「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ's

はてなブックマークに追加
「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ's
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    ゲーム音楽
  • レーベル:
    ランティス
  • 規格品番:
    LACM-14181
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ
    「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」〜タカラモノズ / Paradise Live / μ該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
マンガ、ラジオ、楽曲リリースなど、さまざまにメディア展開する『ラブライブ!』のヴァーチャル・アイドル・グループによる両A面シングル。ゲームのユーザーが100万人を突破したのを記念して作られたという「タカラモノズ」は勢いのあるスカ。「Paradise Live」は、明るく華やかなお別れの歌。
スマートフォン・ゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』用に制作された書き下ろしナンバーを収録。パフォーマンスを担当するのは、物語の主人公でもあるスクール・アイドル・ユニットのμ's。
トラックリスト
01タカラモノズ
スマフォ向けゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のユーザー数100万人突破記念で制作。ハッピー感満載のスカ風のリズムに乗せて、イヤなことは忘れて笑顔を取り戻そう! とエールを送る。ココロ晴れ晴れになりそうな、ジョイフルなナンバーだ。
02Paradise Live
「タカラモノズ」と両A面となったシングル。常夏なトロピカル・モード全開のダンサブルなパーティ・チューンで、“Yeah! Yeah! Yeah!”のコーラスなどチアフルな展開が次々と登場。きっと、掛け声とともに拳を高く突き上げたくなるはずだ。
03タカラモノズ (Off Vocal)
04Paradise Live (Off Vocal)
タイアップ
  • 「タカラモノズ」 - KLab「ラブライブ スクールアイドルフェスティバル」TV-CMソング
  • 「タカラモノズ」 - ブシロード「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」TV-CMソング
  • 「タカラモノズ」 - ブシロード「ラブライブスクールアイドルフェスティバル」TV-CMソング
  • メディアミックス作品『ラブライブ!』に登場する国立音ノ木坂学院のスクール・アイドル・ユニットおよび同アニメの声を担当する声優ユニット。名前はギリシャ神話の女神“ムーサ”に由来。声優ユニットは新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015