マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す

はてなブックマークに追加
マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返す
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ミミカジル
  • 規格品番:
    VPCC-81558
  • 価格:
    2,442 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すをAmazon.co.jpで購入するマキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すをHMV.co.jpで購入するマキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すを楽天ブックスで購入するマキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すを@TOWER.JPで購入する
    マキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すを山野楽器で購入するマキシマム ザ ホルモン / ぶっ生き返すをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
ハードコアの枠組みを超え、メジャー・アーティストとしてブレイクを果たしたアルバム。さまざまなスタイルを飲み込んでの変幻自在なサウンドと、四者四様の歌声が織りなす、めくるめくマキシマム ザ ホルモンの世界は、馬鹿馬鹿しくもシニカル、そして濃いめである。
ガイドコメント
前作『ロッキンポ殺し』から約2年ぶりとなる、マキシマム ザ ホルモンのアルバム。前作でもその実力を遺憾なく発揮していたが、本作に漲るエネルギーは間違いなく前作以上。キャッチーにしてクセのあるサウンドで、存在感にも磨きをかけている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2007/3/12)  ⇒  6位 (3/19)  ⇒  6位 (3/26)  ⇒  11位 (4/2)  ⇒  25位 (4/9)  ⇒  29位 (4/16)  ⇒  24位 (4/23)  ⇒  29位 (2013/7/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  8位 (3/26)  ⇒  12位 (4/2)  ⇒  19位 (4/9)  ⇒  17位 (4/16)  ⇒  14位 (2013/7/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  7位 (3/26)  ⇒  8位 (4/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  7位 (3/26)  ⇒  7位 (4/2)  ⇒  9位 (2013/7/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  7位 (3/26)  ⇒  7位 (4/2)  ⇒  9位 (4/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  6位 (3/26)  ⇒  8位 (4/2)  ⇒  10位 (2013/7/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/3/12)  ⇒  5位 (3/19)  ⇒  5位 (3/26)  ⇒  8位 (4/2)  ⇒  7位 (4/9)  ⇒  9位 (4/16)  ⇒  7位 (4/23)  ⇒  10位 (4/30)  ⇒  18位 (5/7)  ⇒  12位 (5/14)  ⇒  16位 (5/28)  ⇒  18位 (2008/8/25)  ⇒  9位 (2013/7/29)  ⇒  20位 (8/5)  ⇒  20位 (8/12)
収録曲
01ぶっ生き返す!!
「ぶっ殺す!!」ではなくて「ぶっ生き返す!!」。マキシマム ザ ホルモン独特の言語感覚が見事に活かされたパワフルなポジティヴ・チューン。チョッパー奏法のベースを大々的にフィーチャーし、強靭なグルーヴを築き上げている。
02絶望ビリー
日本テレビ系アニメ『DEATH NOTE』のエンディング・テーマとして書き下ろされたヘヴィ・ロック・ナンバー。マキシマムザ亮君入魂の歌詞は、同作の登場人物である“L”の名前が密かに織り込まれるなど、奥行きのある凝った作りだ。
03糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
マキシマムザ亮君曰く「メルヘンホルモン」な、バンドのポップな側面が強調されたメロディアスなパンク・チューン。ナヲの柔らかい歌声とダイスケはんのデス声シャウトのミスマッチが妙に癖になる。オルゴールの儚い響きが切ない。
04ルイジアナ・ボブ
目いっぱいディストーションを利かせた超ハイ・スピードのロック・サウンドをベースに、ポップなメロディ&コーラス、お経風フレーズなどをミックス。何が飛び出してくるかわからないスリリングさがたまらないナンバー。
05ポリスマンベンツ
「パトカー燃やす」「ポリスマンファック」に続く、マキシマムザ亮君の警察への屈折した想いが歌い込まれたロックンロール・ナンバー。権力に対する反骨精神が強く感じられるエモーショナルなバンド・アンサンブルだ。
06ブラック¥パワー Gメンスパイ
ヴァイオレンス映画をイメージして作られたミクスチャー・ロック・チューン。マキシマムザ亮君とダイスケはんの掛け合いラップと、エレクトリック・ギターとベースによるチョッパー合戦がフィーチャーされたファンキーなサウンドだ。
07アカギ
マキシマムザ亮君のお気に入り漫画である『アカギ』のアニメ化に際してエンディング・テーマとして書き下ろされたハード・ロック・ナンバー。マキシマムザ亮君が珍しくほぼ全編にわたってメイン・ヴォーカルを担当している。
08恐喝〜kyokatsu〜
絶望を乗り越えるためのパワーを徹底的に詰め込んだポジティヴ・ロック・チューン。テーマ的には「ぶっ生き返す!!」の続編ともいえる内容だ。上ちゃんのメイン・ヴォーカルをバンド史上初めてフィーチャーしている。
09ビキニ・スポーツ・ポンチン
中学生の猥談をそのまま歌詞にしたかのような強烈な下ネタのオンパレードに爆笑必至の男根賛歌。グラム・ロックとディスコを融合したかのようなド派手なサウンドと超キャッチーなメロディ・ラインが艶っぽく絡み合う。
10What's up、people?!
日本テレビ系アニメ『DEATH NOTE』のオープニング・テーマとして書き下ろされた高速スラッシュ・メタル・チューン。ささやくような歌声からデス声シャウトまで、バンドのヴォーカル・レンジの広さが存分に発揮された力作だ。
11チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロンヌルル レロレロ
ガールズ・ロック・サウンドをイメージして作られたポップ・パンク・ナンバー。ユーモラスかつ異様に長い楽曲タイトルはインパクト抜群。中年男性の卑猥な妄想をキャッチーなメロディに乗せて、ナヲが楽しげに歌い上げている。
12シミ
怨念や恨み、悲しみなんかに負けないようなポジティヴで強い感情を、この世界生きた証=“シミ”として残していきたい! そんなマキシマムザ亮君のまっすぐで熱い想いが刻み込まれた、エモーショナルなヘヴィ・ロック・チューン。
13恋のメガラバ
ポップなメロディ&コーラスや軽快なビートに、デスメタル風の怒鳴りヴォーカルとラップを融合した、ユニークなロック・ナンバー。次々と飛び出してくる変幻自在なフレーズの連続に、引き込まれ圧倒されること間違いなし。
タイアップ
  • 「What's up,people?!」 - 日本テレビ「DEATH NOTE」オープニングテーマ
  • 「ぶっ生き返す!!」 - 北海道テレビ「夢チカ18」オープニングテーマ
  • 「絶望ビリー」 - 日本テレビ「DEATH NOTE」エンディングテーマ
  • 「恋のメガラバ」 - TBS「カウントダウンTV」オープニングテーマ
封入特典
  • 漫☆画太郎の原画イラストステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • マキシマム ザ ホルモン
    東京都八王子市出身のロック・バンド。愛称は“ホルモン”。メンバーはマキシマムザ亮君(vo,g)、ダイスケはん(vo)、上ちゃん(b)、ナヲ(ds,vo)の4名。1998年に結成。独自の語感表現で操る意味不明に見えて実は奥深いメッセージ性の詞……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015