陰陽座 / 迦陵頻伽

はてなブックマークに追加
陰陽座 / 迦陵頻伽
CD
  • アーティスト:
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ネクサス
  • 規格品番:
    KICS-3439
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    陰陽座 / 迦陵頻伽をAmazon.co.jpで購入する陰陽座 / 迦陵頻伽をHMV.co.jpで購入する陰陽座 / 迦陵頻伽を楽天ブックスで購入する陰陽座 / 迦陵頻伽を@TOWER.JPで購入する
    陰陽座 / 迦陵頻伽を山野楽器で購入する陰陽座 / 迦陵頻伽をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
日本のメタル・バンドの通算13作目。リーダーの瞬火によれば、結成時からいつかは迦陵頻伽をテーマに作りたかったという。こだわり抜いた曲の数々は、凛とした美しさと同時に、陰陽座の様式美を醸し出す。メロディの充実ぶりと曲ごとの多様なアプローチには、酔いしれるほど。★
陰陽座の2年2ヵ月ぶりとなる通算13枚目のアルバム。パチスロ『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』シリーズ最新機種に搭載された「愛する者よ、死に候え」を収録。人頭鳥身の比類なき美声で鳴く想像上の鳥“迦陵頻伽”をタイトルに冠した自信作だ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    16位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    8位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    7位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2016/11/28)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    7位 (2016/11/28)  ⇒  15位 (12/5)
トラックリスト
01迦陵頻伽 (かりょうびんが)
02鸞 (らん)
03熾天の隻翼 (してんのせきよく)
04刃 (やいば)
05廿弐匹目は毒蝮 (にじゅうにひきめはどくはみ)
06御前の瞳に羞いの砂 (おまえのひとみにはじらいのすな)
07轆轤首 (ろくろくび)
08氷牙忍法帖 (ひょうがにんぽうちょう)
09人魚の檻 (にんぎょのおり)
10素戔嗚 (すさのお)
11絡新婦 (じょろうぐも)
12愛する者よ、死に候え (あいするものよ、しにそうらえ)
13風人を憐れむ歌 (ふうじんをあわれむうた)
仕様
初回のみスリーヴケース付き
封入特典
  • 総天然色写真冊子(初回のみ)/プレイパス対応(初回のみ)
  • 陰陽座
    1999年、大阪で結成されたへヴィメタル・バンド。メンバーは、黒猫(vo)、瞬火(b&vo)、招鬼(g)、狩姦(g)の4名にサポートの土橋誠(ds)、阿部雅宏(key)が加わる。2001年12月にシングル「月に叢雲花に風」でメジャー・デビュ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015