FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5

はてなブックマークに追加
FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    DREAMUSIC
  • 規格品番:
    MUCD-1270
  • 価格:
    2,900 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    FUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5をAmazon.co.jpで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5を@TOWER.JPで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5をHMV.co.jpで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5を楽天ブックスで購入するFUNKY MONKEY BABYS / ファンキーモンキーベイビーズ5をTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
おなじみ2MC、1DJの3人組による5枚目のアルバム。ヒップホップを取り入れた元気系J-POPというべきスタイルで、徹底してポジティブなリリックをエモーショナルなヴォーカルで歌い、アッパーからセンチメンタルまで多様な曲を聴かせる。華やかなパーティ・アルバムの趣。
ガイドコメント
2012年12月26日リリースの5thアルバム。フジテレビ系ドラマ『早海さんと呼ばれる日』主題歌「この世界に生まれたわけ」や「LIFE IS A PARTY」「サヨナラじゃない」といったシングルを含む、2012年を締めくくる注目作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2012/12/24)  ⇒  28位 (12/31)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    3位 (2012/12/24)  ⇒  17位 (12/31)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2012/12/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2012/12/24)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2012/12/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2012/12/24)  ⇒  10位 (12/31)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2012/12/24)  ⇒  8位 (12/31)
収録曲
01Say!Joy!
スカのフレイヴァも忍ばせた爽快に突き抜けるアッパー・チューン。ポップなメロディに乗せて君との“ワンナイトパーティー”を歌ったキラー・チューンだが、“Say!Joy!”“Kick!Joy!”など多くは説明できないフレーズもたっぷり。
02LIFE IS A PARTY
“ビリー隊長”がジャケを飾った19thシングル。デヴィッド・ゲッタよろしく図太いシンセのフレーズが支配するド直球のEDMナンバーで、ラテンのテイストも含ませたゴキゲンなサウンドに乗せて、“一度限りの人生”を楽しむべく背中を押してくれる。
03夢で逢えたら〜I'm feelin'you〜
バラードとしても通用しそうなスケールの大きなメロディを、EDMテイストのサウンドで強気にコーティングしたアップ・チューン。離ればなれになってしまった君とせめて夢で逢えたら……シンプルな願いだけに、強く心に響く。
04この世界に生まれたわけ
“あなたとなら”の歌いだしから一気に心を掴まれる、フジテレビ系ドラマ『早海さんと呼ばれる日』主題歌の18thシングル。“この世界に生まれたわけ”を分かち合うことのできるあなたへの感謝と愛をひたすらにまっすぐ綴った歌詞が感動的だ。
05サヨナラじゃない
内村光良が監督を務めた映画『ボクたちの交換日記』主題歌の20thシングル。美しいアコギのアンサンブルをバックに、焦燥感を煽るような4つ打ちのビートで走るアップ・チューンで、未来に向かう力を与えてくれるファンモンらしいナンバーだ。
06幸せを抱きしめよう
君が愛されているのは、いつの日か誰かを真直ぐに愛してあげたから……。ゆったりとしたレゲエのビートに乗せて生きる喜びを歌ったハートウォームなミディアム・チューン。大切な人に語りかけるようなヴォーカルが心地よい。
07街中でケンカしてるカップルを見かけると大抵女性が怒ってる
派手なブラスとベンチャーズ風のギターを効かせた歌謡曲テイストのロックンロール・チューン。誰でも一度は経験があるような女性の理不尽な怒りを綴っており、男たちに“わかる!”と思わせたところでまさかの裏切り。……ズルい。
08Journey
バンジョーやフィドル、アコーディオンなどを用いたケルト・サウンドに胸が躍るポップ・チューン。一度限りの人生を旅にたとえ、バックパッカーのように自由に歩いていこうと歌う。大事なメッセージを鼻歌交じりで伝える軽さが肝だ。
09WE ARE FUNKY MONKEY BABYS
直球のタイトルを冠したファンモンのテーマ・ソング。クラブ・レゲエ系のアッパーなビートに乗せて、コール&レスポンスにピッタリなフレーズも織り交ぜつつ、彼らが歩んできた歴史や“BABYS”へのメッセージを込めた、笑って泣けるナンバーだ。
10いいんじゃない
立ち向かっていくことばかりが正解じゃない、後ずさりしてみるのもいいんじゃない……。誰もがかけてほしい言葉をサラリと言ってのける姿に心が温まる。胸に響くメッセージを伝えつつ、感傷的になりすぎず踊れるサウンドに仕立てるセンスも絶妙。
11走りだそう
agehasprings田中隼人ならではのどこまでも爽やかなサウンドをバックに、“未来のための今”を大切に、という普遍的なメッセージを優しく歌い上げる。つめこみ気味にリリックをのせた高速ラップの疾走感も心地よい。
12最後の人
何度も傷つけてきた“最後の人”へ向けて、永遠の愛を誓うミディアム・バラード。アコースティック・ギターを中心とした奥行きのあるサウンドとはミスマッチとも思える力強いビートが、まっすぐな決意のようなものを感じさせる。
13夏の終わりに
ピアノとアコースティック・ギター、そしてストリングスで練り上げたドラマティックなサウンドが“夏の終わり”のどこか切ない雰囲気を作るミディアム・バラード。目の前に鮮やかな映像が浮かんでくるようなリリックも見事のひと言。
14PSYレントジェラシー
“八王子ファミリー”が作詞(?)作曲からプロデュースまでを手がけたインストゥルメンタル。彼らにとって最後のオリジナル・アルバム、さらにそのラストのナンバーでバッキバキのクラブ・ミュージックを聴かせる天邪鬼ぶりがたまらない。
アーティスト
  • FUNKY MONKEY BABYS
    2004年、東京・八王子市で結成された日本の音楽ユニット。メンバーはファンキー加藤(vo)、モン吉(vo)、DJケミカル(DJ)の3名。愛称は“ファンモン”。2005年、ケツメイシがパーソナリティを務めるFM番組のデモテープ・コンテストで準……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015