンバー。初恋のような純朴で淡い恋歌を、ヘヴィなバンド・サウンドとパワフルなヴォーカルで激しい情熱のラブ・ソングに昇華。奥田民生の楽曲の中でも特に人気の高い1曲だ。
08悩んで学んで
4枚目のシングルとしてリリースされた分厚いロック・ナンバー。シンプルかつ印象的なギターで始まり、グルーヴィなAメロを経てヘヴィなサビに至る緩急のある曲構成が見事。元ジェリーフィッシュのアンディ・スターマーとのコラボ作。
09何と言う
“君に会って何と言う、嬉しいですと言う”という当たり前の感情を飾らず、感傷に浸るわけでもなく、ストレートに表現している。“それでいいだろ、言葉なんか”というフレーズに民生の男としての魅力を感じる。
10野ばら
3分に満たない短めのポップ・ロック・ナンバー。アコギを主体としたシンプルなサウンドと“おふざけ”のない比較的ストレートな歌詞が特徴的。奥田民生らしい爽やかな切なさを感じさせる1曲で、ファンからの人気も高い。
11花になる
イントロなしで歌い始める手法でもって、いきなりビートルズ的な匂いを振りまくこの曲は、具体的にどこがどうなんてレベルを超越してビートルズ色濃厚。『太陽にほえろ!』風にアレンジされた別ヴァージョンともども必聴の傑作。
12まんをじして
キンクスからサザン・ロックまで、数多の洋楽エッセンスを取り込んだサウンドは、ディープな洋楽ファンなら確実にニヤッ。「力抜け」と「力出せ」を交互に繰り返す歌詞は、もはや達観の域にさえ達した、まこと味わい深い魅力。
13息子
彼の作品ではこれがいちばん好きというファンも多いスロー・テンポな名曲。父が息子へ淡々と歌い教える、この先の人生に待ち受ける困難や事柄。そんなひとつとして、さりげなく「小豆相場」を挙げるセンスに爆笑。やはり天才。
14メリハリ鳥
タイトルとは裏腹にちょっと哲学的な空気感を醸し出すリリックだが、ギター・リフも軽快なバンド・サウンドで攻められたらもう楽しむしかない。コーラスもスパイスが効いている痛快なロック・チューン。シングル「月を超えろ」のカップリング曲。
15御免ライダー
80年代ディスコ風ポップ・ロック・ナンバー。全編がサビのようなキャッチーきわまりないメロディ全開で、軽快なグルーヴと見事に融合した歌詞の世界観が疾走するバイクの映像を想起させる。ライヴで人気の高い1曲。
タイアップ
  • 「さすらい」 - フジテレビ「Days」主題歌
アーティスト
  • 奥田民生
    1965年5月12日生まれ、広島県出身のシンガー・ソングライター。87年にユニコーンとしてデビュー。93年のバンド解散後、翌年にシングル「愛のために」でソロ活動を開始。また、ユニット“井上陽水奥田民生”や、PUFFYや木村カエラを手掛けるな……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015