コブクロ / 5296

はてなブックマークに追加
コブクロ / 5296
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    5296
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-10445
  • 価格:
    3,300 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    コブクロ / 5296をAmazon.co.jpで購入するコブクロ / 5296を@TOWER.JPで購入するコブクロ / 5296をHMV.co.jpで購入するコブクロ / 5296を楽天ブックスで購入するコブクロ / 5296をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
2007年のレコード大賞を受賞した「蕾」を含む6枚目のアルバム。ヘヴィなロック・サウンドを取り入れた「水面の蝶」、カントリー・テイストのポップ・チューン「風の中を」、ビートルズっぽいエッセンスをさりげなく感じさせる「Fragile mind」など多彩な楽曲を収録。
ガイドコメント
コブクロの通算6枚目となるアルバム。ドラマ『レガッタ〜君といた永遠』主題歌「君という名の翼」ほか、タイアップ曲が満載。何回もリピートして聴きこみたくなる、味わい深い作品だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  3位 (12/31)  ⇒  5位 (2008/1/7)  ⇒  5位 (1/14)  ⇒  17位 (1/21)  ⇒  15位 (1/28)  ⇒  34位 (2/4)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  3位 (12/31)  ⇒  3位 (2008/1/7)  ⇒  6位 (1/14)  ⇒  18位 (1/21)  ⇒  18位 (1/28)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  2位 (12/31)  ⇒  3位 (2008/1/7)  ⇒  6位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  2位 (12/31)  ⇒  2位 (2008/1/7)  ⇒  4位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  1位 (12/31)  ⇒  1位 (2008/1/7)  ⇒  3位 (1/14)  ⇒  8位 (1/21)  ⇒  9位 (1/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/12/17)  ⇒  1位 (12/31)  ⇒  1位 (2008/1/7)  ⇒  3位 (1/14)  ⇒  6位 (1/21)  ⇒  10位 (1/28)  ⇒  10位 (2/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/12/17)  ⇒  2位 (12/31)  ⇒  4位 (2008/1/7)  ⇒  4位 (1/14)  ⇒  10位 (1/21)  ⇒  7位 (1/28)  ⇒  11位 (2/4)
収録曲
01蒼く 優しく
心をチクッと刺すような微かな感傷を含む、コブクロらしい壮大な説得力を持ったミディアム・チューン。“夢”をテーマに、自分と向き合うことの大切さを歌っている。反町隆史主演の日本テレビ系ドラマ『ドリーム☆アゲイン』主題歌。
02コイン
自販機でお金を崩し、公衆電話から彼女に電話をかける……ノスタルジックな思い出を綴った詞が心のなかに“忘れていた、大事なこと”を呼び起こしてくれる。軽快なメロディとフォーキーなバンド・サウンドも、どこか懐かしい。
03蕾 (つぼみ)
フジテレビ系ドラマ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』主題歌でおなじみの、切なく美しいバラード。小渕が歌うAメロの優しく繊細なイメージと黒田の力強いヴォーカルが冴えるBメロとのギャップが鮮やか。サビでの絶妙なハーモニーは鳥肌ものだ。
04どんな空でも
ふたりのア・カペラ・ハーモニーからはじまるミディアム・チューン。君と出会えた不思議を感じながら、同じ空を分け合っていることを喜びたい。そんな感情が込められた詞からは、彼らのファンに対する思いも伝わってくる。
05君という名の翼
“翼という名のパートナーといっしょに、どこまでもがむしゃらに突き進んでいきたい”という内容を持つリリックには、コブクロのふたりの関係がはっきりと反映されている。疾走感にあふれるメロディも、曲の世界観にぴったりだ。
06WHITE DAYS
繊細で美しいストリングス、濃密な思いが込められたピアノを中心としたバラード・ナンバー。“真っ白な希望に満ちた世界は、必ず僕らを待っている”というメッセージやしやなかなコーラス・ワークが、胸を揺るがす。
07君色
穏やかなラヴ・ソング。詞曲を手掛けた小渕の恋愛観が感じられ、とても面白い。恋を病と割り切りつつも、がんばって“愛”へたどり着こうとする男のいじらしさにあふれている。思わず頷けるユニークなリリックも印象的。
08水面の蝶
ずっしりとしたヘヴィネスを感じさせるギター・サウンドが鮮烈な印象を残す、渾身のロック・ナンバー。水面の蝶のようにもがきながら自分の手で時代を作っていきたい……という、強い思いがどこまでも響きわたる。
