サカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]

はてなブックマークに追加
サカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]
CD
限定
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-36645
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    サカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]をAmazon.co.jpで購入するサカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]をHMV.co.jpで購入するサカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]を楽天ブックスで購入するサカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]を@TOWER.JPで購入する
    サカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]を山野楽器で購入するサカナクション / 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
少しひねくれたエレクトロ・サウンドに人懐っこいメロディ、文学的な詞世界を武器にするロック・バンドの5枚目のシングル。うねるベースと軽快な四つ打ちリズムの推進力を、詞でスマートなダンス・ミュージックにまとめあげるセンスに脱帽。砂原良徳による「ライトダンス」のリミックスも収録。
2011年7月20日リリースとなる5thシングル。前作「ルーキー」でロックとダンスを融合させて新境地を開いた彼らが、文学性の高い詞と独創性あふれる圧倒的なサウンドでさらなる高みへと駆け上がる。サカナクションの魅力が詰まった注目作だ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    1位 (2011/7/18)  ⇒  6位 (7/25)  ⇒  17位 (8/1)
トラックリスト
01『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
東進ハイスクールCMソング起用の5thシングル。ゴスペルのようなコーラス、エレクトロ・サウンドから一気にバンド・サウンドへと展開するアレンジ、タイトルにもあるバッハの旋律をフィーチャーするなど、彼らの探求心と音楽性が現れたキラー・チューンだ。
02years
5thシングルのカップリング。アンビエント風のテイストを持つ、3拍子で展開するエレクトロ。この先待ち受ける時代の泥が、はさみが僕たちを傷付けたとき、君のことを思い出してもいいかい? と、希望の光を灯すような歌詞が響く。
03ライトダンス (YSST Remix 2011:Yoshinori Sunahara)
仕様
CDエクストラ内容:Lyric-motion
タイアップ
  • 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」 - ナガセ「東進ハイスクール」TV-CMソング
  • 「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」 - エムティーアイ「music.jp」TV-CMソング
封入特典
  • 歌詞
  • サカナクション
    北海道・札幌出身のロック・バンド。メンバーは山口一郎(vo,g)、岩寺基晴(g)、草刈愛美(b)、岡崎英美(key)、江島啓一(ds)の5名。バンド名は“魚”と“アクション”を組み合わせた造語から。2005年に始動し、2007年にアルバム『……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015