ビリー・ウッテン / ライヴ・アット・ザ・ジャズ・カフェ

はてなブックマークに追加
ビリー・ウッテン / ライヴ・アット・ザ・ジャズ・カフェ
CD
ミニ・レビュー
2003年、ロンドンでのライヴ。3管オクテットで冒頭からジェームス・ブラウン、スティーヴ・クロッパー作品と長尺で聴かせるファンク・グルーヴの開放的な臨場感が心地好く、ヴィブラフォンの軽快さも良い。奏者と聴衆がラフに演奏を楽しむ様子が伝わってくるライヴ・アルバム。
ガイドコメント
ジャズ・ファンク系ヴァイブ奏者、ビリー・ウッテンのライヴ・アルバム。2003年渡英時のステージを捉えたもので、ジャズ・ファンク・バンドのスピードメーターをバックに、グルーヴィな演奏を展開している。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2009/1/19)  ⇒  6位 (1/26)  ⇒  13位 (2/2)  ⇒  15位 (2/9)
収録曲
01OPEN UP J.B
02SOOKIE SOOKIE
03IN THE RAIN
04CHICANGO
05IN THE MIDDLE
06STEVE'S SONG
07CLOSING
08MONKEY HIPS AND RICE
演奏
BILLY WOOTEN(VIB) LEIGH GRACIE(G) SIMON JARRET(TS) MATT MCKAY(AS,FL) MARK READ(TP) SIMON DAVIES(P,OG) RICHARD HINDES(B) MATT WILDING(PERC)
録音
2003.
封入特典
  • 解説
アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015