サカナクション / シンシロ [限定]

はてなブックマークに追加
サカナクション / シンシロ [限定]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-63223
  • 価格:
    2,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    サカナクション / シンシロ [限定]をAmazon.co.jpで購入するサカナクション / シンシロ [限定]を@TOWER.JPで購入するサカナクション / シンシロ [限定]をHMV.co.jpで購入するサカナクション / シンシロ [限定]を楽天ブックスで購入するサカナクション / シンシロ [限定]をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
エレクトロの要素をたっぷり取り込んだダンス+胸キュン・ロックで人気のサカナクションの、3枚目のフル・アルバムは、一曲ごとにメンバー全員にリーダーシップを預け、よりカラフルにより先鋭的に飛躍を遂げた意欲作。音色はデジタルだが、あくまで朴訥な歌が個性を際立たせる。
ガイドコメント
ロック・バンド、サカナクションの3rdアルバム。ライヴ・パフォーマンスを意識してアレンジされた、臨場感あふれるナンバーが楽しめる。シングル曲「セントレイ」ほか収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2009/1/19)  ⇒  9位 (1/26)  ⇒  13位 (2/2)  ⇒  18位 (2/9)  ⇒  30位 (2/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2009/1/19)  ⇒  5位 (1/26)  ⇒  8位 (2/2)  ⇒  14位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2009/1/19)  ⇒  2位 (1/26)  ⇒  3位 (2/2)  ⇒  2位 (2/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/1/19)  ⇒  6位 (1/26)  ⇒  8位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2009/1/19)  ⇒  5位 (1/26)  ⇒  9位 (2/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2009/1/19)  ⇒  4位 (1/26)  ⇒  5位 (2/2)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/1/19)  ⇒  7位 (1/26)  ⇒  5位 (2/2)  ⇒  9位 (2/9)  ⇒  18位 (2/16)  ⇒  16位 (2/23)
収録曲
01Ame (B)
1stシングル「セントレイ」のカップリング「Ame(A)」とは対照的なサウンドを放つ、ポップなダンス・チューン。ギターやベースとともに耳をひきつけられるデジタル音を背に、淡々としながらもどこか弾んだ山口のヴォーカルに聴き惚れる一曲。
02ライトダンス
4つ打ちのリズムとダイナミックなサウンドがクセになるダンサブルなナンバー。夢見て飛び込んだ華やかな街だが、明日が見えてこないという不安を歌っている。焦りや迷いを感じさせるデジタル音や間奏のギターが印象的だ。
03セントレイ
初のシングル。淋しさを乗り越えた先に見える世界への思いを、変幻自在のサウンドを繰り出す彼ら独特の“サカナ・ギター・ロック”で直球に伝えている。繊細で柔らかい声から希望を感じさせる力強い声へと変わるサビが魅力の、疾走感あふれるキラー・チューン。
04ネイティブダンサー
踊りだしたくなるリズムの上で、思い出から抜け出せない辛い気持ちを歌うというギャップが耳を引く曲。虚無感が漂うノスタルジックなピアノからシンセへと移り変わる展開や、切ない秋の季節を感じさせる哀感をたたえたヴァイオリンも印象的だ。
05minnanouta
ドラムの江島がほぼ手掛けたというインスト・ナンバー。シンプルでスタイリッシュなトラックに絶妙のアレンジを施した壮大なテクノ感に加え、“ミンナノウタ”というタイトルからは想像しがたい、陶酔と恍惚を呼ぶようなサウンドのループが特色。
06雑踏
街頭の雑踏と規則的なキーボード&ギターで幕を開けるメランコリックなバラード。日常におけるもがきや苦しみから抜け出し、必死に自分の存在を訴えようとしている。“でもさ”という言葉を繰り返す詞が、不安と戦う苦悩を表わしているようだ。
07黄色い車
タイトルは、結婚した友達が乗っていた車から拝借したというナンバー。元来はその友達のために書いた曲で、イントロのベースはもとより、エコーのかかったギターやドラムのスウィングなどグルーヴィな要素が満載。どこか懐かしさを感じさせるアコギやキーボードも秀逸。
08enough
他人との関わりを遮断したような閉塞的な世界観にあっても、人としてのぬくもりは失われてはいない……という、人間本来の内面について語った曲。切々とした静かな歌い出しから、その気持ちが一気に爆発するような展開の変化に注目。
09涙ディライト
サビに向かうにつれてヴォルテージを増す岡崎のキーボードと、しなやかだが軽やかに動く草刈のベースがリードするナンバー。センチメンタルな詞だが、高揚感あるメロディと4つ打ちのポップなリズムにより、親しみやすいものに仕上がっている。
10アドベンチャー
イントロのギターが印象的な、ダンサブルな4つ打ちロック・ナンバー。思いをぶつけながらもどこか不安が入り混じるヴォーカルで、夢を追って飛び出したいきおいと強さと迷いが入り混じる心の情景を歌っている。
11human
ギターとピアノのメロディが心地良い、アジアンテイストのミディアム・ロック・ナンバー。スケール感あふれるサウンドと疲れた心を癒すような繊細な詞に、未来への光が見えるよう。吹っ切れたような山口の歌声が優しい。
タイアップ
  • 「セントレイ」 - 富山テレビ「bbt music selection」オープニングテーマ
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • サカナクション
    北海道・札幌出身のロック・バンド。メンバーは山口一郎(vo,g)、岩寺基晴(g)、草刈愛美(b)、岡崎英美(key)、江島啓一(ds)の5名。バンド名は“魚”と“アクション”を組み合わせた造語から。2005年に始動し、2007年にアルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015