09風の中を
アメリカン・カントリー、フォーク・ミュージックのエッセンスを取り入れたオーガニック・ソング。コブクロのヴァラエティに富んだ音楽性を感じさせる一曲と言える。道なき道を突き進もう、という歌詞は、黒田俊介が手掛けている。
10月光
全力で疾走していくビート、エモーショナルなギター・フレーズ、勢いに任せながらダイナミックなメロディを描いていくヴォーカルがひとつになった、コブクロ流のロックンロール。ライヴ感に満ちたサウンド・メイクが楽しい。
11風見鶏
日本的なメロディの繊細なピアノから始まるイントロが印象的な、切なさと力強さに満ちたバラード。構成がシンプルな分、二人のヴォーカリストとしての魅力やポジティヴな歌詞と珠玉のメロディを思う存分に堪能できる。
12Diary
恋人たちの何気ない日常を描いた、まさしく“日記”のような雰囲気のかわいいラヴ・ソング。スピッツ、森山直太朗などのプロデュースで知られる笹路正徳が手掛けたストリングス・アレンジも、この曲の大きな魅力。
13Fragile mind
中期ビートルズを想起させるコード感を持ったミディアム・ロック・チューン。“壊れやすい心”を抱えながら、それでも前に向かって進んでいきたいという意志をはっきりと伝えた詞、ドラマティックな展開を持つメロディも絶品。
仕様
初回のみスペシャルミラー仕様
タイアップ
  • 「Diary」 - ヤマハ「ウタっちゃ!」TV-CMソング
  • 「Diary」 - 第一興商「メロDAM」TV-CMソング
  • 「diary」 - アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - 第一興商「メロDAM」TV-CMソング
  • 「WHITE DAYS」 - 東宝「銀色のシーズン」主題歌
  • 「君という名の翼」 - JAL「JAL先得割引」TV-CMソング
  • 「君という名の翼」 - スバル「LEVORG」TV-CMソング
  • 「君という名の翼」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「君という名の翼」 - テレビ朝日「レガッタ」主題歌
  • 「蒼く 優しく」 - JAL「JALカード」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - BMB「UGA」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - ヤマハ「ウタっちゃ!」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - JAL「クラスJ」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - 日本テレビ「ドリーム☆アゲイン」主題歌
  • 「蒼く 優しく」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「蒼く 優しく」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「風見鶏」 - ベネッセ「進研ゼミ 高校講座」TV-CMソング
  • 「蕾」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「蕾」 - BMB「UGA」TV-CMソング
  • 「蕾」 - MLJ「アーティスト公式サウンド」TV-CMソング
  • 「蕾」 - XING「ポケメロJOYSOUND」TV-CMソング
  • 「蕾」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「蕾」 - 第一興商「メロDAM」TV-CMソング
  • 「蕾」 - ワーナーミュージック・ジャパン「ワーモクラブ」TV-CMソング
  • 「蕾」 - フジテレビ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」主題歌
アーティスト
  • コブクロ
    日本の音楽デュオ。ともに1977年3月生まれの大阪府出身の黒田俊介、宮崎県出身の小渕健太郎によって、98年9月に結成。ストリートライヴや学園祭などで注目され、2001年にメジャー・デビュー。飾らない歌詞とメロディの良さで脚光を浴び、2005……
  • 同時発売作品
    WPZL-30076〜7   3,666円(税込)   2007/12/19 発売
    コブクロ / 5296 [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入するコブクロ / 5296 [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するコブクロ / 5296 [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入するコブクロ / 5296 [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入するコブクロ / 5296 [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する
    コブクロの通算6枚目となるアルバム。ドラマ『レガッタ〜君といた永遠』主題歌「君という名の翼」ほか、タイアップ曲が満載。何回もリピートして聴きこみたくなる、味わい深い作品だ。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015