電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]

はてなブックマークに追加
電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    クラシック 〜 インスト・クロスオーヴァー
  • レーベル:
    UAE
  • 規格品番:
    JKCA-1040
  • 価格:
    2,381 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]をAmazon.co.jpで購入する電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]をHMV.co.jpで購入する電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]を楽天ブックスで購入する電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]を山野楽器で購入する電クラ 杉ちゃん&鉄平 [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
クラシックをネタにアイディア満載の音楽づくりを続けるコンビのアルバムは、鉄道マニア必聴の内容だ。バッハの名曲と山手線の発車メロディを合体した「山手線上のアリア」、往年の寝台特急の雄姿を掛け合わせた「ダブルコンチェルト 寝台特急“月光”」など、まさに電クラ(電車+クラシック)の名に恥じない面白さ。
“クラシックを遊ぶ音楽実験室”をテーマに活動を展開する、杉ちゃん&鉄平のアルバム。楽しく愉快な鉄道をモチーフに制作された作品で、鉄道ソングはもちろん、各地の発車メロディや車内チャイムなども取り入れた究極の鉄道音楽集だ。
  • TOWER RECORDS クラシック アルバム
    9位 (2007/7/2)  ⇒  9位 (7/9)  ⇒  9位 (7/16)  ⇒  6位 (7/23)  ⇒  7位 (7/30)  ⇒  16位 (8/6)  ⇒  14位 (8/13)
トラックリスト
01協奏曲「A列車で行こう」
02山手線上のアリア
03ダブルコンチェルト 寝台特急「月光」
04無伴奏ヴァイオリン踏切ソナタ
05のぞみインベンション
06ひかりコンチェルト
073VFエチュード
08メトロ・イメライ (1.東京・丸の内編)
09メトロ・イメライ (2.大阪・御堂筋編)
10メトロ・イメライ (3.福岡・空港編)
11メトロ・イメライ (4.札幌・東西編)
12舞曲「恋の片道切符」
13協奏曲「銀河鉄道999」
14MY FAVORITE THINGS
15旧のぞみメヌエット
16亡き名鉄7000系のためのパヴァーヌ
17山手線上のアリア (feat.立川真司)
(17)ボーナストラック
演奏
杉浦哲郎(P) 岡田鉄平(VN)
  • スギテツ
    愛知県名古屋市出身の杉浦哲郎(p)と福岡県行橋市出身の岡田鉄平(vn)による音楽デュオ。TVバラエティ番組出演を期に、2004年に“杉ちゃん&鉄平”として結成。“クラシックを遊ぶ音楽実験室”をコンセプトに、鉄道、ドラマ、CMソング、童謡、街……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015