東京事変 / 大発見

はてなブックマークに追加
東京事変 / 大発見
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-27070
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    東京事変 / 大発見をAmazon.co.jpで購入する東京事変 / 大発見をHMV.co.jpで購入する東京事変 / 大発見を楽天ブックスで購入する東京事変 / 大発見を@TOWER.JPで購入する
    東京事変 / 大発見を山野楽器で購入する東京事変 / 大発見をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
前作『スポーツ』(2010年)で獲得した圧倒的な肉体性を武器にして、さらなる音楽的発見を追求した5枚目。ロック、ジャズ、シャンソン、ラテンといったカラフルな音楽性はさらに広がりを増し、卓越したテクニックを持つメンバーたちの交歓的なセッションも向上。何度聴いてもハッとさせられる充実作だ。
東京事変の通算5枚目となるアルバム。タイトルの“大発見”を制作コンセプトに、メンバー各々が未だ見せぬ引き出しを開けることにトライした。シングル曲「空が鳴っている」「女の子は誰でも」などを収めた、ヴァラエティ豊かな一枚。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  3位 (7/4)  ⇒  12位 (7/11)  ⇒  15位 (7/18)  ⇒  23位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  2位 (7/4)  ⇒  8位 (7/11)  ⇒  11位 (7/18)  ⇒  15位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  3位 (7/4)  ⇒  7位 (7/11)  ⇒  5位 (7/18)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  2位 (7/4)  ⇒  5位 (7/11)  ⇒  7位 (7/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  3位 (7/4)  ⇒  9位 (7/11)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2011/6/27)  ⇒  2位 (7/4)  ⇒  7位 (7/11)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2011/6/27)  ⇒  3位 (7/4)  ⇒  8位 (7/11)  ⇒  7位 (7/18)  ⇒  10位 (7/25)  ⇒  18位 (8/1)
トラックリスト
01天国へようこそ (For The Disc)
オダギリジョー、栗山千明主演のテレビ朝日系ドラマ『熱海の捜査官』主題歌用に書き下ろされた楽曲の別ヴァージョン。椎名林檎お得意の半音で動くメロディと大きなテンポの中で細かく刻む浮雲のギター・プレイが独特な空気を作り上げる。詞も日本語になっている。
02絶対値対相対値
刄田綴色のテクニカルかつ力強いドラミングが際立つワイルドなロック・チューン。“茶禅一致で挙国一致よ 日本はここぞ天晴れ”と詰め込み気味に乗せていく言葉のセンスはさすが。コーラスを使いプログレ風に展開するブリッジも新鮮で面白い。
03新しい文明開化
爽快に突き抜けるメロディ・ラインと疾走感のあるサウンドで展開する、ポップでロックなキラー・チューン。全体的に王道よりのアレンジながらも、ギター・ソロをはじめ随所に手癖のようなフックが用意されている。東京メトロCMソング。
04電気のない都市
伊澤一葉作曲のバラード。ピアノと歌による穏やかな始まりから徐々に盛り上がり、感動的な大サビを経てラストはまたピアノ一本で終わるというドラマティックな展開が秀逸。“僕ら生きているよ密かに”と痛切に歌う林檎の歌唱も印象的だ。
05海底に巣くう男
亀田誠治の印象的なベース・リフで幕を開ける、ブルース色が強く出たロック・ナンバー。浮雲が作詞作曲を手がけた作品で、“アナタは敏腕”というフレーズが印象的なサビをはじめ、言葉のノリかたが絶妙。セクシーな林檎の歌唱の魅力が際立つ。
06禁じられた遊び
緊張感あふれるサウンドと意表をつくアレンジなど、東京事変の特長が現れたロック・チューン。エコーの効いたヴォーカルと空間的なアプローチから、サビで一気に爆発する。“宵闇は片袖を逃げだす露玉匿った”と、美しい言葉で許されぬ恋を綴る歌詞も魅力的。
07ドーパミント! (BPM103)
江崎グリコ『ウォータリングキスミント』CMソングをBPM(曲の速さ)を落として収録。ジャズ・テイストを押し出したクールなナンバーに生まれ変わっている。よどみなく展開しつつ、随所に見せるフレーズに各メンバーの技量の高さがうかがえる。
08恐るべき大人達
亀田誠司×椎名林檎による共同制作曲。ギターのカッティングやキーボードの音色に英語詞もあいまっての、80年代AORを想い起こさせるような洗練されたアレンジが印象的なポップスだ。タイトルはジャン・コクトーの小説『恐るべき子供たち』からか。
0921世紀宇宙の子
爽やかなメロディと疾走感のあるバンド・サウンドが心地よいロック・チューン。新しい世代を生きる君に対して、“独り言を口ずさもう一緒に”と独特の表現で背中を押す歌詞が心を打つ。ストレートなアレンジもかえって新鮮だ。
10かつては男と女
アンビエントなキーボードによるイントロから一転、洗練されたゆったりめのバンド・サウンドへと展開するポップ・ナンバー。最小限の音数ながらしっかりとビートを打ち出すアンサンブルの妙を聴かせる技術はさすが。私小説風の歌詞が印象的。
11空が鳴っている
作詞椎名林檎、作曲亀田誠治による江崎グリコ『ウォータリングキスミント』CMソング起用の7thシングル。かき鳴らすギターのイントロから緊張感を含みつつ走るサウンドに、若干抑え目のヴォーカルを乗せるクールなロック・チューンだ。
12風に肖って行け
浮遊感のある始まりから、ヘヴィなサウンドと不思議なメロディ、そして浮雲が奏でる変態的なギター・ソロへとスリリングかつ自由に展開するナンバー。伊澤一葉のコードワークとバンドの編曲能力の高さで見事にまとめあげている。
13女の子は誰でも
資生堂『マキアージュ』CMソングの7thシングル。編曲を服部隆之が手がけ、東京マジカルビッグバンドが参加したビッグバンド・ジャズ風ナンバーだ。“女の子は誰でも魔法使いに向いている”の歌詞にピッタリの、キュートできらびやかなサウンドが楽しい。
14天国へようこそ (For The Tube)
テレビ朝日系ドラマ『熱海の捜査官』主題歌用に書き下ろされた楽曲。ドラマの世界を見事に切り取ったような不穏な雰囲気をまといつつ始まり、後半に進むにつれ狂気を帯びたように激しいサウンドへと変化する圧巻の展開。林檎の歌唱も圧倒的だ。
(14)ボーナストラック
仕様
初回のみ大発見スリーブケース仕様
タイアップ
  • 「空が鳴っている」 - グリコ「ウォータリングキスミントガム」TV-CMソング
  • 「女の子は誰でも」 - 資生堂「マキアージュ」TV-CMソング
  • 「新しい文明開化」 - 東京メトロ(東京地下鉄)TV-CMソング
  • 「天国へようこそ」 - テレビ朝日「熱海の捜査官」主題歌
  • 東京事変
    椎名林檎を中心に結成された5人組のロック・バンド。2004年9月にシングル「群青日和」でデビュー。その後、椎名林檎がソロでは体現できないバンド・サウンドを追求しながら、アルバム『教育』(2004年)、『大人(アダルト)(2006年)』、『娯……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015