「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ's

はてなブックマークに追加
「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ's
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    アニメーション
  • レーベル:
    ランティス
  • 規格品番:
    LACM-14064
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ
    「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ「ラブライブ! School idol project」挿入歌〜これからのSomeday / Wonder zone / μ該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
学校存続の危機を救うためアイドル活動をする女子生徒たちを描いたTVアニメ『ラブライブ!』の第6話と第9話の挿入歌をパッケージ。「これからのSomeday」から「Wonder zone」を続けて聴くと、9名となったμ'sの成長がうかがえるよう。畑亜貴の詞世界も希望に満ちた萌え仕様。
TVアニメ『ラブライブ!』に登場する美少女キャラクターを演じる声優たちで結成されたユニットのシングル。タイトル曲は、本編挿入歌の第2弾。レベルの高い音楽性とパフォーマンスで魅了する、ポップ&キュートなナンバーだ。
トラックリスト
01これからのSomeday (高坂穂乃果:新田恵海、南ことり:内田彩、園田海未:三森すずこ、星空凛:飯田里穂、西木野真姫:Pile、小泉花陽:久保ユリカ、矢澤にこ:徳井青空)
yozuca*が作曲を手掛けたポップ・チューン。軽快なバンド・サウンドを基調に、キュートな装飾音がファンタジー映画のような華やかな彩りを添える。“みんなこっちです!”“ペコります”といった、語りかけるような歌詞も楽しい。
02Wonder zone (μ's)
南ことり(CV:内田彩)がセンターを務めたナンバー。ゆったりとした導入から若干テンポ・アップしつつ、4つ打ちのリズムを基調とした力強いサウンドへと展開。“強くなれるミライ”に向かって一緒に進んでいこうというメッセージがしみる。
03これからのSomeday (Off Vocal)
04Wonder zone (Off Vocal)
タイアップ
  • 「Wonder zone」 - MX TV「ラブライブ!」第9話挿入歌
  • 「これからのSomeday」 - MX TV「ラブライブ!」第6話挿入歌
封入特典
  • μ'sのアイ活!理想のデートプランカード(全9種よりランダムで1枚)(初回のみ)
  • メディアミックス作品『ラブライブ!』に登場する国立音ノ木坂学院のスクール・アイドル・ユニットおよび同アニメの声を担当する声優ユニット。名前はギリシャ神話の女神“ムーサ”に由来。声優ユニットは新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015