aiko / 恋のスーパーボール / ホーム

はてなブックマークに追加
aiko / 恋のスーパーボール / ホーム
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ポニーキャニオン
  • 規格品番:
    PCCA-03739
  • 価格:
    1,320 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    aiko / 恋のスーパーボール / ホームをAmazon.co.jpで購入するaiko / 恋のスーパーボール / ホームを@TOWER.JPで購入するaiko / 恋のスーパーボール / ホームをHMV.co.jpで購入するaiko / 恋のスーパーボール / ホームを楽天ブックスで購入するaiko / 恋のスーパーボール / ホームをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
弾みながらあちこちに飛んで行く気分を歌った「恋のスーパーボール」はカルピスウォーターCM曲。80年代ガール・ポップ風の、カラフルなメロディ&アレンジがいい。転調からマイナーになるサビが印象的な「ホーム」、胸に迫るピアノ・バラードの「いつもあたしは」。モノローグ色の強い3曲、いずれも佳品。
ガイドコメント
2011年5月11日リリースの、「向かいあわせ」に続く通算28枚目のシングル。「カルピスウォーター」CMソング「恋のスーパーボール」と映画『阪急電車 片道15分の奇跡』主題歌起用の「ホーム」の両A面という話題作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    4位 (2011/5/9)
収録曲
01恋のスーパーボール
「カルピスウォーター」CMソングとなった28thシングル。思わずにやけてしまうトキメキが伝わる爽やかなポップ・サウンドをバックに、幸せに嬉しい悲鳴をあげるaikoが愛らしい。“今夜をあげる”の大胆発言も微笑ましいハピネスに満ちている。
02ホーム
映画『阪急電車 片道15分の奇跡』主題歌起用の28thシングルは、阪急電車に思い入れが深いaikoによる書き下ろし。ホームから見てきた季節の移ろいを通じて大切な人への想いを綴る、心躍るビートとセンチメンタルな旋律が魅力の甘酸っぱいアッパー・ポップだ。
03いつもあたしは
大好きな人への胸に詰まるほどの想いを独白したミディアム・スロー・バラード。清らかなピアノと温かいオルガンの彩りの異なる鍵盤に支えられながら、傍にいられるだけで“いつもあたしは”幸せなんだとつぶやく。涙腺を刺激する切なくも優しいメロディと歌唱が秀逸。
04恋のスーパーボール (instrumental)
05ホーム (instrumental)
仕様
初回のみカラートレイ
タイアップ
  • 「ホーム」 - 東宝「阪急電車 片道15分の奇跡」主題歌
  • 「恋のスーパーボール」 - カルピス「カルピスウォーター」TV-CMソング
封入特典
  • 8Pブックレット(初回のみ)
アーティスト
  • aiko
    1975年11月22日生まれ、大阪府吹田市出身のシンガー・ソングライター。ラジオパーソナリティなどの活動を経て、97年12月にアルバム『astral box』でデビュー。翌年のシングル「あした」でメジャーへ進出。等身大の心情を綴った詞とポッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015