ゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビ

はてなブックマークに追加
ゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビ
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    unBORDE
  • 規格品番:
    WPCL-11928
  • 価格:
    1,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビをAmazon.co.jpで購入するゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビをHMV.co.jpで購入するゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビを楽天ブックスで購入するゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビを@TOWER.JPで購入する
    ゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビを山野楽器で購入するゲスの極み乙女。 / 猟奇的なキスを私にして / アソビをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
男女の本音を赤裸々に描く、壇 蜜主演のきわきわTVドラマ『アラサーちゃん 無修正』のオープニング・テーマ。恋愛のさまざまな場面をモザイク状に組み合わせた言葉が、センチメンタルにひねくれながらも親しみやすいメロディに重なる。ゲスが奏でる猟奇のなんと無垢なことか。
2014年8月6日リリースとなる、ゲスの極み乙女。初のシングル。タイトル曲「猟奇的なキスを私にして」は、壇蜜主演のテレビ東京系ドラマ『アラサーちゃん 無修正』オープニング・テーマへの書き下ろし。「だけど僕は」「アソビ」をカップリングに収録。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    2位 (2014/8/4)  ⇒  7位 (8/11)  ⇒  18位 (8/18)  ⇒  15位 (9/1)  ⇒  20位 (10/13)
トラックリスト
01猟奇的なキスを私にして
テレビ東京系ドラマ『アラサーちゃん 無修正』オープニング・テーマへ書き下ろしたシングル。従来の“4つ打ち+ラップ+サビ歌メロ”という作風から飛び出したバンド・サウンド的アプローチが魅力。素直になれない気まぐれな男女の恋愛ストーリーだ。
02アソビ
キャッチーな“パラリラパラリラ Fu-Fu”のフレーズでCMでも印象に残ったシングル。タイトルどおり“遊び”がふんだんに組み込まれた曲で、ジャズ・ファンクをベースに、多彩なアレンジで変化するのが楽しい。抜け出したいけど抜けられない微妙な気持ちを綴る。
03だけど僕は
タイアップ
  • 「アソビ」 - LGエレクトロニクス・ジャパン「isai FL」TV-CMソング
  • 「猟奇的なキスを私にして」 - テレビ東京「アラサーちゃん 無修正」オープニングテーマ
封入特典
  • 猟奇的なゲスくんステッカー(全5種類の内1種類をランダム)(初回のみ)
  • ゲスの極み乙女。
    2012年5月に結成されたヒップホップ・プログレ・バンド。愛称は“ゲス乙女”“ゲスキワ”など。メンバーは川谷絵音(vo,g,syn)、休日課長(b)、ちゃんMARI(key)、ほな・いこか(ds)の4名。プログレやヒップホップを基調とした独……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015