ブラック・サバス / 13 [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
ブラック・サバス / 13 [SHM-CD]
SHM-CD
ミニ・レビュー
オジー・オズボーン、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラーによる35年ぶりのカム・バック・アルバム。リック・ルービンによるプロデュースで、オジーの不気味な低音気味のヴォーカル、そして“13”という不吉なタイトルなど、まさに彼らならではの“ブラック”な世界が独自に表現されている。
ガイドコメント
2013年6月発表のアルバム。1978年『ネヴァー・セイ・ダイ』以来35年ぶりとなる、オジーとトニーの共演が実現した一枚だ。オリジナルのドラマー、ビル・ワードに替わって、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのブラッド・ウィルクが参加している。
チャート
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2013/6/17)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2013/6/17)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    7位 (2013/6/17)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2013/6/17)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    8位 (2013/6/24)  ⇒  13位 (7/1)  ⇒  14位 (7/8)  ⇒  15位 (7/15)
収録曲
01END OF THE BEGINNING
02GOD IS DEAD?
03LONER
04ZEITGEIST
05AGE OF REASON
06LIVE FOREVER
07DAMAGED SOUL
08DEAR FATHER
09ナイーヴテイ・イン・ブラック
(9)ボーナストラック
仕様
SHM-CD
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ブラック・サバス
    HR/HMを代表するヘヴィメタル・バンド。1968年、オジー・オズボーンを中心に英バーミンガムで結成。バンド名はマリオ・バーヴァ監督のホラー映画のタイトルから命名。70年2月13日金曜日にアルバム『ブラック・サバス』でデビュー。ジャズやブル……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015