ムック / 6 [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
ムック / 6 [紙ジャケット仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    6
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    アイランド
  • 規格品番:
    UPCI-1044
  • 価格:
    2,640 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ムック / 6 [紙ジャケット仕様]をAmazon.co.jpで購入するムック / 6 [紙ジャケット仕様]を@TOWER.JPで購入するムック / 6 [紙ジャケット仕様]をHMV.co.jpで購入するムック / 6 [紙ジャケット仕様]を楽天ブックスで購入するムック / 6 [紙ジャケット仕様]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
4ヵ月連続リリースの『Devilish Years』企画第3弾作品となる日欧同時発売特別アルバム。これまでのムックの音楽性をより広げたアグレッシヴでスケールの大きなサウンドが詰まった1枚となった。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2006/4/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    9位 (2006/4/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2006/4/24)  ⇒  15位 (5/1)
収録曲
01666
02空虚な部屋
ヘヴィなギター・リフから始まる曲だが、歌が始まると突如空間を活かしたメロディアスな展開に。歌メロと間奏部分の振幅の差が激しく、中盤からはヴォーカルもうなり始める展開になる。そういう意味では、工夫を凝らした曲といえる。
03赤い空
のっけからヘヴィで時折変拍子も絡めたサウンドで始まるが、サビの部分ではヴィジュアル系風の様式美と呼べそうな歌メロが全開になるナンバー。後半のみで流れるコーラスには、ゴシック系の匂いも強く感じる。
04はりぼてのおとな
ややゆっくり目のテンポで、ギターもクリーンな音を刻み続ける。途中からエフェクトをかけたヴォーカルとともに、歪んだサウンドを聴かせる部分。ヘヴィなサウンドが苦手な人にも受け入れやすい曲。
05フォーティーシックス
アップ・テンポで激しい、混沌とした世界を描いているようなナンバー。ヴォーカル・スタイルやギター・サウンドが、80年代前半のジャパニーズ・パンクを彷彿とさせる。バンドの間口の広さを見せてくれる曲だ。
06神の星
ノイジーでからヘヴィなサウンドを聴かせるナンバー。テンポは早めだが、曲が進むにとブレイクを挟んで目まぐるしく変化させていく展開。リズム構成が実によく練られているため、混沌とした世界をうまく描き出している。
07春、風のふいた日
90年代以降のメロコア/パンク・バンド風のアップ・テンポのナンバー。しかし、曲のカラーはあくまでダークという、このバンドらしい世界観をしっかり出すことで、メロコア勢とはまったく違った作風に仕上がっている。
08夕紅
アップ・テンポで明るい感じの曲。ヴォーカル・ラインもとてもメロディアスで、勢いよくどこかへ飛び出したくなるような感覚にさせてくれる。歌のバックで使われているアコースティック・ギターのアレンジがユニークだ。
09遥か
曲のテンポは遅くはないが、空間を活かしたギターの音にマッチした、情感豊かなヴォーカルのメロディが美しいバラード・ナンバー。タイトル通り、はるか遠いところから愛する人を想うようすが浮かぶ、とても切ない曲。
仕様
初回のみ紙ジャケット仕様
アーティスト
  • MUCC (Rock)
    茨城県出身のロック・バンド。メンバーは逹瑯(vo)、ミヤ(g)、YUKKE(b)、SATOち(ds)の4名。1997年に結成し、2003年のシングル「我、在ルベキ場所」でメジャー・デビュー。2005年にドイツで初の海外公演を開催。翌年には初……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015