RADWIMPS / 絶体絶命

はてなブックマークに追加
RADWIMPS / 絶体絶命
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-27061
  • 価格:
    2,667 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    RADWIMPS / 絶体絶命をAmazon.co.jpで購入するRADWIMPS / 絶体絶命を@TOWER.JPで購入するRADWIMPS / 絶体絶命をHMV.co.jpで購入するRADWIMPS / 絶体絶命を楽天ブックスで購入するRADWIMPS / 絶体絶命をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
新世代ロック・バンドの6枚目。中心人物の野田洋次郎による、言葉数の多い歌詞を矢継ぎ早にたたみかけるヴォーカルという独自のスタイルに、いっそう磨きがかかっている。特に諦念と希望の間を行き来するような世界観は、もはや孤高といえるかも。アイディアに富んだ音作りもおもしろい。
ガイドコメント
前作『アルトコロニーの定理』に次ぐ、2011年3月9日リリースの6thアルバム。チャート初登場1位を記録した人気曲「DADA」や「狭心症」「携帯電話」といったシングルを含む、全14曲を収録。ラッドの進化したサウンドを体感できる超絶作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  2位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  4位 (3/28)  ⇒  27位 (4/4)  ⇒  37位 (4/11)  ⇒  20位 (4/25)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  2位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  4位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  1位 (3/14)  ⇒  2位 (3/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  2位 (3/14)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  4位 (3/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  3位 (3/14)  ⇒  4位 (3/21)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2011/3/7)  ⇒  2位 (3/14)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2011/3/7)  ⇒  2位 (3/14)  ⇒  1位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  15位 (4/4)  ⇒  16位 (4/11)  ⇒  19位 (4/18)  ⇒  9位 (4/25)
収録曲
01DADA (dadadada Ver.)
12thシングルのアルバム版。現代の不安や焦燥を、激しく脳髄を刺激するエモ・サウンドと駄々っ子のようにこねくり回した“なぁなぁなぁなぁ……”以下のラップ調フックに示したラッド流ダダイズム・ロックだ。韻や言葉遊びによる終生観と虚無観も提示した詞が印象的。
02透明人間18号
初夏の清々しい青空を想起させるようなポジティヴ・ロック。葛藤に明け暮れる日々を白と黒の狭間の灰色と表現しながら、虹を混ぜると同じ色になると励まし、生きる喜びを教えてくれた存在との出会いを綴る。終盤の浮遊感ある歌唱は希望の光を見つけたように安らかだ。
03君と羊と青
2011年NHKサッカー放送テーマ曲に起用されたアッパー・ロック。希望を感じるクルクルと回るようなギター・リフがラストまで一気に駆け抜ける、爽快感に満ちたサウンドだ。不器用ながらも夢見ていた未来へ突っ走る衝動を、清々しく勇敢に歌い上げている。
04だいだらぼっち
タイトルは日本各地に残る巨人伝承から拝借。大きなダイダラボッチと小さく縮こまったような一人ぼっちの自分という対比が面白い。人は決して一人ぼっちじゃないよというメッセージを逆説的に綴った、ソフトな歌唱が印象的なアコースティック調ミディアム・ナンバーだ。
05学芸会
自身の存在価値を学芸会の舞台に見立てて問うメロディアスなロック・チューン。周囲は自分の気持ちなんてちっともわかっちゃいないという虚無感と反骨心を、少年Dという役になりきって息せき切るように吐露する。切迫感に満ちたナイーヴなサウンドが、はかなさを助長。
06狭心症
ズシリズシリと負荷がかかるような重厚なサウンドが全編を支配した13thシングル。ヘヴィなロック・サウンドとは対照的な、喚き散らすようにかなぐり捨てた甲高い歌唱が印象的。劣等と絶望にさいなまれた感情を剥き出しにしたナンバーだ。
07グラウンドゼロ
ドリーミーなイントロとは対照的な、風景が飛んで行くように疾走するスピーディなロック・チューン。どうあがいても迫ってくる未来に後ろ向きにならず、自分らしく進んでいけたら、という気持ちを綴る。前途に希望を感じるクライマックスが耳に強く残る。
08π
河野圭のピアノを組み込んだジャム・セッション風サウンドによるアッパー・ロック。世間にはいろいろな考えがあって、自分もその時々で違う気分だったり、本当の形は目に見える形と違ったり……人生さまざまだと叫ぶ。次々と飛び出す韻詞が楽しい。
09G行為
声色を変えながら、さまざまなタイプの男女の自惚れ=“自慰”を独白スタイルで語ったロック・チューン。全編を通じての不満や疑問を表現したようなギター・リフのループは、どのタイプも根底は似た者同士でしょという強烈なアイロニーかも。
10DOGOUT
行き場を失ってさまよい歯がゆい思いをして生きる流浪の人たちへ、周囲の価値観に左右されなければ生きる術はあると伝えるシリアスなナンバー。ヘヴィな高速ロック・サウンド上を狂い舞う金切り声のようなギターが耳に残る。
11ものもらい
失ってみてはじめて解かる大切さ……あるものがなくなった時の不自由さと自身のアイデンティティが解らない苦悩を、独特の詞世界で描写。バックコーラスととも上昇するような終盤と暖色の音質が印象的なミディアム・ロックだ。
12携帯電話 (Cat Ver.)
斎藤ネコのヴァイオリンを追加した、フォーク歌謡テイストの10thシングルのアルバム・ヴァージョン。ポケットに入れた携帯電話に自分の居場所を投影した詞がユニークだ。懐かしくもちょっぴり切ない陽性のサウンドは、ホッとした安心感を与えてくれる。
13億万笑者
この世の表と裏、光と陰はほんの紙一重だと清々しいほど快活に語るロック・ナンバー。経験した者だけが知る悲喜こもごも、辛く悲しい時があるからこその喜び。野田のヴォーカルには、人生はなんて愛しいんだ! という情感があふれている。
14救世主
僕を生かしてくれる君という救世主の存在にすがり感謝する歌だが、終盤の“ほら、ほら……”のリフレインは君=“もう一人の自分”を奮え立たせるようにも聴こえる。6分超の大作となった音響系ロッカ・バラード。ノイジーにカットアウトするアウトロが鮮烈だ。
タイアップ
  • 「君と羊と青」 - NHK「2011NHKサッカー」テーマソング
アーティスト
  • RADWIMPS
    日本のロック・バンド。メンバーは野田洋次郎(vo,g,p)、桑原彰(g)、武田祐介(b)、山口智史(ds)の4名。愛称は“ラッド”。バンド名は“RAD”(=「すごい」の俗語)と”WIMP”(=「弱虫」)とを組み合わせた、“かっこいい弱虫”“……
  • 同時発売作品
    RADWIMPS / 絶体絶命 [限定]
    TOCT-27060   2,913円+税   2011/03/09 発売
    RADWIMPS / 絶体絶命 [限定]をamazon.co.jpで購入するRADWIMPS / 絶体絶命 [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するRADWIMPS / 絶体絶命 [限定]をHMV.co.jpで購入するRADWIMPS / 絶体絶命 [限定]を楽天ブックスで購入するRADWIMPS / 絶体絶命 [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    前作『アルトコロニーの定理』に次ぐ、2011年3月9日リリースの6thアルバム。チャート初登場1位を記録した人気曲「DADA」や「狭心症」「携帯電話」といったシングルを含む、全14曲を収録。ラッドの進……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015