flumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏Dive

はてなブックマークに追加
flumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏Dive
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    antwork
  • 規格品番:
    AZCS-2005
  • 価格:
    1,320 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    flumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏DiveをAmazon.co.jpで購入するflumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏Diveを@TOWER.JPで購入するflumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏DiveをHMV.co.jpで購入するflumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏Diveを楽天ブックスで購入するflumpool / MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 / 夏DiveをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
手塚治虫によるピカレスク漫画を映画化した『MW−ムウ−』、その主題歌としてリリースされたflumpoolのシングル。表題曲は、エッジの利いたギターのリフが耳に突き刺さるハードなナンバー。軽快かつソウルフルなカップリング曲も、彼らの新たな魅力を存分に引き出している。
ガイドコメント
2009年7月1日リリースとなる、flumpoolのダブルAサイド・シングル。玉木宏、山田孝之主演の映画『MW-ムウ-』主題歌となった「MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜」や「夏Dive」、「サイレン」を収録。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    5位 (2009/6/29)  ⇒  3位 (7/6)  ⇒  16位 (7/13)
収録曲
01MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜
映画『MW -ムウ-』主題歌となったメジャー2ndシングル。哀しげな顔をのぞかせる歌唱と思いを振り切るように走るバンド・サウンドが絶妙にリンク。溶けるように胸を焦がす愛を求める激しい情熱を含んだ詞には、ズキズキとした痛みが感じられる。
02夏Dive
タイトルどおりのサマー・チューンとなった2ndシングル。“涙も悔いも汚れた思い出も”夏のせいにしてハジけろ! と歌うが、サウンドにもメロディにも、どこか薄くモヤがかかったような陰鬱な成分が入り込んでいるのが彼ららしさか。
03サイレン
04MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜 (Instrumental)
05夏Dive (Instrumental)
タイアップ
  • 「MW 〜Dear Mr.&Mrs.ピカレスク〜」 - ギャガ・コミュニケーションズ「MW」主題歌
  • 「MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
アーティスト
  • flumpool
    大阪府出身のロック・バンド。メンバーは山村隆太(vo)、阪井一生(g)、尼川元気(b)、小倉誠司(ds)の4名。弾き語りユニットの309、cubeを経て、2007年1月に始動。翌年にCMソング起用の「花になれ」が脚光を浴び、ミニ・アルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015