デヴィッド・ボウイ / ★ [デジパック仕様] [Blu-spec CD2]

はてなブックマークに追加
デヴィッド・ボウイ / ★ [デジパック仕様] [Blu-spec CD2]
Blu-spec CD
ミニ・レビュー
巨人の、あまりに見事な遺作。畑違いにいるNYのジャズ/セッション奏者を起用して行なう、渾身のストーリー・テリング。もうひとつの大地に降り立ち、彼でしかない振る舞いをするさまは格好良くも、感動的。最後まで、彼は先鋭的で、ロマンティックで、スタイリッシュだった。
ガイドコメント
前作『ザ・ネクスト・デイ』から約3年ぶりの自身の誕生日にリリースのアルバム。デビュー時から常にロック・シーンを牽引する彼の新たな表現方法によって生み出された一枚だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2015/1/4)  ⇒  2位 (2016/1/4)  ⇒  5位 (1/18)  ⇒  6位 (1/25)  ⇒  12位 (2/1)  ⇒  21位 (2/8)  ⇒  28位 (2/15)  ⇒  37位 (2/22)  ⇒  40位 (3/7)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    14位 (2016/1/2)  ⇒  3位 (1/4)  ⇒  1位 (1/11)  ⇒  2位 (1/18)  ⇒  8位 (1/25)  ⇒  14位 (2/1)  ⇒  19位 (2/8)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2016/1/4)  ⇒  1位 (1/11)  ⇒  7位 (1/18)  ⇒  9位 (1/25)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2016/1/4)  ⇒  2位 (1/11)  ⇒  4位 (1/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2016/1/2)  ⇒  2位 (1/4)  ⇒  1位 (1/11)  ⇒  1位 (1/18)  ⇒  4位 (1/25)  ⇒  5位 (2/1)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2016/1/4)  ⇒  3位 (1/11)  ⇒  5位 (1/18)  ⇒  7位 (1/25)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2016/1/2)  ⇒  1位 (1/4)  ⇒  1位 (1/11)  ⇒  1位 (1/18)  ⇒  1位 (1/25)  ⇒  1位 (2/1)  ⇒  2位 (2/8)  ⇒  2位 (2/15)  ⇒  8位 (2/22)  ⇒  7位 (2/29)  ⇒  5位 (3/7)  ⇒  15位 (3/21)
収録曲
01
アルバム・タイトル曲。ジャズトロニックなビートと随所にアヴァンギャルドなサックスが挿入されるスリリングな展開から一転、受難から解き放たれたかのように、晴れやかな中盤を経て再び序盤の流れに戻るプログレッシヴな構成が印象的だ。
02'TIS A PITY SHE WAS A WHORE
声量こそ全盛期から見れば衰えているが、妖艶で引き込まれるようなヴォーカルは健在。グルーヴィに疾走するドラムをバックに、フリーキーなホーン・セクションとキャッチーなコーラスが絡み合うプログレッシヴな楽曲だ。
03LAZARUA
暗く鳴り響くギター・リフと印象的な音階の上り下りを繰り返すベース・ラインにあわせたボウイの歌声は悲痛な叫びのよう。“見上げてほしい、天にいる俺を”や“俺は自由になるだろう”など神話的な歌詞が綴られており、自身の死を持って完結したかのような一曲だ。
04SUE (OR IN A SEASON OF CRIME)
2014年にシングルとしてリリース。小刻みなリズムを構築するドラムンベースがグイグイと楽曲を先導していく。低音が強調された陰影のあるトラックの上で歌われる“この罪の季節の中では誰も償いなど求めない”といったアイロニカルな歌詞が続いていく。
05GIRL LOVES ME
ジャズ・ドラマーのマーク・ジュリアナによる無慈悲に響く強靭な人力ミニマル・ビートが、クラウトロックに通じる不条理と混沌とした空気を運んでくる。ボウイのヴォーカルは浮遊感があり、ビートとの濃淡が強調されている。
06DOLLAR DAYS
メロウな旋律を奏でる哀愁を帯びたホーンは、奇抜さを抑えたしっとりとしたボウイのヴォーカルとマッチしている。“俺は落ち始めているのだ”と自らの堕落を自嘲するような歌詞は、ボウイの中にあるニヒリズムを感じさせる。
07I CAN'T GIVE EVERYTHING AWAY
弾むダンサブルなビートとジェイソン・リンドナーが奏でるシンセの伸びやかなストリングスが優麗な一曲。売れ線のキャッチーなメロディとは裏腹に“全てを与えることはできない”という、なかば諦念のような陰鬱な歌詞が綴られていく。
仕様
初回のみデジパック仕様Blu-spec CD 2
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • デヴィッド・ボウイ
    1947年1月8日、英ロンドン南部ブリクストン生まれのミュージシャン/俳優。本名はデヴィッド・ロバート・ジョーンズ。67年にアルバム・デビュー。69年の『スペイス・オディティ』のヒットを経て、72年の『ジギー・スターダスト』で“グラム・ロッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015