ナオト・インティライミ / 君に逢いたかった

はてなブックマークに追加
ナオト・インティライミ / 君に逢いたかった
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサル シグマ
  • 規格品番:
    UMCK-5349
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ナオト・インティライミ / 君に逢いたかったをAmazon.co.jpで購入するナオト・インティライミ / 君に逢いたかったをHMV.co.jpで購入するナオト・インティライミ / 君に逢いたかったを楽天ブックスで購入するナオト・インティライミ / 君に逢いたかったを@TOWER.JPで購入する
    ナオト・インティライミ / 君に逢いたかったを山野楽器で購入するナオト・インティライミ / 君に逢いたかったをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
メジャーでは7枚目となる男性ソロ・シンガーのシングル。前作「Hello」に引き続き、レミオロメンの前田啓介がベース・プレイヤーとして参加。カップリング曲ともに四家卯大によるドラマティックなストリングス・アレンジが光る。2010年のヒット曲「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」のニュー・ヴァージョンも収録。
前作「Hello」以来約6ヵ月ぶりとなる、2012年2月8日リリースの7thシングル。「君に逢いたかった」に加え、カップリングには第90回全国高校サッカー選手権大会応援歌となった「Message」を収録している。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    11位 (2012/2/6)
トラックリスト
01君に逢いたかった
ニッセンのCMソングに起用された7thシングルは、春っぽい装いのミディアム・アップ。ナオトとともに川村結花が作詞に参加しており、運命的な出会いを果たした君へのまっすぐな想いを甘めのヴォーカルで伝えている。
02Message
ピアノとストリングスが絡むハートウォームなサウンドをバックに、エモーショナルな歌声を響かせたドラマティックなナンバー。“一度しかないこの人生 いつかじゃなくていま頑張れ”、ずしっと心に響くメッセージをイヤみなく伝える表現力はさすが。
03タカラモノ〜この声がなくなるまで〜 (Chill Out ver.)
04君に逢いたかった (KARAOKE)
05Message (KARAOKE)
タイアップ
  • 「Message」 - 日本テレビ「第90回全国高校サッカー選手権大会」応援歌
  • ナオト・インティライミ
    8月15日、三重県生まれ、千葉県育ちのシンガー・ソングライター。名前の“インティライミ”は南米インカの言葉で“太陽の祭り”の意。世界28ヵ国を515日間かけて一人で渡り歩きながら各地でライヴを行ない、世界の音楽と文化を体感。2010年4月に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』
[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る
[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』
[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015