小田和正 / どーも

はてなブックマークに追加
小田和正 / どーも
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    リトル・トーキョー / アリオラジャパン
  • 規格品番:
    FHCL-3002
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    小田和正 / どーもをAmazon.co.jpで購入する小田和正 / どーもを@TOWER.JPで購入する小田和正 / どーもをHMV.co.jpで購入する小田和正 / どーもを楽天ブックスで購入する小田和正 / どーもをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
『オリコン』週間アルバム・チャート1位の最年長記録保持者らしい貫禄たっぷりで濃密な6年ぶりのオリジナル作。全10曲中8曲がドラマや映画主題歌などのタイアップというのもすさまじく、いずれもフックの利いたメロディを持っているのはさすが。アレンジも精密で安心して聴けます。
ガイドコメント
オリジナルとしては『そうかな〜相対性の彼方〜』以来約6年ぶりとなる、2011年4月20日発表のアルバム。「今日も どこかで」「さよならは 言わない」「グッバイ」のシングルや映画、CMタイアップなど、話題の楽曲がズラリとそろった超充実作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2011/4/18)  ⇒  21位 (4/25)  ⇒  30位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2011/4/18)  ⇒  20位 (4/25)  ⇒  13位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2011/4/18)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2011/4/18)  ⇒  10位 (4/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2011/4/18)  ⇒  6位 (4/25)  ⇒  4位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2011/4/18)  ⇒  8位 (4/25)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2011/4/18)  ⇒  10位 (4/25)  ⇒  7位 (5/2)  ⇒  15位 (5/9)
収録曲
01君のこと
穏やかなアコースティック・ギターのアルペジオが印象的なミディアム・チューン。“僕らと呼べる君”への想いを綴る歌詞は思わせぶりな内容だ。極力抑えられた弾き語りのようなサウンドにより、小田の優しい歌声がじんわりと胸に沁みる。
02グッバイ
TBS系ドラマ日曜劇場『獣医ドリトル』主題歌起用のシングル。パーカッションとアコギによるイントロから徐々に盛り上がりを見せるドラマティックなポップ・チューンだ。佐藤竹善と大橋卓弥参加のコーラスが良いアクセントになっている。
03若葉のひと
ピアノを中心にストリングスやギターのアンサンブルが美しいミディアム・バラード。“何度も 何度も 君に恋をする”と初々しい片思いの恋模様を綴る。メインとは別の旋律となるコーラスで曲に広がりを持たせる、小田和正ならではの妙技が秀逸。
04hello hello
ストリングスとハープの温かい音色が心地よいミディアム・バラード。明日になればいくつもの夢が待っているから元気を出して、と一言ずつ語りかけるような歌唱で優しく包み込む。映画『ロック〜わんこの島〜』主題歌。
05誰れも どんなことも
流れゆく時間を歌ったシリアスなミッド。“いいことも悪いことも”つかの間の出来事だ、と綴る姿はどこか哀愁を感じさせる。決して音数は多くないものの、隙のないアンサンブルで分厚さを感じさせるアレンジが見事。
06こたえ
“どうして こんなに 切ないんだろう”のフレーズが印象的な、映画『ジーン・ワルツ』主題歌として書き下ろされたミディアム・バラード。小田の澄んだ歌声と根本要(スターダスト・レビュー)、松たか子ら参加のコーラスで豊かな表情を与えている。
07やさしい雨
TBS系ドキュメンタリー番組『夢の扉+』テーマ曲起用のポップ・チューン。力強く爽やかなサウンドに伸びやかな歌声がピッタリの、小田の真骨頂ともいえる楽曲だ。君の心の中に“やさしい雨”が降るように願う、と大切な人への想いを綴る。
08さよならは 言わない
ピアノを中心にストリングスやオーボエの優しい音色でドリーミーなサウンドを作り上げる27thシングル。離れてしまった君との思い出を振り返りながらも、“さよならは 言わない”と綴る歌詞が感動的。フジテレビ系ドラマ『トライアングル』主題歌。
09今日も どこかで
フジテレビ系『めざましテレビ』2008年度テーマ・ソング起用の、朝にピッタリの爽やかな26thシングル。“誰かがいつも君のこと想ってる”と、かけがえのない人との大切なつながりを描く。ラストの合唱が深く胸に沁みる。
10東京の空
フジテレビ系ドラマ『それでも、生きていく』主題歌起用のバラード。ピアノの弾き語りスタイルによるシンプルなサウンドが小田の澄んだ声をより際立たせている。自分の生きてきた道を振り返りながら、いちばん大切なものは今も君の笑顔だと優しく歌い上げる。
タイアップ
  • MAX FACTOR「フェイスフィニティ スノー パウダー UV」TV-CMソング
  • 「hello hello」 - 東宝「ロック〜わんこの島〜」主題歌
  • 「こたえ」 - 東映「ジーン・ワルツ」主題歌
  • 「さよならは 言わない」 - フジテレビ「トライアングル」主題歌
  • 「グッバイ」 - TBS「獣医ドリトル」主題歌
  • 「今日も どこかで」 - フジテレビ「めざましテレビ」テーマソング
  • 「今日もどこかで」 - ポーラ化粧品TV-CMソング
  • 「東京の空」 - フジテレビ「それでも、生きてゆく」主題歌
アーティスト
  • 小田和正
    1947年9月20日生まれ、神奈川県横浜市出身のシンガー・ソングライター。東北大学工学部、早稲田大学理工学部建築科修士課程卒。66年に鈴木康博とオフコースを結成し、70年にシングル「群衆の中で」でデビュー。「愛を止めないで」「さよなら」「Y……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015