槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。

はてなブックマークに追加
槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    J-more
  • 規格品番:
    YICD-70038
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。をAmazon.co.jpで購入する槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。を@TOWER.JPで購入する槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。をHMV.co.jpで購入する槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。を楽天ブックスで購入する槇原敬之 / 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
1年9ヵ月ぶり、15枚目のオリジナル・アルバム。作詞作曲とヴォーカルはもちろんのこと、音作りもかなり自分で手がけ、曲によっては大胆な打ち込みも使って、メロディだけではなくリズムへの配慮も行き届いた仕上がり。けっこう実験的なポップスだ。
ガイドコメント
エイベックス移籍後初となる、通算15作目のアルバム。爽やかで弾けるようなシングル曲「GREEN DAYS」をはじめ、どの曲をとっても彼らしい良質なナンバーが揃っている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    20位 (2007/11/5)  ⇒  33位 (11/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2007/11/5)  ⇒  20位 (11/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2007/11/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2007/11/5)  ⇒  10位 (11/12)
収録曲
01introduction
アナログ・レコードのノイズ風SEに、アーシーなリズムがフェイド・イン。ストリングスが奏でるたおやかなメロディは、ケルティックや琉球音楽のよう。悠久の調べは、そのままアルバム『悲しみなんて〜』の次曲「祈りの唄が聞こえてくる」のイントロへと続く。
02祈りの歌が聞こえてくる
流麗なフラメンコ・ギターの音色とアフリカン・ビートをベースにした温かなリズムが、手足の先までしみていく。“目に見えること/それだけが大事なものじゃない”……虹のようにきらめくメロディを歌うマッキーのファルセットに、思わず落涙。
03Dance with me.
“今日の音楽に合わせて/僕らの今日をちゃんと踊ろう”。等身大の言葉と素直なメロディがストレートに心に響くミッド・ポップ・チューン。ホーンのフレージングやヴィブラフォンの音色など、ブルー・アイド・ソウルのテイストをふんだんに取り入れた一曲だ。
04GREEN DAYS
フジテレビ系ドラマ『牛に願いを』主題歌、TOYOTA「ラクティス」コラボCMソング。爽やかなノスタルジー、照れるほどバカ正直なメッセージ、おだやかだけど力強いカタルシスなど、マッキー節が揃い踏みした一曲。
05カイト
“いつでも僕は君の糸を/もっているから”。恋人の心をカイトに喩えた、甘酸っぱいミッド・ポップ・チューン。70年代ソウル風のサウンドは、シカゴの「サタデー・イン・ザ・パーク」を連想させる。紳士服のAOKI、CMソング。
06Love was sleeping.
美しいメロディで綴られるミッド・バラード。清らかなギターと凛としたピアノ、柔らかなストリングスが、“大事な事に気づくときはいつも/決まって愛が悲しみに変わるときだ”という切ない物語をそっと包み込む。NTTドコモ東北CMタイアップ曲。
07lose no time
“神様は僕らを見放してはいないんだ”という詞が印象的な、シニカルな視点でポジティヴな未来を描いたアップ・テンポのダンス・チューン。ヴォコーダーやシーケンサーを駆使したサウンド・プロダクションは、鍵盤の魔術師マッキーの面目躍如だ。
08赤いマフラー
鐘の音やリコーダー、グロッケンの音色をちりばめた、マッキー流クリスマス・ソング。“リボンなど掛けなくても/君に言えばよかった/「ありがとう」と”の詞が、実にほろ苦い。テレビ東京『お茶の間の真実 もしかして私だけ!? 』エンディング・テーマ。
09Anywhere
“どんな辛さも幸せにかえながら生きていける”“君のいる場所が僕の生きていく場所だから”……21世紀の日本を代表するソングライター、マッキーが放つミッド・バラード。純和風のメロディにそっと寄り添うストリングスが、奥ゆかしくも美しい。
10Circle of Rainbow
巨大なヴィクトリアの滝にかかる巨大な丸い虹。犬の鼻先に見えた小さな丸い虹。その美しさに感動できる心を素直に綴ったミッド・ポップ・チューン。アフロ・パーカッションと重厚なコーラス、祝福のファンファーレが、日常の奇跡を盛り上げる。
11五つの文字
「あたりまえ」じゃなくて「ありがとう」。大切な5つの文字を歌ったミッド・ポップ・チューン。オリエンタルな音階のイントロ、幾重にも重ねたコーラス、複雑なコード展開など、マッキーのサウンド・メイカーとしての才能が凝縮された一曲に仕上がっている。
タイアップ
  • 「GREEN DAYS」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「GREEN DAYS」 - TOYOTA「ラクティス」TV-CMソング
  • 「GREEN DAYS」 - フジテレビ「牛に願いを Love&Farm」主題歌
  • 「Love was sleeping」 - NTT DoCoMo東北TV-CMソング
  • 「Love was sleeping.」 - NTT DoCoMo東北「ひとりでも割50」TV-CMソング
  • 「Love was sleeping.」 - NTT DoCoMo東北「ファミ割MAX50」TV-CMソング
  • 「カイト」 - アオキ「もてスリム」TV-CMソング
  • 「カイト」 - アオキ「極上スマート」TV-CMソング
  • 「五つの文字」 - フジテレビ「めざにゅ〜」テーマソング
  • 「赤いマフラー」 - テレビ東京「お茶の間の真実 もしかして私だけ!?」エンディングテーマ
  • 「赤いマフラー」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
アーティスト
  • 槇原敬之
    1969年5月18日生まれ、大阪府高槻市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“マッキー”。90年にシングル「NG」、アルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』でデビュー。91年の3rdシングル「どんなときも。」がヒットし、NHK『紅白……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015