ももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよ

はてなブックマークに追加
ももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    スターチャイルド
  • 規格品番:
    KICM-1428
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよをAmazon.co.jpで購入するももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよをHMV.co.jpで購入するももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよを楽天ブックスで購入するももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよを@TOWER.JPで購入する
    ももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよを山野楽器で購入するももいろクローバーZ / サラバ、愛しき悲しみたちよをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』主題歌を表題曲にしたシングル。作曲と編曲を布袋寅泰が手がけた、重低音の利いたベース・ラインとエモーショナルなギターの音色が冴えた疾走感あふれるロック・チューンだ。カップリングの「黒い週末」は畳み掛けるようなラップが爽快感抜群!
2012年11月21日リリースのメジャー9thシングル。「サラバ、愛しき悲しみたちよ」の作編曲は布袋寅泰。日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』主題歌で、天使と悪魔が表裏一体となったようなミステリアスな世界観が楽しめるロック・チューンだ。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    6位 (2012/11/26)  ⇒  17位 (12/10)  ⇒  11位 (12/24)
トラックリスト
01サラバ、愛しき悲しみたちよ
日本テレビ系ドラマ『悪夢ちゃん』主題歌に起用された、2012年11月リリースの9thシングル。布袋寅泰が作編曲を手がけ、ギターでも参加。悪魔の声と天使の声が交錯するような歌詞が印象的な、ドラマティックなロック・チューンだ。
02黒い週末
和嶋慎治(人間椅子)のエモーショナルなギター・ソロ、重低音を効かせたベース・ラインにシビれること必至のロック・チューン。日々何かといつも戦っている現代人へのメッセージが込められた、ファイトが沸いてくる楽曲に仕上がっている。
03Wee-Tee-Wee-Tee
早口のラップのように歌うヴォーカルやヴォコーダーを使用するなど、目まぐるしく変化する歌に魅了される、疾走感あふれるハイテンポのポップ・チューン。擬音や擬声語を多用した言葉遊びのようなユーモラスな歌詞もキュートだ。
04サラバ、愛しき悲しみたちよ (off vocal ver.)
05黒い週末 (off vocal ver.)
06Wee-Tee-Wee-Tee (off vocal ver.)
タイアップ
  • 「サラバ、愛しき悲しみたちよ」 - 日本テレビ「悪夢ちゃん」主題歌
  • ももいろクローバーZ
    日本のガールズ・ユニット。愛称は“ももクロ”。2008年に結成し、翌年にシングル「ももいろパンチ」でデビュー。2010年のシングル「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーへ進出し、その後“ももいろクローバー”から改名。男女別限定ライヴなどの斬新な企……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015