ビリー・ウッテン / ライヴ・アット・ザ・ジャズ・カフェ

はてなブックマークに追加
ビリー・ウッテン / ライヴ・アット・ザ・ジャズ・カフェ
CD
ミニ・レビュー
2003年、ロンドンでのライヴ。3管オクテットで冒頭からジェームス・ブラウン、スティーヴ・クロッパー作品と長尺で聴かせるファンク・グルーヴの開放的な臨場感が心地好く、ヴィブラフォンの軽快さも良い。奏者と聴衆がラフに演奏を楽しむ様子が伝わってくるライヴ・アルバム。
ガイドコメント
ジャズ・ファンク系ヴァイブ奏者、ビリー・ウッテンのライヴ・アルバム。2003年渡英時のステージを捉えたもので、ジャズ・ファンク・バンドのスピードメーターをバックに、グルーヴィな演奏を展開している。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2009/1/19)  ⇒  6位 (1/26)  ⇒  13位 (2/2)  ⇒  15位 (2/9)
収録曲
01OPEN UP J.B
02SOOKIE SOOKIE
03IN THE RAIN
04CHICANGO
05IN THE MIDDLE
06STEVE'S SONG
07CLOSING
08MONKEY HIPS AND RICE
演奏
BILLY WOOTEN(VIB) LEIGH GRACIE(G) SIMON JARRET(TS) MATT MCKAY(AS,FL) MARK READ(TP) SIMON DAVIES(P,OG) RICHARD HINDES(B) MATT WILDING(PERC)
録音
2003.
封入特典
  • 解説
アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015