ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]

はてなブックマークに追加
ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ミュージック・マイン
  • 規格品番:
    IDCA-1034〜5
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]をHMV.co.jpで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]を楽天ブックスで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]を山野楽器で購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD] [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
アルバム・デビュー10周年記念ベスト盤。ザ・スターリンの「解剖室」をはじめ70〜80年代のエレクトロ・ポップの音だが、「親父のランジェリー2」はCOALTAR OF THE DEEPERSを迎えたメタルな新録で、「男は橋を使わない」は新曲だ。ディスク2は4編の“説教”などで構成。掟ポルシェの詳細な解説付き。
ガイドコメント
男性2人組、ロマンポルシェ。のデビュー10周年を記念したベスト・アルバム。代表曲の数々に加え、『NewWave愚連隊』シリーズからのナンバーや映画『けものがれ、俺らの猿と』への提供曲なども収録。メンバーの掟ポルシェによる解説にも注目だ。
収録曲
[Disc 1]
01首なしライダー
02ロマンポルシェ。のテーマ
03MTR Baby
04暴力大将
05男道コーチ屋稼業 (ManishEdit)
06モルタル王子
07神社建立3001
08変質者+人格者≦貴方
09I Feel Love
10解剖室
11親父のランジェリー2
12全裸で書いたラブレター
13暴走金色夜叉
14新島で死にたい
15下半身警察
16ハンバーガー・レディ
17炭水化物は胃にたまる
18男は橋を使わない
[Disc 2]
01説教1
02説教2
03説教3
04説教4
封入特典
  • 掟ポルシェによる全曲解説
アーティスト
  • ロマンポルシェ。
    ロマン優光(ディレイ担当)と掟ポルシェ(ヴォーカル、演奏、説教担当)の2人による異色のニューウェイヴ・バンド。金属バットを振り回して説教する脅威的なスタイルが特徴。1997年に結成し、98年にファースト・アルバム『人生の兄貴分』をリリース。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015