「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣

はてなブックマークに追加
「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    サウンドトラック
  • レーベル:
    デイジーワールド
  • 規格品番:
    COCP-35115
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣をAmazon.co.jpで購入する「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣をHMV.co.jpで購入する「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣を楽天ブックスで購入する「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣を@TOWER.JPで購入する
    「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣を山野楽器で購入する「グーグーだって猫である」オリジナル・サウンドトラック / 細野晴臣をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
映画そのものは大島弓子のマンガ原作とはだいぶ趣を違えたようだが、細野晴臣が総指揮を執ったサントラは、押しつけがましさのない、好感触な仕上がり。主演の小泉今日子と細野のデュエット「グッド グッド」を含め、ほのぼのと聴かせる。高田漣参加の10、15、19曲目もいい。★
ガイドコメント
吉祥寺を舞台に、一人の漫画家と一匹の猫の日常を描く映画『グーグーだって猫である』のサウンドトラック。音楽は細野晴臣が担当。主演の小泉今日子とのデュエットをはじめ、優しくゆったりとしたサウンドで包み込んでくれる。
収録曲
01メイン・タイトル
02サバ
03ペットショップ
04パノラマの丘
05生まれる Part 1
06ラブ
07象の花子
08グーグーとマリー
09エリザベスカラー
10ハモニカ横丁
11幸せ
12月の夜
13アーユルヴェーダ
14広場にて〜青空
15タロット・ブルース
16追いかけっこ
17ダークブルー
18チア・アップ
19ペパカフェ・ブルース
20サバとの再会
21生まれる Part 2
22グッド グッド
23エンド・タイトル
演奏
細野晴臣,小泉今日子,高田漣,ハミングキッチン,ワールドスタンダード,青柳拓次,コシミハル,といぼっくす
タイアップ
  • 「グッド グッド」 - アスミック・エース「グーグーだって猫である」テーマソング
アーティスト
  • 細野晴臣
    1947年7月9日生まれ、東京都出身の音楽家。69年にエイプリル・フールを結成してメジャー・デビュー。翌年にはっぴいえんどを結成し、73年よりソロ活動と同時にキャラメル・ママ(後のティン・パン・アレー)としても始動。78年に高橋幸宏、坂本龍……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015