銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ラン

はてなブックマークに追加
銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ラン
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    初恋妄℃学園
  • 規格品番:
    SKOOL-020
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランをAmazon.co.jpで購入する銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランをHMV.co.jpで購入する銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランを楽天ブックスで購入する銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランを@TOWER.JPで購入する
    銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランを山野楽器で購入する銀杏BOYZ / ボーイズ・オン・ザ・ランをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
約1年ぶりとなる4枚目のシングルは、峯田和伸主演の同名映画の主題歌。衝動を無濾過状態で吐き出しながら叫びを旋律化させノイズを生の瑞々しさとして響かせるプレイは、バンド力に対する根拠なき信頼の賜物。一方、弾き語りの世界を中心にした「べろちゅー」は、言葉に対する信頼が窺えてならない。
ガイドコメント
前作「17才」から約1年ぶりとなる2009年12月2日発表の4thシングル。むさ苦しいぐらいにストレートな感情が直球勝負で奏でられ、彼らならではの中毒性の高い楽曲に仕上がっている。映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』主題歌。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    1位 (2009/11/30)  ⇒  5位 (12/7)  ⇒  10位 (12/14)
収録曲
01ボーイズ・オン・ザ・ラン
同名映画の主題歌となった4thシングル。あなたに対する想いを恥ずかしげもなくストレートに綴った直球勝負のナンバー。ロマンティックなメロディから、暑苦しいまでにがむしゃらに叫んだヴォーカルとともに爆発するサビへの展開に胸が熱くなる。
02べろちゅー
音源化される前から峯田の弾き語りで披露されていたバラード。メロディアスで優しいサウンドと自身の心情をリアルに綴った詞が、一体となり心に沁みる。普段激しいライヴを繰り広げる彼らにはめずらしい、穏やかな仕上がりだ。
タイアップ
  • 「ボーイズ・オン・ザ・ラン」 - ファントム・フィルム「ボーイズ・オン・ザ・ラン」主題歌
アーティスト
  • 銀杏BOYZ
    GOING STEADY解散後、峯田和伸(vo)のソロ名義ユニットとして始動。活動開始後すぐに、元GOING STEADYのメンバーの安孫子真哉(b)と村井守(ds)、チン中村(g)が加入。2005年1月15日には、自身のレーベル〈初恋妄℃……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015