きゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]

はてなブックマークに追加
きゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    unBORDE
  • 規格品番:
    WPCL-11234
  • 価格:
    1,905 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    きゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]をAmazon.co.jpで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]をHMV.co.jpで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]を楽天ブックスで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]を@TOWER.JPで購入する
    きゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]を山野楽器で購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ぱみゅぱみゅレボリューション(子供たちの味方プライス) [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
青文字系モデルから原宿のアイコンへと飛躍した、きゃりーの1stアルバム。世界各国で絶賛された「PONPONPON」や「つけまつける」、「an」CMソング「きゃりーANAN」ほか全12曲を収録。プロデュースは中田ヤスタカ(capsule)。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    19位 (2012/11/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    8位 (2012/11/5)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01ぱみゅぱみゅレボリューション
マーチングバンド風のイントロが愉快な、1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』の冒頭を飾る約1分と短いイントロダクション。歌詞は“らんらんらんらん”のみだが、その歌声が好奇心いっぱいのいたずらっこのようなキュートさで、たまらない。
02つけまつける
代表曲にしてヒット・チューン。「つけまつける」というタイトル然り“付けるタイプの魔法”など、ユーモラスなフレーズも話題となったが、この歌詞と中田ヤスタカによる中毒性の高いメロディが融合、結果、何度でも聴けてしまう。豆しぱみゅぱみゅCMソング。
03PONPONPON
デビュー・ミニ・アルバム『もしもし原宿』のリード曲にしてバンタンCMソングに起用のポップ・チューン。海外でも話題となった、タイトル然り、ユーモラスな日本語未満の歌詞とメロディがクセになる、ヘヴィロテ確実の名曲だ。
04みんなのうた
幼稚園のおゆうぎにもぴったりの、手をたたいてリズムを楽しむサンバやスカを取り入れたポップ・チューン。アコーディオンやホーン、ボンゴなどさまざまな楽器がどんどん足されてにぎやかになっていくさまが楽しい。
05きゃりーANAN
本人出演の求人情報サービス「an」CMソングに起用の“労働讃歌”。欲しいもののために働く、というシンプルな欲求をストレートな歌詞にした最高にポジティヴなポップ・チューン。これを聴きながら部屋の掃除をしたらいつも以上にはかどりそう。
06CANDY CANDY
4つ打ちのリズムとちょっぴり切ないメロディが心地よい、色とりどりのキャンディの画が浮かぶカラフルなポップ・チューン。サビの、呪文のように無機質に“CANDY”を連呼する歌声が妙にクセになってしまうこと必至。
07Drinker
19歳でまだお酒を飲めないきゃりーぱみゅぱみゅの、お酒を飲む人たちに対する憧れや不思議を中田ヤスタカが詞にしたキュートなポップ・チューン。ロマンティックかつ弾むようなメロディのポップ・チューンに仕上がっている。
08おねだり44℃
どうしても学校に行きたくないから体温計をわざと上げたら44度になってしまったという、ドジっ子な歌詞をコミカルに仕上げたドラマティックで楽しいポップ・チューン。本人出演のケンタッキー「クラッシャーズ」CMソング。
09スキすぎてキレそう
アルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』随一のラヴ・ソング。倦怠期を迎えすれ違いがちながらも彼氏が大好きだという気持ちを綴った歌詞と切ないメロディが絶妙にマッチしている。4つ打ちのリズムはドキドキする心臓の音に重なる。
10ぎりぎりセーフ
“原宿系のカリスマ”と呼ばれるきゃりーぱみゅぱみゅの、原宿を舞台にした歌。おしゃれな子たちでいっぱいの原宿に向かうワクワク感と遅刻しないかドキドキしている気持ちがない交ぜになった、ティーンのためのポップ・チューン。
11おやすみ
アルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』の終盤を飾る、映画でいうところのエンドロールにふさわしいような、ピアノを基調としたシンプルな演奏のワルツ。ライヴでも最後に歌われる、“一度さよなら、また会おうね”というメッセージが込められた歌だ。
12ちゃんちゃかちゃんちゃん
1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』の最後の曲。しっとりとした前曲「おやすみ」がラストだと思わせながら(?)、そうはいかず明るいナンバーで終わるのがきゃりー流。収録曲のメドレーをインストで挟みつつ“see you again”と歌っている。
タイアップ
  • 「PONPONPON」 - 西武鉄道「SEIBU KPP TRAIN」TV-CMソング
  • 「きゃりーANAN」 - パーソルキャリア「an」TV-CMソング
アーティスト
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
    1993年1月29日生まれ、東京都出身のモデル/歌手。正式フルネームは“きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ”。高校時代に“青文字系”モデルとしてデビュー。キュートなルックスとユニークなキャラクターで人気を集める。2011年に「……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015