きゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじん

はてなブックマークに追加
きゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじん
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    unBORDE
  • 規格品番:
    WPCL-11926
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    きゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじんをAmazon.co.jpで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじんを@TOWER.JPで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじんをHMV.co.jpで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじんを楽天ブックスで購入するきゃりーぱみゅぱみゅ / ピカピカふぁんたじんをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
DVD付きの初回限定盤が何種かあるが、この通常盤もシングル曲やタイアップ曲がたっぷり収録されていて音楽を純粋に楽しめる。極端に凝ったプロダクションにせず、あくまでキャッチーなメロディを軸にした素直なポップ・ソングがいつになく並んでいる印象。もちろん制作は中田ヤスタカ。
ガイドコメント
前作『なんだこれくしょん』以来約1年ぶり、2014年7月9日リリースの3rdアルバム。「もったいないとらんど」「ゆめのはじまりんりん」「ファミリーパーティー」といったシングルを含む、ますます飛躍を続けるきゃりーの快進撃を実感できる一枚。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    4位 (2014/7/7)  ⇒  16位 (7/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2014/7/7)  ⇒  9位 (7/14)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2014/7/7)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2014/7/7)  ⇒  9位 (7/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2014/7/7)  ⇒  10位 (7/14)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2014/7/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2014/7/7)  ⇒  3位 (7/14)  ⇒  18位 (7/21)
収録曲
01ピカピカふぁんたじん
3rdアルバム『ピカピカふぁんたじん』の冒頭を飾るオーヴァーチュア。幻想の森を抜けていくと、そこにはマジカルなワンダーランドが広がっていた……とでもいえそうな、約1分10秒のインストゥルメンタル・トラックだ。
02きらきらキラー
au「auスマートパス」CMソングで話題のシングル。チアガール風の“L.U.C.K.”の掛け声が弱った心を元気づける、ラッキーをテーマにしたアッパー・ポップだ。“キラー”と“ラッキー”の回文的リリックと無邪気でキュートなヴォーカルが絶妙にマッチ。
03ゆめのはじまりんりん (album mix)
ねじ巻き人形をイメージさせるイントロから展開するのは、別れと新たな世界への旅立ちについて。卒業の季節にふさわしい、ほんのり切なさが漂うポップ・サウンドが胸をキュンとさせる。「CHINTAI」CMソング起用の8thシングル。
04もったいないとらんど
一瞬にしてマジカルなパレードが出現したかのような、にぎやかでカラフルなポップ・チューン。民俗舞踊風のエスニックなメロディが非日常感を演出し、祭りの後の寂しさの直前の胸の高鳴りを描く。“もったいない〜”のフックが耳に残る7thシングル。
05シリアスひとみ
“人見知り”だから”Hit on me”(私を誘って)と、シャイすぎるゆえに表情固くなってしまう女子の心情を言葉遊び巧みに描く。リズミカルなフレーズを繰り返しながら、キッチュなテクノ・ポップを展開。ダイナミックなロック・アレンジも好演出に貢献。
06do do pi do
プロデューサーの中田ヤスタカのユニット、capsuleの楽曲のカヴァー。オリジナルはパステルなキューティ・ポップ満開だったが、こちらはアグレッシヴな鍵盤を配して派手やかに。とはいえ、きゃりーのロリータ・ヴォーカルでスウィートネスも十分。
07ファミリーパーティー (album mix)
『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』主題歌へ書き下ろした9thシングル。映画の世界観に沿った家族の絆をテーマに、ピコピコとしたカラフルなサウンドを展開。エレクトロながら温もりを感じるテクノ・ポップだ。
08Ring a Bell
きゃりー初の全英語詞曲。といっても、“ベルが鳴った、スタジオに行こう、私の携帯どこ?”の繰り返し。「ジングルベル」をチラッと思わせる、マジカルでファンタジックなエレクトロ・サウンドがテーマパークのパレードのようで楽しい。
09トーキョーハイウェイ
4つ打ちでスピーディに展開するエレクトロ・ダンス・チューン。Perfume「コンピュータードライビング」風のメロディに乗せて、せわしない東京の街で過ごす時間と二人の距離についてを歌う。リズミカルなビートにフィットするきゃりーの声に不思議な近未来感が。
10こいこいこい
童謡にありそうなやわらかい言葉とファンタジックな曲調で描く、恋への憧れの歌。“こいこいこい〜”から始まるおまじないは、可愛いらしくもどこか不思議で奇妙ななムードが漂う。グリコ「アイスの実」CMソングらしく“フルーツ”“ジュースィー”といったフレーズも。
11すんごいオーラ (album mix)
リズミカルに跳ねたアイリッシュ風のサウンドをベースに展開する、陽気でほがらかなナンバー。主人公は“ちょうど”を超えて“すごーい”と言われたい女の子。一度は持つヒロイン願望を、きゃりーらしくポップに描いている。サンスター「Ora2」CMソング。
12エクスプローラー
ワクワクとドキドキを一緒に詰め込んだような、胸が高鳴るマーチングバンド風のナンバー。タイトルどおり“探検者”として人生という名の航路へとすべり出す意気込みを明るくキュートに歌う。リズミカルなドラムが勇気をくれるようだ。
タイアップ
  • 「こいこいこい」 - 江崎グリコ「アイスの実」TV-CMソング
  • 「すんごいオーラ」 - サンスター「Ora2」TV-CMソング
アーティスト
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
    1993年1月29日生まれ、東京都出身のモデル/歌手。正式フルネームは“きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ”。高校時代に“青文字系”モデルとしてデビュー。キュートなルックスとユニークなキャラクターで人気を集める。2011年に「……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015