ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]

はてなブックマークに追加
ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ミュージック・マイン
  • 規格品番:
    IDCA-1034〜5
  • 価格:
    2,500 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]をAmazon.co.jpで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]をHMV.co.jpで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]を楽天ブックスで購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]を@TOWER.JPで購入する
    ロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]を山野楽器で購入するロマンポルシェ。 / もう少しまじめにやっておくべきだった [2CD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
アルバム・デビュー10周年記念ベスト盤。ザ・スターリンの「解剖室」をはじめ70〜80年代のエレクトロ・ポップの音だが、「親父のランジェリー2」はCOALTAR OF THE DEEPERSを迎えたメタルな新録で、「男は橋を使わない」は新曲だ。ディスク2は4編の“説教”などで構成。掟ポルシェの詳細な解説付き。
ガイドコメント
男性2人組、ロマンポルシェ。のデビュー10周年を記念したベスト・アルバム。代表曲の数々に加え、『NewWave愚連隊』シリーズからのナンバーや映画『けものがれ、俺らの猿と』への提供曲なども収録。メンバーの掟ポルシェによる解説にも注目だ。
収録曲
[Disc 1]
01首なしライダー
02ロマンポルシェ。のテーマ
03MTR Baby
04暴力大将
05男道コーチ屋稼業 (ManishEdit)
06モルタル王子
07神社建立3001
08変質者+人格者≦貴方
09I Feel Love
10解剖室
11親父のランジェリー2
12全裸で書いたラブレター
13暴走金色夜叉
14新島で死にたい
15下半身警察
16ハンバーガー・レディ
17炭水化物は胃にたまる
18男は橋を使わない
[Disc 2]
01説教1
02説教2
03説教3
04説教4
封入特典
  • 掟ポルシェによる全曲解説
アーティスト
  • ロマンポルシェ。
    ロマン優光(ディレイ担当)と掟ポルシェ(ヴォーカル、演奏、説教担当)の2人による異色のニューウェイヴ・バンド。金属バットを振り回して説教する脅威的なスタイルが特徴。1997年に結成し、98年にファースト・アルバム『人生の兄貴分』をリリース。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] “自分らしくレイアウトする楽しさ”を提案する 大塚家具×ロン・モンロウのWEB CM[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』
[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015