崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージ

はてなブックマークに追加
崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    IMPRESSION
  • 規格品番:
    POCS-1106
  • 価格:
    2,857 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージをAmazon.co.jpで購入する崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージをHMV.co.jpで購入する崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージを楽天ブックスで購入する崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージを@TOWER.JPで購入する
    崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージを山野楽器で購入する崎谷健次郎 / 五線譜のメッセージをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
プロデューサーとしても活躍するベテラン・シンガーソングライターの12年ぶりとなるオリジナル・アルバム。バラードからミディアム・ファンクまで、バラエティ豊かで良質なメロディと、本人や松井五郎などによる苦味の効いた歌詞が巧みに溶け合ったアダルトなラブ・ソングを聴かせる。
楽曲提供や映画音楽の分野でも知られるシンガー・ソングライター、崎谷健次郎のアルバム。感動的なラヴ・バラードからエレクトロ・ファンクまで、彼の多彩な魅力が存分に堪能できる仕上がり。
トラックリスト
01五線譜のメッセージ
02HIGHER
03太陽にあふれて
04記憶の悪戯
05Tokyo Aquarium
06Starting point
07Colours of life
08すべて、ひとつの愛に
09Night Flight
10愛がことばだけではないことを
11風を抱きしめて
12森の陽は魚を映す
13Fine after rain〜雨のち晴れ〜
タイアップ
  • 「Colours of life」 - パークホテル東京「ART Colours」イメージソング
  • 「Fine after rain〜雨のち晴れ〜」 - 日本テレビ「NNN ストレイトニュース」ウェザーテーマ
  • 「Starting point」 - TBS「噂の!東京マガジン」エンディングテーマ
  • 「五線譜のメッセージ」 - ニッポン放送「Suono Dolce 「Cafe Dejeuner」」エンディングテーマ
  • 「五線譜のメッセージ」 - 日本テレビ「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」エンディングテーマ
  • 崎谷健次郎
    1962年12月30日生まれ、広島県福山市出身のシンガー・ソングライター。83年頃よりキーボード奏者として山下久美子、郷ひろみらをサポート。85年よりコンポーザーとして本格的に活動開始し、稲垣潤一、斉藤由貴、高橋真梨子、中村あゆみらに楽曲を……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015