グリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウン

はてなブックマークに追加
グリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウン
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    21ST CENTURY BREAKDOWN
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    リプリーズ
  • 規格品番:
    WPCR-13377
  • 価格:
    2,457 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    グリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンをAmazon.co.jpで購入するグリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンをHMV.co.jpで購入するグリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンを楽天ブックスで購入するグリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンを@TOWER.JPで購入する
    グリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンを山野楽器で購入するグリーン・デイ / 21世紀のブレイクダウンをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
傑作『アメリカン・イディオット』から約5年ぶりとなる8作目。クリスチャンとグロリアという二人の登場人物を中心に展開する三部構成のロック・オペラで、オバマ政権誕生に浮かれる世界に落とされた痛烈な爆弾と言えよう。ブッチ・ヴィグのプロデュースも冴えわたっている。
ガイドコメント
前作より5年ぶりとなる8thアルバム。プロデューサーは、ニルヴァーナの名盤『ネヴァーマインド』などを手がけた元ガービッジのブッチ・ヴィグ。グリーン・デイ節全開のキャッチーなナンバーを含む、ヴァラエティ豊かな曲調が楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  9位 (6/1)  ⇒  15位 (6/8)  ⇒  14位 (6/15)  ⇒  17位 (6/22)  ⇒  16位 (6/29)  ⇒  33位 (7/6)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  9位 (6/1)  ⇒  11位 (6/8)  ⇒  15位 (6/15)  ⇒  15位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  8位 (6/1)  ⇒  9位 (6/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  6位 (6/1)  ⇒  6位 (6/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  6位 (6/1)  ⇒  7位 (6/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  2位 (5/25)  ⇒  5位 (6/1)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2009/5/11)  ⇒  1位 (5/18)  ⇒  1位 (5/25)  ⇒  4位 (6/1)  ⇒  3位 (6/8)  ⇒  5位 (6/15)  ⇒  6位 (6/22)  ⇒  4位 (6/29)  ⇒  8位 (7/6)  ⇒  12位 (7/13)  ⇒  9位 (7/27)  ⇒  13位 (8/17)  ⇒  12位 (2010/1/18)
収録曲
01SONG OF THE CENTURY
〈第1幕:ヒーローとペテン師〉
0221ST CENTURY BREAKDOWN
03KNOW YOUR ENEMY
04。VIVA LA GLORIA!
05BEFORE THE LOBOTOMY
06CHRISTIAN'S INFERNO
07LAST NIGHT ON EARTH
〈第2幕:いかさま師と聖人〉
08EAST JESUS NOWHERE
09PEACEMAKER
10LAST OF THE AMERICAN GIRLS
11MURDER CITY
12?ヴィヴァ・ラ・グロリア? (リトル・ガール)
13RESTLESS HEART SYNDROME
〈第3幕:馬蹄と手榴弾〉
14HORSESHOES AND HANDGRENADES
15THE STATIC AGE
1621 GUNS
17AMERICAN EULOGY; MASS HYSTERIA|MODERN WORLD
18SEE THE LIGHT
19LIGHTS OUT
(19)ボーナストラック
封入特典
  • ジャケット・ステッカー(初回のみ)/解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • グリーン・デイ
    米・カリフォルニア州バークレー出身のロック・バンド。メンバーはビリー・ジョー・アームストロング、マイク・ダーント、トレ・クールの3名。1987年に結成し、90年にデビュー。キャッチーなポップ・パンク・サウンドで一躍支持を獲得し、94年のメジ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015