ナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
ナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]
CD
限定
DVD付
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ユニバーサル シグマ
  • 規格品番:
    UMCK-9476
  • 価格:
    3,619 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]をAmazon.co.jpで購入するナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]を@TOWER.JPで購入する
    ナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入するナオト・インティライミ / 風歌(かざうた)キャラバン [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
前作『ADVENTURE』に続く3rdアルバム。マツダ「デミオ」CMソング「Hello」、「ニッセン2012春」CMソング「君に逢いたかった」、フジテレビ系『めざにゅ〜』テーマ曲「ガムシャララ」ほか、話題曲満載の充実作。
トラックリスト
[Disc 1]
01Yeah!
3rdアルバム『風歌キャラバン』のオープニングを飾るEDMテイストのアップ・チューン。“Are you ready?”の煽りとカウントダウンから、くだらないことは忘れて朝まで盛り上がろう歌うライヴ向きのアレンジに心が弾む。
02君に逢いたかった
ニッセンのCMソングに起用された7thシングルは、春っぽい装いのミディアム・アップ。ナオトとともに川村結花が作詞に参加しており、運命的な出会いを果たした君へのまっすぐな想いを甘めのヴォーカルで伝えている。
03ガムシャララ
サーフっぽい雰囲気を醸し出す小気味よいアコースティック・ギターのオープニングから、ブラスを配したどこまでもポップなサウンドで突き進むアッパー・チューン。“ガムシャララ”に生きていくためのポジティヴなメッセージが背中を押してくれる。
04起志快晴
スキマスイッチの常田真太郎が作詞に参加、ナオトらしい当て字のタイトルが印象的なクラブ・レゲエ・テイストの激アッパー・ナンバー。つめこみ気味の歌詞を早口に歌う勢いのあるヴォーカル、コール&レスポンスでぶち上げる夏にピッタリなアレンジが熱い。
05Que sera sera
ミニー・リパートン「ラヴィン・ユー」を想起させるような、スウィートなギターのアルペジオが印象的なR&Bテイストのナンバー。早口でまくし立てるような歌唱との対比がおもしろい。ほぼ全編にわたって英詞で綴られた歌詞も新鮮だ。
06Let me…
スパニッシュなアレンジを軸に濃厚な世界を描き出したナンバー。歌詞はナオトの魅力のひとつであるセクシーなテイストが全開。ハイとローを巧みに使い分けたヴォーカルや吐息を忍び込ませるなど、細やかな仕掛けで色気を存分に披露している。
07トリステーザ
JAMOSAに提供(自身も参加)した楽曲のセルフ・カヴァー。スペイン語やポルトガル語で“悲しみ”を意味するタイトルのとおり、スパニッシュな雰囲気を隠し味にした切ないサウンドをバックに、悲しくも前向きな別れを歌い上げる。
08Message
ピアノとストリングスが絡むハートウォームなサウンドをバックに、エモーショナルな歌声を響かせたドラマティックなナンバー。“一度しかないこの人生 いつかじゃなくていま頑張れ”、ずしっと心に響くメッセージをイヤみなく伝える表現力はさすが。
09はなうたキャラバン
小山晃平の編曲で温かなサンバ・テイストに仕立て上げたポップ・ナンバー。アレンジもメロディもシンプルゆえに心地よく、ラストの“La la la la……”のリフレインとナオトのスキャットが織りなすピースな雰囲気は格別。
10Hello
マツダ「デミオ」CMソングに起用された6thシングル。優しく心に響くメロディとストリングスを効果的に用いたスケール感のあるサウンドとの相性は抜群だが、必要以上に感傷的にしないのがナオト流。大切な君へのメッセージを絶妙な温度で描き出す。
11こころことば
アコースティックで素朴なサウンドが魅力的な2分ちょっとの小品。支えてくれた仲間への感謝の言葉を並べるが、“ホントは思いつくまま名前を並べたいけど歌が短いんだ”と照れ隠しのようなユーモアをサラリと忍び込ませるセンスがニクい。
12愛してた
ピアノやストリングスで彩った感動的なサウンドとそれに負けぬ歌の魅力がたっぷりと詰まった、正統派のミディアム・バラード。“好き同士”なのに迎えることとなってしまった別れを悲しみつつ、しっかりと感謝の言葉で締める愛の深さが胸に響く。
[Disc 2]〈DVD〉〈MUSIC VIDEO〉
01Hello
02君に逢いたかった
03愛してた
〈Live at 両国国技館〉
04Brave
05今のキミを忘れない
06タカラモノ〜この声がなくなるまで〜
録音
[2] (4)〜(6)2011.7
タイアップ
  • 「Message」 - 日本テレビ「第90回全国高校サッカー選手権大会」応援歌
  • ナオト・インティライミ
    8月15日、三重県生まれ、千葉県育ちのシンガー・ソングライター。名前の“インティライミ”は南米インカの言葉で“太陽の祭り”の意。世界28ヵ国を515日間かけて一人で渡り歩きながら各地でライヴを行ない、世界の音楽と文化を体感。2010年4月に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015