テイラー・スウィフト / 1989〜ツアー・エディション [限定]

はてなブックマークに追加
CD
ガイドコメント
前作『レッド』以来約2年ぶりとなる、テイラー・スウィフトのポップ・アルバムの来日記念盤。全米1位を獲得した大ヒット・シングル「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」ほかを収録。
チャート
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    6位 (2015/4/27)  ⇒  14位 (5/11)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01WELCOME TO NEW YORK
絶対にニューヨークに引っ越したりなんかしないと宣言していたテイラーが、ライアン・テダーとともに今までにない刺激に興奮するさまを語ったポップ・チューン。新天地での胸の高鳴りと朝の清々しさが伝わってくるよう。制作はマックス・マーティン&シェルバック。
02BLANK SPACE
マックス・マーティン&シェルバック制作によるミディアム・ポップ。ここでいう“空欄”とは、私と恋のゲームができる”恋人リスト”のこと。私は遊び人が好きとプレイガールを気取るも、どこか本当の恋を探すような表情で歌う。
03STYLE
離れてもヨリを戻すことを繰り返す“腐れ縁”カップルのストーリー。真夜中の乾いた空気の街を車で走り抜けるようなビターなムードのポップを展開しながら、“でもこれが私たちのスタイル”と悟ったように告げる。制作はマックス・マーティン&シェルバック。
04OUT OF THE WOODS
冒頭の“オ・オオ”のかけ声やパーカッシヴなビートなどニューウェイヴなアクセントも垣間見られるミディアム・ポップ。愛し合い、嫌気が差しを繰り返してきた恋人同士がもうそんな危機を脱したかしらと確かめ合う。ジャック・アントノフと手掛けたスケール感ある曲だ。
05ALL YOU HAD TO DO WAS STAY
そばにいてくれるだけで良かったのに……。終わった後にもう一度戻りたいとかいうのねと、復縁を迫る男に閉口する気持ちを描く。ブリッジで一瞬ため息をつくような悲しみを見せた直後に高く澄んだ“ステイ”のコーラスが響く展開が、吹っ切れた気持ちを伝えていて痛快。
06SHAKE IT OFF
マックス・マーティン&シェルバック制作の、アルバム『1989』からの1stシングル。何を言われたって気にしないわという前向き宣言同様、潔くポップへと振り切った作風が痛快。オールディーズの要素もちらつく、ゴキゲンなナンバーだ。
07I WISH YOU WOULD
互いに素直になれずにねじれた愛を続ける二人の物語。今戻ってきてくれたらいいのにと願う愛しい気持ちとは裏腹に、軽快なグルーヴを携えて展開していくダンサブルなポップだ。ジャック・アントノフとの共同プロデュース曲。
08BAD BLOOD
可愛さあまって憎さ100倍を体現したとでも言えそうな、あなたとの日々はもうゴメンだわという怒りのテイラーが登場。パワフルな歌唱や興奮度の高い“ヘイ!”のかけ声などにも憤りの顔色が。マックス・マーティン&シェルバック制作のエネルギッシュなナンバー。
09WILDEST DREAMS
マックス・マーティン&シェルバックによるドラマティッックな展開のポップ。恋の終わりに、“私のこと忘れないって言って”“きっと後で私を思い出すはず”と強がる気持ちを健気に歌う。女子の共感度が高そうな一曲だ。
10HOW YOU GET THE GIRL
そうやって別の娘の心をゲットしたのねと憎まれ口を叩くのは、私のもとから去っていって欲しくないから。切なさ募る詞世界とは対照的に、軽快なギターを軸に展開する爽やかなポップ・サウンドが響く。制作はマックス・マーティン&シェルバック。
11THIS LOVE
黄昏や静かな夜の海を想起させるオーガニックなムードで描くラヴ・ソング。“絶対にヨリを戻したりしない”と歌っていたテイラーが、私のもとに還ってきた愛を歌う。ゆるやかな時の流れを感じさせるメランコリックな音色も印象的。
12I KNOW PLACES
ライアン・テダー、ノエル・ザンカネラとの共作による、スリリングな色彩も見せるドラマティックなポップ。メディアのゴシップという弾丸で狙われる彼らの獲物だけど、私たちの愛は不死身だと説く。表情豊かなテイラーのヴォーカルも聴きどころだ。
13CLEAN
エレクトロとアコースティックを溶け合わせた浮遊感あるイモージェン・ヒープの独特のサウンドを敷いた、テイラーの新機軸。二人の愛を水不足で枯れてしまった花になぞらえた詞世界も魅力。長らく疲れきっていた自身がようやく“らしさ”を取り戻せたという安堵を歌う。
14WONDERLAND
15YOU ARE IN LOVE
16NEW ROMANTICS
17I KNOW PLACES
18I WISH YOU WOULD
19BLANK SPACE
(14)(15)(16)ボーナストラック
仕様
スリーヴケース付きデジパック仕様
タイアップ
  • 「Bad Blood」 - ワーナー・ブラザーズ「レゴ・ニンジャゴー ザ・ムービー」TV-CMソング
  • 「シェイク・イット・オフ 〜気にしてなんかいられないっ!!」 - 家庭教師のトライ「Try IT」TV-CMソング
封入特典
  • テイラーの写真入りギターピック6枚セット/新規写真(9枚)/13枚1組の撮り下ろし写真セット(全5種ランダム)
アーティスト
  • テイラー・スウィフト
    1989年12月13日生まれ、米・ペンシルヴェニア州レディング出身のシンガー・ソングライター/女優。本名はテイラー・アリソン・スウィフト。2006年にアルバム・デビュー。続く2008年の『フィアレス』から2014年の『1989』まで4作連続……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015