チャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
チャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1303
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    チャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するチャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入するチャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するチャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するチャットモンチー / 告白 [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
前作から1年4ヵ月ぶりとなるサード・アルバムは、既発シングル「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」「染まるよ」「風吹けば恋」「Last Love Letter」をちりばめ、圧倒的なクオリティを誇るバンド・アンサンブルの魅力を中心に聴かす会心作。阿波踊りのビートを取り入れるなど、リズムがより多彩になっているのも自信と余裕の表われだろう。
ガイドコメント
女性3人組ロック・バンド、チャットモンチーの3rdアルバム。3人がヴォーカルを務める曲や阿波踊りのビートを取り入れた曲など、独特の遊び心にあふれた一枚となっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  15位 (3/16)  ⇒  24位 (3/23)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  4位 (3/9)  ⇒  16位 (3/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  6位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  5位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  4位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2009/3/2)  ⇒  6位 (3/9)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2009/3/2)  ⇒  3位 (3/9)  ⇒  11位 (3/16)  ⇒  15位 (3/23)  ⇒  17位 (4/13)
収録曲
018cmのピンヒール
過去の切ない恋愛を歌ったミディアム・ナンバー。“あなた”と歩幅を合わせるために“8cmのピンヒール”で歩く健気な想いや二人のすれ違う想いが綴られている。耳になじみやすい爽やかで軽やかなメロディに橋本の柔らかい歌声がよくマッチしている。
02ヒラヒラヒラク秘密ノ扉 (Album Mix)
映画『ガチボーイ』の主題歌となった7thシングル。テンポよく刻まれるリズミカルなドラムに弾むような橋本絵莉子の歌声が乗せられていく。狭い空間から一気に外へ飛びだしたような明るさを持つサビが清々しい。
03海から出た魚
東京事変のベーシストとして知られる亀田誠治のプロデュースによるメロディックなナンバー。イントロのドラムや間奏のギターが憂いを感じさせるが、繊細な橋本絵莉子の歌声とメランコリックな詞にはどこか強さが見える。
04染まるよ
日本テレビ系ドラマ『トンスラ』の主題歌となった9thシングル。自分よりも煙草が好きな彼と別れた彼女が、振ってしまったけど嫌われたくない、忘れないでいてほしいという苦しい胸の内を歌う。ゆったりとした温かくもノスタルジックなバラード。
05CAT WALK
弱さと強さを併せ持つ歌詞が魅力の一曲。ノスタルジックにはじまるも、子猫がテクテクと歩く様子を思い浮かべてしまうような可愛らしいメロディへと展開していく。後半にいくにつれて感情のこもる歌声は、生きる意味を必死に探しているようだ。
06余談
亀田誠治をプロデューサーに迎えた、心地よいメロディのナンバー。平凡な日々のなかでもちょっとしたことに楽しみを見つけられるという前向きな歌詞が、素朴で軽やかなリズムで流れるサウンドとよくあっている。
07ハイビスカスは冬に咲く
軽やかなテンポで進むが、途中で変則的なリズムになる不思議なナンバー。ころころと変わるリズムに対応していく高橋のドラミングのセンスのよさには脱帽。タイトルには“冬”がついているが、春のような明るさと温かさを持ったメロディが気持ちよい。
08あいまいな感情
静かなメロディと力の抜けた柔らかい歌声が印象的なスロー・ナンバー。“I my me mine”と“あいまい”をかけた詞と浮遊感のあるサウンドとコーラスとによって、曖昧な感情と記憶とを絶妙に描写している。
09長い目で見て
元スーパーカーのいしわたり淳治がプロデュースを手掛けたミディアム・ナンバー。高橋の明るい声、福岡の凛々しい声、橋本のキュートな声と、それぞれのヴォーカルが楽しめる。“長い目で見て”とタイトルを繰り返し歌うフレーズが耳に残る。
10LOVE is SOUP
フィンガー・スナップとコーラスが印象的な、温かく陽気なナンバー。甘く柔らかい橋本絵莉子の歌声がポップな詞をよりキュートにしている。終盤に阿波踊りのリズムを取り入れているのも特徴的だ。
11風吹けば恋
堀北真希が出演した資生堂「SEA BREEZE」のCMソングに起用された8thシングル。風を切って走る姿が目に浮かぶような爽やかなメロディが、気分を高めてくれる。夏を感じさせるアッパー・チューンだ。
12Last Love Letter (Album Ver.)
ベースの福岡が詞を手掛けた10thシングル。悩みや辛さを表わすような低くうなるベースとそれを切り裂くようなギターが映えるイントロが印象深い。沈んだ気持ちを励ますようなサビの詞が、人と人との繋がりの大切さや未来の希望を感じさせてくれる。
13やさしさ
イントロの不思議なサウンドが心地よいミディアム・スロー・ナンバー。“やさしさ”とは何かを考えさせられると同時に、ダメな自分を励ましてくれるような歌詞が心に響く。淡々と歌う橋本の声が次第に熱を帯びていくのが印象的だ。
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「Last Love Letter」 - 日産自動車「CUBE」TV-CMソング
  • 「Last Love Letter」 - 日本テレビ「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」オープニングテーマ
  • 「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」 - 東宝「ガチ☆ボーイ」主題歌
  • 「染まるよ」 - 日本テレビ「トンスラ」主題歌
  • 「風吹けば恋」 - エフティ資生堂「シーブリーズ」TV-CMソング
アーティスト
  • チャットモンチー
    徳島県出身のガールズ・ロック・バンド。メンバーは1983年生まれの橋本絵莉子と福岡晃子。2000年に橋本を中心に結成し、2005年にメジャー・デビュー。ソリッドかつタイトな音作りとグルーヴ感あふれるロック・サウンドで注目を浴び、野外フェスな……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015